欧米路線のメニューをアジア路線で選択可能!ANA機内食【事前予約】レポート!NRT~SIN

ANA-businessclass-b787-10 (54)

成田~シンガポールで利用したANAビジネスクラス。機内食はANAのHPから申込可能な「事前予約」を利用しましたが、機内食の選択は“和食 or 洋食”のみならず、なんと欧米の長距離路線で提供されているメニューからも選択する事が出来ました!

ここ最近始まったと思われるこの粋なサービス。具体的にどのメニューが選べるのか?詳しくレポートしていきたいと思います。


ANAビジネスクラス機内食の「事前予約」

ANA機内食事前予約サービス

今回私が利用したのは、ANAビジネスクラスの機内食の「事前予約」。航空券の“予約管理・変更”メニューの中にある“機内食”タブから簡単に予約指定する事が出来ます。

主に和食か洋食を選べるビジネスクラスの機内食ですが、事前に予約しておけば希望のメニューが品切れで食べられなかったなんて事が無くなるので安心!

ANA機内食予約メニュー

しかし驚くのは、その選択肢の多さ。今回はシンガポール行きにも関わらず、欧米路線も含めた計6種類のメニューから選べる様になっていました!昨年利用した時はこんな選択肢無かったのに、どうやら最近になって改善された模様。

コノシュアーズ

ANAビジネスクラスの機内食には THE CONNOISSEURS(ザ・コノシュアーズ)という有名シェフとのコラボメニューがあるのですが、路線ごとに和食か洋食のどちらかにしか採用されていません。

しかしこの事前予約制度を使えば、どの路線であっても好きなコラボメニューを選択する事が出来るという訳です(短距離や深夜便など一部の路線を除く)。

ANAコラボシェフ

この時期、東南アジア路線のコラボメニューは和食の「乃木坂しん」。でも今回はどうしても洋食のコラボメニューが食べたかったので、欧米路線で提供されている「Restaurant Ryuzu」のコラボメニューを選択しました!

別紙メニューが渡される

ANA-businessclass-b787-10/CA

さぁそれでは実際に機内食をレポート!

離陸してベルトサインが消えると早速サービス開始。ピンクのコスチュームに着替えたCAさんが、機内食メニューを持ってきてくれます。

ANA-businessclass-b787-10/機内食メニュー

機内食メニューは、食事とドリンクが別々になった2つの冊子。食事のメニューは日本語・英語に加え、タイ語・インドネシア語・マレー語の翻訳も掲載されているという充実ぶり!

紙質もしっかりしていますし、これぞ今の勢いに乗ったANAの質の高さが窺い知れますね。

ANA-businessclass-b787-10/機内食メニュー別紙

ANA-businessclass-b787-10/コラボメニュー

尚、今回はアジア路線のメニューには無い欧米路線のメニューを予約しているという事で、この様な別紙メニューが渡されました。THE CONNOISSEURSのコラボメニューのみが掲載されたペラ1枚。

HPで選択した時はメイン料理しか選べなかったのに、ここには前菜も掲載されているので、もしかしたらメインに加えて前菜までも欧米路線のメニューに変わるのかも…?

格上げされた?シャンパンの銘柄

ANA-businessclass-b787-10/シャンパン

機内食の前に、先ずはドリンクサービス!やはり先ずはシャンパンという事で注文してみると、銘柄は「Duval-Leroy Brut Reserve」。以前はLombardi Axiomeだったのですが、どうやら変更になった模様。

ANA-businessclass-b787-10/デュヴァルルロワの味

このデュヴァル・ルロワ、マレーシア航空等でも採用されているシャンパンなのですが、ややねっとりとした舌触りにブランデーの様な風味もあって、なかなか美味しいシャンパンです!

以前のロンバルディがイマイチだっただけに、これはかなり改善と言えますね。

ボトルの市場価格を見ても、Lombardi Axiomeが4,500円程度で買えるのに対し、Duval-Leroyはそれよりも1,000円程度高い5~6,000円が相場。このご時勢にシャンパンの銘柄を格上げするとは、ANAもなかなかやりますなぁ!

