エミレーツ航空A380ファーストクラス搭乗レポ!シートは意外と狭い?NRT~DXB

emirates-firstclass-a380 (9)

東京・成田からUAEのドバイまでは、世界最大の旅客機「エアバス380」に搭乗します!

今回はエミレーツ航空のファーストクラスという事で、先日お伝えした復路(ドバイ→羽田)ではラグジュアリーな超快適シートをご紹介しましたが、成田発のA380は旧式のシートという事で、その差は如何なものか?詳しくお伝えしたいと思います。



メチャクチャ遠い66番ゲート

成田発ドバイ行き

今回搭乗するエミレーツ航空ドバイ行き、出発は成田空港T2の66番ゲートです。66番なんて初めて使うゲートですが、これが予想以上に遠かった…。

成田空港第二ターミナル

本館の通路をひたすら進み、ターミナルの一番端の方まで行ってから下の階へ降りた後、そこから更に歩かされます。サテライトでは無いのですぐ着くかと思いきや、まさかこんなに歩くとは…。

成田空港66番ゲート

結局の所、ラウンジから12~3分掛かって漸くゲートに到着。思った以上に時間が掛かったので、利用の際は時間に余裕を持ってゲートへ行く事をおススメします!

2階建てA380のアッパーデッキへ

成田空港エミレーツ航空優先搭乗

出発時刻の45分前にゲートへ到着しましたが、既に優先搭乗が始まっていました。ファーストとビジネスは一緒、エコノミークラスは搭乗順にZONE分けされている様です。

エミレーツ航空ボーディングブリッジの案内

超大型機A380は2階建て。その為か、普段見慣れたボーディングブリッジとはかなり違っていて、とても複雑!右へ左へ、飛行機の入口までクネクネと長い道のりです。

A380のボーディングブリッジ

ファーストクラスはアッパーデッキ。窓から眺めてみると、ボーディングブリッジが3箇所に付いているのが見えますが、直接2階へ行ける様になっています。

A380のファーストクラス

emirates-firstclass-a380/CAの案内

それでは早速飛行機の中へ!ユーモアタップリな日本人CAさんが席まで案内してくれました。

emirates-firstclass-a380/シート配列

ファーストクラスは1-2-1配列。横4列の贅沢な座席配置ですが、こうして見るとかなり手狭に見えますね。ただ、荷物棚が無いので天井付近はスッキリしています。

seatmap

シートMAPを見ると、2階の先頭がファーストクラス、その後ろにビジネスクラスが締めていて、1階は全てエコノミークラスになっている模様。

ファーストが14席、ビジネスが79席、エコノミーは399席もあって、総座席数は489!JALのB777-300erが244席なので、まさに2倍というマンモス機材です!

思った程広くない?個室感覚シート

emirates-firstclass-a380/窓側席

私の席がコチラ!1-2-1配列の、今回は窓側2Kの席を選びました。パーティションに囲われた個室感覚のシート、座席の後方は寝具置き場になっています。

emirates-firstclass-a380/シートの広さ

プライベート感万歳のシートですが、占有面積は思ったほど広くなく、特に通路側はシートギリギリにパーティションがあるので、シートに座ると圧迫感すら感じてしまう程。

一区画の横幅はJAL-Suiteと同程度ですが、シート肘掛の幅が狭いので、感覚的にはJALよりも狭いです。

emirates-firstclass-a380/シートの扉

扉を閉めると個室仕様になりますが、パーティションの高さが思ったよりも低く、あまりプライベート感は感じられません。通路を行き交う人と、ギリギリ目が合うか合わないか程度の高さ。

emirates-firstclass-a380/クローゼット

emirates-firstclass-a380/足元のスペース

座席の外には、コートが掛けられるクローゼットもあります。でもこれ、足元のスペースと共用になっているので、コートを掛けると足元から直接触れられてしまうという、ちょっとお粗末な仕様…。

