【モスコフスキー駅】からロシア鉄道に乗車!駅構内の施設をチェック

Moskovskiy (5)2

サンクトペテルブルクでの観光を終え、次は最後の目的地であるモスクワへと向かいます!今回は、サンクトペテルブルクの「モスコフスキー駅」からロシア鉄道の夜行便に乗車、その駅構内の様子や施設についてレポートしたいと思います。


モスコフスキー駅へのアクセス

モスコフスキー駅の場所はこちら。カザン大聖堂などがある繁華街からネフスキー通りをひたすら東へ2kmほど行った所にあります。ここはメトロが2路線乗り入れている他、路線バスも多数発着するターミナル駅。

Moskovskiy/アクセス

今回私はエルミタージュ美術館方面からバスで向かいましたが、駅からかなり離れた所で降ろされてしまいました!ターミナル駅だと言うのに、駅前にバス停が無いというなんともお粗末な仕様…。

Moskovskiy/駅前広場

モスコフスキー駅前は「ヴォスタニヤ」という名の広場になっているのですが、ここは複数の道路が交差する交通の要衝になっている為か、恐らくバス停を設置出来ないのでしょう。

このモスコフスキー駅へのアクセスは、バスよりもメトロを利用した方が便利かもしれません。

Moskovskiy/駅舎

駅舎は、時計台のある黄色い外壁の大きな建物。日本語では“モスクワ駅”とも呼ばれていて、それはモスクワ方面への列車が発着するという意味があるのだとか。

それ故、ここサンクトペテルブルク以外の都市にも、モスコフスキー駅は幾つか存在するそうです。

撮影OKの駅構内

Moskovskiy/エントランス

正面のエントランスから中へ入って手荷物検査を抜けると、アーチ状の廊下があります。なんだか薄暗くて陰気臭い雰囲気ですが、流石は都会の駅とあって駅舎自体はなかなか立派です!

Moskovskiy/撮影可能マーク

廊下の隅には、写真撮影を許可するスマイリーマーク。ロシアでは長い間、駅等の施設での撮影が出来なかったそうですが、ここ1~2年で大幅に改善されたのだとか。

おそらくワールドカップ効果もあるのだと思いますが、こうして少しでも開かれた国になれば旅行者としても安心ですね。

Moskovskiy/待合室

階段を数段上がると、やや広めの待合所があります。ここにはバーガーキングやキオスク等の店舗が数店。

Moskovskiy/天井

このフロアの造りもなかなか立派で、天井には絵画もあります。照明が点けばもっと綺麗に見えるはずですが…。

とても広いコンコース

Moskovskiy/メインコンコース

待合所の先へ進むと、とても広いメインコンコースがあります。周囲には様々なショップやカフェ、レストランがあって、物凄い人の数!空調が完備されていないのか人の熱気でムンムン、とても蒸し暑いです!

Moskovskiy/メインコンコースのベンチ

このエリアにもベンチが設置されていますが、利用者に対して数が圧倒的に足りていない為、座れている人はごく一部。まぁその殆どがチャイナの団体さんである事は言うまでも無いですが…。

Moskovskiy/コンコースのBar

その為、もし早めに着いた時はこのフロアにあるレストランに入った方がゆっくり寛げて良いかもしれません。ただ、このエリアにあるレストランは、どちらかと言うとファーストフードやBarばかりなので、本格的な食事には向いていないかも…。

Moskovskiy/チケットオフィス

Moskovskiy/Simカード店

Moskovskiy/土産物店

その他、このフロアにはチケットオフィスや土産物店、Simカードを扱うショップもあります。

電光掲示板の見方

Moskovskiy/電光掲示板

列車の出発状況は大きな電光掲示板で確認します。表示はロシア語の他、英語と中国語に対応、時刻は全て“現地時刻”で表記されているので分かり易いです。

Moskovskiy/電光掲示板の見方

行き先は駅名ではなく都市名で表記。私が乗るモスクワ行きは23:30発の003号ですが、同じモスクワ行きばかりなので見間違えてしまいそう…。発車番線(Track)は、出発のおよそ40分前にならないと点灯しません。

出入り自由なプラットホーム

Moskovskiy/ホームへの入口

プラットホームの入口は、電光掲示板の下から。改札口は無く、チケットが無くても出入り自由です。

Moskovskiy/プラットホーム

Moskovskiy/8番線ホーム

プラットホームは11番線まであって、7番線以降はホームに向かって左手奥にあります。全て頭端式ホームで、端から端までは500m以上あるというから驚き!

Moskovskiy/屋外

駅の構内は駅舎の外にまで繋がっていて、プラットホームの7番線側から外に出る事が出来ます。ここは大きな広場になっていて、向かい側の建物にチケットカウンターやインフォメーションがあります。

上級クラスで利用可能な「ビジネスラウンジ」

Business-Lounge-Moskovskiy/エントランス

尚、7番線側には列車の上級クラス利用者が入室可能なビジネスラウンジがあります。今回私はモスクワまで最上級のリュークス(Люкс)に乗車するので、こちらのラウンジが利用可能!

中はなかなかオシャレな空間が広がっていました!その模様は次回お伝えしたいと思います。→モスコフスキー駅【ビジネスラウンジ】訪問レポート!サンクトペテルブルク

ロシア鉄道(シベリア鉄道)の予約・手配については、こちらの記事で詳しく解説しています→シベリア鉄道【個人手配】の手引き!チケット購入から車内設備まで