エールフランスHND~CDGビジネスクラス機内食レポート!

airfrance-businessclass-haneda-paris (33)

前回ファーストクラスシートについてご紹介したエールフランス航空ですが、ビジネスクラスのサービスも捨てたもんじゃありません!今回は、羽田~パリの機内食(夕食)を中心に、そのメニューや味についてレポートしていきたいと思います。

ビジネスクラス及びファーストクラスのシートについてはコチラ→エールフランス La Première ファーストクラスシートを体験!羽田~パリ搭乗レポート


機内安全ビデオがおもしろい!

エールフランスの機内安全ビデオ

ところで、離陸前に必ず上映される機内安全ビデオですが、これがなかなか面白い!5~6人のレディ達が登場して、まるで喜劇の様な形で安全上の説明が行われます。

エールフランスのビデオ

登場人物は、5人の乗客と1人の客室乗務員。トイレでタバコを吸っていた乗客がCAに注意されタバコを回収されたり、乗客が5人揃って互いのシートベルとを確認し合うなどのシーンが、コントの様なユーモアたっぷりで面白いです!

エールフランス・緊急時の案内

真面目に言うよりも、こうやって面白おかしく演じた方が興味深く観てもらえるという狙いがあるのだと思いますが、女性の仕草にばかり目が行って、肝心の内容があまり入って来ないかも?

そう言えば、日本のANAが今年2018年12月から“歌舞伎”をテーマにした機内安全ビデオの上映を始めるとのニュースがありました。各航空会社とも、何とかしてビデオを観てもらえる様な工夫が見て取れますね。

シャンパンはJALと同じ銘柄

エールフランスのウェルカムドリンク

さて、離陸して安定飛行に入るとすぐにサービス開始。先ずはウェルカムドリンクという事で3種類から選べる様ですが、私はシャンパンをチョイス。

エールフランスビジネスクラスのシャンパン

エールフランスのシャンパンは「Charles Heidsieck Brut(シャルル・エドシック・ブリュット)」の一択。これはJALのビジネスクラスの短・中距離路線でも提供されているものと同じです。

飲んでみると、主張は少ないけど滑らかな舌触り。決して悪いシャンパンではないですが、特に秀でた味でもありません。

ボトルの市場価格は6千円程。シャンパンの国のエアラインという事でもう少し高価で美味しいシャンパンを期待していましたが、これはちょっと残念…。

機内食とドリンクのメニュー

機内食メニュー/エールフランス

続いて機内食のメニューですが、この便の食事は2回。23:50発の深夜便にも関わらず、初めにガッツリとした夕食が提供されます。

エールフランス機内食メニュー/ビジネスクラス

夕食は3コース料理で、メインは4種類の中から一つを選択。その他、軽食としておにぎりやフルーツなどのアラカルトメニュー、および到着2時間前の朝食というラインナップ。

ドリンクメニュー/エールフランスビジネスクラス

ドリンクはアルコールからソフトドリンクまで一通り揃っていますが、ワインの銘柄も含めて羽田発・パリ発ともメニューに違いはありません。

ワインリスト/エールフランスビジネスクラス

ワインは赤・白合わせて4種類あって、パリ発の便で全て試してみましたが、いずれもビジネスクラスとしては美味しいワインばかり!シャンパンがあまりパッとしないので、ここは素直にワインで攻めた方が無難です。

4種類のワインの味については、パリ発の機内食レポートをご覧下さい→パリ発の美味しい機内食!エールフランス航空ビジネスクラス

前菜とパン、質はなかなか高い!

前菜のプレート/エールフランスビジネスクラス

離陸からおよそ1時間後、先ずは最初のプレートが運ばれてきました!前菜だけかと思いきや、メインの後に書いてあったチーズの他、なんとデザートまで一緒に乗せられています!

時間短縮の為なのか分りませんが、せめてデザートくらいは最後にしてほしいところ…。

エールフランスビジネスクラスの美味しい前菜

こちらは前菜、ビュンドナーフライシュ(Bündner Fleisch)というスイス産の干し牛肉にパプリカ、もう片方はスズキのペーストとエビのマンゴーサルサ和え。生ハムの様な牛肉は大した事ありませんが、エビはとても美味しい味付け!

エールフランスの黒いパン

エールフランスの細長いパン

パンはバスケットから選べますが、この時は2種類のみ。でも弾力があって、噛めば噛むほど味が出てくる美味しいパンです!ツルっとした絶妙な舌触り、塩気はきいてないけど、とても質の高いパンだと思います。

エールフランスのみそしる

尚、ミソスープはいるか?と聞かれたので頂きましたが、その名の通り具無しの半分ドリンク状態の味噌汁(笑)!でも一応ちゃんと出汁を取ってあるのか、味は悪くないです。

上質なチーズ、美味しいスイーツ!

エールフランスのチーズ

その他、チーズは2種類。オーストリア航空のような臭みは無いですが、ブルーチーズは辛味で口の中がヒリヒリするほど!どちらも凄く上質で本格的な味、流石はエールフランス航空ですね。

エールフランスビジネスクラスの美味しいスイーツ

また、前菜と一緒に出てきたデザートも美味!風味豊かでしっとりとしたオレンジのフィナンシェに、ピスタチオとチェリーのムース。

エールフランスビジネスクラスのマカロン

濃厚な味のチョコレートマカロンは、シャリっとした食感も楽しめます!日本発と言えども、デザートに抜かりが無いのは流石フランスの航空会社といったところ!

メインディッシュ、肉料理はイマイチ?

牛フィレ肉のフライパン焼き/エールフランスビジネスクラス

メインは「牛フィレ肉のフライパン焼き」を選択。肉の前に付け合わせのポテトを食べてみましたが、チャイブ(Chives)というネギの様な野菜の風味が広がって、とても美味しいです!

肉の焼き加減/エールフランスビジネスクラス

肝心の肉ですが、焼き加減はまずまず。顎が痛くなるほど噛まないと無くなりませんが、まぁ機内で食べる牛フィレ肉ならこんなものか?薄く塩コショーの味がついていますが、付け合わせのソースを掛けた方が良いです。

コーヒー/エールフランス

最後はコーヒーで〆て終了!パリ発の機内食と同様、メインディッシュに関してはイマイチ…というのが正直な感想ですが、美味しい前菜やパン、デザートにあり付けたのは良かった!

リラックスポジション/エールフランスシート

食後はシートを倒して夢の中へ~。ベッドの寝心地や朝食などについては、次回へ続きます。→エールフランスB777-300フルフラットベッドの寝心地は?ビジネスクラス搭乗記