ラグジュアリー感のある座席周り

emirates-firstclass-a380/モニター周り

続いて座席周りの設備をチェック!ラグジュアリー感のあるモニター周りには、折りたたみ式の鏡に小さな引き出し、テーブルの端にはコンセントが付いています。

emirates-firstclass-a380/引き出しの手帳

emirates-firstclass-a380/化粧品

鏡の所には化粧用品、引き出しにはメモ帳とボールペンがあって、持ち帰りOK!B777の新型シートとケースの形状は異なりますが、中身は一緒です。

emirates-firstclass-a380/コンセント

コンセントは、日本の製品がそのまま差せるマルチタイプ。でもUSB電源は付いていません。

emirates-firstclass-a380/ミニバーのボタン

emirates-firstclass-a380/ミニバー

サイドテーブルにあるミニバーは、ボタンを押すと電動でせり上がってきます。妖艶なライトが点いてリッチな感じもしますが、冷温機能が付いていないので全く冷えていません…。

emirates-firstclass-a380/モニターとボタン

シートに近い所にあるモニターは取り外し可能なタブレットになっていますが、旧式タイプなので重いです。その下には、窓のブラインド操作のスイッチ等があります。

1階へ降りるとエコノミークラス

emirates-firstclass-a380/1階への階段

尚、前方のデッキへ行くと下の階への階段があります。2階建て飛行機は初体験なので、なかなか興味深い光景です!

emirates-firstclass-a380/下から見上げた階段

下から見上げるとこんな感じ。飛行中はロープが引かれて行き来できなくなるので、エコノミーの乗客が階段を上がって来る事はありません。

emirates-firstclass-a380/エコノミークラス

ここはエコノミークラスの最前列に当たる所ですが、飛行機の先頭にエコノミークラスがあるというのもなかなか珍しいものですね。

飛行機は後方より前方の方が静かなので、エコノミーならこの辺りの席を選ぶのがお得なのかもしれません。

トイレとしても使えるシャワールーム

emirates-firstclass-a380/シャワールームの扉

この1階への階段の両側にあるのが、2つのシャワールーム。出発までまだ少し時間があるので、ちょっと見学させてもらいました!

emirates-firstclass-a380/シャワールームのトイレ

中はシャワーブースに洗面台、トイレまで備えているというスグレもの!思ったほど広くは無いですが、これがほんと飛行機の中なのかと疑う程。尚、シャワーの予約が入っていない時は、普通にトイレとして使用して構わないそうです。

emirates-firstclass-a380/シャワーの予約

シャワーの使用は予約制で、後にCAさんから希望の利用時間を尋ねられます。私は到着の1時間半前に予約、実際に使用したレビュー等はまた別の記事でご紹介したいと思います!

シートはイマイチ、でも静寂性はピカイチ!

そんなエミレーツ航空A380のファーストクラスですが、シートに関しては広さ・機能面ともに微妙…。個室感覚のシートとは言え、期待値が高かった事もあって、思った程の感動はありませんでした。

emirates-firstclass-a380/シートの扉

復路で乗ったB777の新型シートに比べたら、その違いは明らか!まぁこのシートは導入されてからかなり時間が経っているので、既に一世代前のシートという事になりますから、その辺は仕方ないのかも…。(新型シートについてはコチラ→エミレーツ航空ファーストクラス搭乗記!B777新型シートが完全個室で凄い!

emirates-firstclass-a380/窓

それでも、飛行機自体の性能はピカイチ!このファーストクラスがある2階席の先頭付近はエンジンから遠い為か、本当に静かです。

地上走行の振動すら殆ど感じないので、窓の外を見ていないと出発した事にすら気づかない程!このA380が「空飛ぶホテル」の異名を持つというのが良く分かりました!

と言う訳で、次回は機内食を中心にレポートします!→EKファーストクラス機内食レポート!料理は意外と質素?NRT~DXB

★こちらも合わせてどうぞ→航空会社別「ファーストクラス・ビジネスクラス」一覧