4種の美味しいアミューズブーシュ

ANA-businessclass-b787-10/アミューズブーシュ

ドリンクに続いてはアミューズブーシュ。プラスチック容器に入った4種の創作メニューです。このアミューズに関しては欧米路線ではなく、東南アジアのオリジナルメニュー。

ANA-businessclass-b787-10/アミューズの味

見た目もなかなか洒落ていますが、味もGood!風味豊かなチーズとオリーブ、香ばしくて香り高いナッツとアーモンド。ほんとANAのアミューズブーシュはいつ食べても美味しいですね~!

ANA-businessclass-b787-10/アミューズのセレクト

この4種のアミューズはトレーから好きな物を選べる様になっているのですが、この便は空いていて余っているからなのか、後からお代わりも貰えました!普段からこういうアミューズを肴に、酒を飲んでみたいものです。

「前菜」も欧米路線のメニューに!

ANA-businessclass-欧米線の前菜

アミューズの後は「前菜」ですが、運ばれて来たのはなんと欧米路線のメニュー!やはり上記の別紙メニューの通り、欧米路線のメニューを選択すると前菜までもそちらのメニューに切り替わる様です。

ANA-businessclass-真鯛

こちらのメニューは「椎茸のタルト 真鯛の酢〆を長茄子と野菜のコンディメントにのせて」。鮮度の良い真鯛は滑らかな舌触りで美味しく、またサクッとした食感のミルフィーユは中までキノコの風味がタップリ!

これまた手の込んだ美味しい料理!欧米路線のメニューを選択して正解でした!

ANA-businessclass-機内食のパン

尚、パンはしっとりしたパンプキンパンと、バゲットの2種類。バゲットは特に風味も無いですが、付け合わせのバターが美味しいので、それを付けて食べるとなかなかイケます!

メインは欧米路線の肉料理

ANA-businessclass-機内食の牛肉

そしてメインは「牛フィレ肉のパネ グラッサージュのせ マデラソースで」。“パネ”とはパン粉をまぶした料理の事を言いますが、事前に写真で見たものよりもかなり分厚い衣に仕上がっています。

ANA-businessclass-肉料理

食べて見ると、肉はナイフがスッと通る柔らかさ!しかし舌触りに感じるパサツキ感は否めず、肉質のレベルはイマイチ…。

肉厚な舞茸にフルーティーなソースが掛かっていて味は悪く無いのですが、やはりビジネスクラスの肉ではこれが限界なのかもしれません。

共通メニューのデザートとチーズ

ANA-businessclass-デザートとチーズ

デザートは、東南アジア路線オリジナルのメニュー。とは言っても、このピエール・エルメのコラボメニューは欧米路線と共通です。

エモーション・デペイゼ

「エモーション・デペイゼ」というこのムース、しっかりした抹茶の苦味を舌に感じるものの、小豆の風味は引き立たず、また中間層にあるフルーツとの相性も微妙…。

パリの有名店という事で期待しましたが、これは特に感動は無いかな…。

ANA-businessclass-チーズ

一方、デザートと一緒に貰ったチーズ。どれも臭みが無くて日本人好み、クリーミーで舌触りが良く、恐らく地上で食べればさぞ美味しい事だろうと思います。

いつでも選べるコラボメニュー

と言う訳で、シンガポール行きで堪能した欧米路線の機内食メニュー。味のレベルも高く、とても満足の行く食事をする事が出来ました!

ANA-businessclass-機内食メニューの選択

実際に選択出来るのは「前菜」と「メイン」の2品のみでしたが、この事前予約を使えば、アジアだろうと欧米だろうといつでも「THE CONNOISSEURS」のコラボメニューが和食と洋食から選べるという事になりますね!

当日の気分によって決める事は無理にしても、選択肢が広がるのは嬉しい限り!

ANA-businessclass-b787-10

次の機会にも是非利用してみたいものです。以上、ANAビジネスクラス(成田~シンガポール)のレポートでした!B787-10のシートについては前回の記事をご覧下さい→ANA【B787-10】ビジネスクラス搭乗記!NH801 成田~シンガポール