JALビジネスクラスNRT~BKKシェルフラットネオ搭乗記!

jal-businessclass-narita-bangkok

今回は、バンコク行きで利用したJALビジネスクラスの搭乗レポートをお伝えします。今回の成田~バンコク線のシートは、旧式のシェルフラットネオ。JALのビジネスクラスは昨年のパリ線以来ですが、シートの他にも色々な面で長距離路線とは異なっていました。

優先搭乗の方法が変わった

今回搭乗するのは、成田18:20発バンコク行き。乗客は日本人が大半でしたが、北米からの乗継と思われる西洋人も多く乗っていました。

JAL国際線優先搭乗の順番

そう言えば、最近JALでは優先搭乗の方法が変わりつつありますよね。以前はファーストクラス(エメラルドステータス)とビジネスクラス(サファイアステータス)が一まとめにされて一斉に搭乗していましたが、現在はきちんと分けられて最上級者から順に搭乗するスタイルになりました。

確かに、路線によっては100名を超える優先搭乗者がいる訳で、これはある意味当然の処置だろうと思います。しかし、それに従って整列用のパーティションが有り得ないほど複雑化してました…。

B787-8のシェルフラットネオ

今回の成田発バンコク行きの機材はB787-8。Sky-Suite化されていない旧式のシェルフラットネオです。配列は2-2-2の7列で、計42席のビジネスクラス。

JALシェルフラットネオ

近年JALではSky-SuiteがⅠⅡⅢと相次いで出された為か、すっかりアンティーク基調の高まったシェルフラットネオですが、JALにB787-8が導入された2013年時点ではまだ製造されていた訳で、そういう意味ではまだまだ真新しさの残る現役バリバリのシートであると言って良いでしょう。

JALシェルフラットネオの通路側

私の座席は9G。本当は窓側が良かったのですが、Sky-Suiteと違って全席通路アクセスではないので通路側を選択。しかしこの日は6割程度の搭乗率だった為、結局隣の窓側2席とも空席となっていました。

JALビジネスクラスのおしぼり

勿論、私の隣も空席!このシェルフラットネオはカクテルテーブルが隣席と共用の為、もし他人が隣に座るとかなりストレス…。

JALシェルフラットネオのヘッドレスト

シートには、分厚いヘッドレストも付いています。“個室感”に特化したSky-Suiteではこのヘッドレストが無くなってしまったので、そういう意味ではガッチリした風貌のシェルフラットネオは“座る”事に特化したシートと言えるでしょう。

JALシェルフラットネオのシート調節

JALシェルフラットネオのフットレスト

また、シートの奥行きも調整できるので、体格に合わせてベストな座り心地を見つけられるのもGood!フットレストも付いているので、ただ座るだけならSky-SuiteⅠより快適かもしれません。

アメニティグッズがしょぼい…

JALビジネスクラスのブランケット

座席には、クッションの他ビジネスクラス仕様のブランケット、そしてもう一つは鶴丸マークの書かれた小さな袋が…

JALビジネスクラス成田~バンコクのアメニティ

何だろうと思って空けてみたら、なんとアメニティグッズでした!内容物は歯磨きセット・アイマスク・モイスチャーマスク・耳栓の4種類のみ。

JALビジネスクラスのアメニティの巾着袋

しかもこんな巾着袋に入って提供されるとは…。「ゼロ・ハリバートン」の様な有名ブランドとコラボしたグッズを期待していただけにちょっとガッカリ。やはり、パリやヘルシンキ等の長距離路線とは違うんですね。

でもこの程度のアメニティグッズなら、外資系航空会社ではエコノミークラスでも提供する所もあるくらいですから、これはちょっと頂けない…。

170度ライフラットの寝心地は…?

JALシェルフラットネオのシートコントローラー

さて、今回のフライトは22:50にバンコクに到着するので睡眠を取る必要は無いのですが、折角なのでベッドポジションにしてみようと思います。肘掛のコントローラーで操作するのですが、BEDのボタンを押すと、Stopボタンを押さない限り動きが止まらない点は、Sky-Suiteと異なります。

JALシェルフラットネオのベッドポジション

ベッドポジションの角度は、およそ170度。寝そべってみると、噂通り体が下の方へずれて行ってしまいます。その為、フットレストを起こして支えにするのですが、足と背中に負担がかかってしまい、寝返りなんて取れるはずもありません。

フルフラットとの差は僅か10度ですが、こんなにも違うのかと…。これならば、ベッドにせずリラックスポジションにした方が、尻の部分が沈み込んで体が安定し、返って寝やすいかもしれません。十分な座席幅があるので狭さは感じませんが、やはりこのシートは短距離向けと言えますね。

意外にハマった「ストⅡ」

JALシェルフラットネオのモニターは15.4型

シートのモニターは15.4型。23型のSky-SuiteⅠに比べると遥かに小さいですが、視認性は問題ありません。

JALシェルフラットネオでアーケードゲーム

映画はさて置き、何か面白いゲームでも無いかなぁと見ていたら、懐かしいアーケードゲームを見つけました!ストⅡなんて、小学生の頃にプレイして以来かもしれません。

JALのストリートファイターⅡ´

しかもボスキャラまで選択できる“ダッシュ”です。“ストⅡターボ”とか“スーパーストⅡX」とか、ストⅡはとにかく多くのバージョンが発売されましたよね。

JALシェルフラットネオのコントローラー

コントローラーは、プレステと同じ様にX、Yボタン、更にはLとRまで付いています。十字キーはちょっと操作しにくいですが、これで1時間くらいストⅡに没頭!

JALでストⅡをプレイ

でも何だかコンピューターがえらく強くて、なかなか勝てませんでした~。ちなみに音声はスーパーファミコンの時代よりも悪く、ケータイの着信音レベル。でもこのシリーズ、もっと他のゲームも導入して欲しいです。

プレミアレーンのチケットを忘れずに!

スワンナプーム空港入国審査プレミアムレーンパス

ところで、ビジネスクラスではバンコク・スワンナプーム空港のイミグレーションで優先レーンが使えるパスが貰えるのですが、23時頃の入国審査場は通常レーンでも待ち時間ゼロだったので、使わずに取ってあります。でもJALの刻印がされているので、他のエアラインで入国する場合は使えないのかも…?

次回は、機内食レポートをお伝えします→黒木シェフの和食が美味い!JALビジネスクラス機内食2017秋メニュー


カテゴリー

その他おススメの記事