サンクトペテルブルクの旅行ガイドと一人旅のすすめ!街並み、治安、観光スポットなど

このページでは、ロシア・サンクトペテルブルクに関する旅行記事を項目ごとに並べ、“観光ガイド”としてまとめています。これまでに訪れた観光スポットやレストランのレポート、街の治安状況など、次の旅行にお役立て頂ければ幸いです!

世界遺産の観光都市

サンクトペテルブルクは、バルト海に面したロシア第2の都市。旧ソ連時代にはレニングラードと呼ばれていたこの街は、美しい街並みが広がる世界遺産の観光都市です。

sankt-petersburg/ネフスキー通り

10km四方に市街地が広がる大都市ですが、主な見所は目抜き通りである「ネフスキー通り」沿いに集中しているので、観光の利便性は良好!有名な教会の他、美術館や博物館、レストランやショップ等、人気スポットの多くがこの界隈に集中しているので便利です。

sankt-petersburg/運河

世界遺産の観光都市とあって、街の景観の美しさはヨーロッパの中でもトップクラス!ネフスキー通りから少し郊外へ足を伸ばせば、運河沿いに佇む教会の姿など長閑な景色を楽しめる所もあります。

大都市とあって交通網が発達しているので、行動範囲を広げられるのが何よりの利点!

治安の悪さはロシア随一!

但し、治安の悪さはロシア随一!暴力的な事件は少ないにせよ、特に東アジア人観光客を狙ったスリや詐欺が多発しているので要注意です。

ん~悔しい!! ロシア-サンクトペテルブルクのカザン大聖堂前の広場で白い鳥の写真を撮っていたところ、若い男に色々いちゃもんを付けられて、金を奪われてしまいました!後々調べてみると、これはロシアの観光地で多発している詐欺被害なんだとか。まさか

具体的には、貴族や気ぐるみの様なコスプレ姿の輩が近づいて来て写真を撮らせ、後から金銭を要求してくるパターンや、また珍しい鳥が居たので写真を撮ったら金をよこせとカツアゲされるパターン等。私もこれで金を取られてしまった経験があります…(詳しくは上記の記事参照)。

sankt-petersburg/警戒

また、街中や地下鉄の駅構内ではテロへの警戒が強化されていて、至る所に警察官が居て目を光らせています。特に地下鉄はどの駅も物々しい雰囲気に包まれていて、とても気軽に立ち入れる状況ではなかった…。

この様に、サンクトペテルブルクは観光都市とは言え、他のヨーロッパの都市とは明らかに違うという事を念頭に置くべきです。

市内交通(地下鉄・バス・トラム)

sankt-petersburg/トロリーバス

サンクトペテルブルクの市内交通は、地下鉄-バス(トロリーバス含む)、トラムの3種類。この内、地下鉄はプラットホームが地下の奥深くにあってアクセスが悪い上、上記の通り駅構内が物々しい雰囲気に包まれているのでおススメしません。

それよりも、もっと手軽に乗れるバスの利用がおススメ!詳しくは以下の記事をご覧下さい。

今回は、ロシア・サンクトペテルブルクの地下鉄(メトロ)やバス、トラムの乗車に欠かせないICカード【Podorozhnik】について、その使い方や購入方法、チャージの仕方など詳しくレポートしていきます!Suicaの要領で使えるICカードPod

空港アクセス

市内の路線バスはサンクトペテルブルク国際空港にも乗りいれていて、市内までおよそ20分(40RUB)と大変便利!本数も多くて使い勝手は抜群!詳しくは以下の記事をご覧下さい。

主な観光スポット

美術館・博物館

ルーヴル美術館(仏)、メトロポリタン美術館(米)と並んで“世界三大美術館”の一つと称される、ロシア・サンクトペテルブルクの「エルミタージュ美術館」。世界屈指の美術館とあって、入場するだけで1時間以上の行列が出来るとの噂がある中、今回私はチケ
今回は、ラスプーチン暗殺の舞台として知られるサンクトペテルブルクの「ユスポフ宮殿」をレポート!モイカ宮殿とも呼ばれるこの建物は、19世紀から20世紀にかけて帝政ロシアの中で莫大な権力と資産を持っていたとされるユスポフ家の邸宅なのですが、中は
サンクトペテルブルクで2013年にオープンした「ファベルジェ博物館」。ここにはピーター・カール・ファベルジェPeter Carl Fabergé(1846~1920)というかつてロシアの宝石商だった人物が作製した貴重なイースターエッグが展示

教会、修道院、墓地

ロシアのサンクトペテルブルクで最も有名なロシア正教会のひとつが【血の上の救世主教会】。“血の上の救世主”というなんとも意味深な名前の教会は「キリスト復活教会」等とも呼ばれていて、ロシア正教会の中でも重要な意味を持つ場所なんだそう。サンクトペ
ロシア・サンクトペテルブルクにある【聖イサク大聖堂】は、19世紀に建てられたヨーロッパでも有数の規模を誇る大聖堂のひ...
チャイコフスキー国際コンクールの鑑賞に訪れたロシアですが、モスクワへ行く前に立ち寄ったサンクトペテルブルクには「チフヴィン墓地」という共同墓地があって、ここにはチャイコフスキーが眠る墓があります。コンクール鑑賞前にご挨拶という事で、今回はチ
昨日お伝えしたチフヴィン&ラザレフ墓地の先、オレンジ色の門の先にあるのが【アレクサンドル・ネフスキー修道院】です。ここはサンクトペテルブルクの守護聖人として崇められているAlexander Nevskyという13世紀に活躍した聖人に

バレエ・オペラ劇場、コンサートホール

サンクトペテルブルクに滞在中、折角ロシアへ来たのだから本格的なバレエが観たい!という事で訪れたのが「ミハイロフスキー劇場」。ここは、最も有名なマリインスキー劇場(大劇場)に対して“小劇場”として位置づけられる事もあるそうですが、行ってみると
今回は、チャイコフスキー国際コンクールのチェロ部門を鑑賞した「サンクトペテルブルク・フィルハーモニア小ホール」をレポートします!ここはメインの大ホールとは別の建物にある小ホールですが、かつてハイドンやベートーヴェンの作品の初演もここで行われ

レストラン(写真付きメニューor英語メニューあり)

ロシア料理店

今回は、サンクトペテルブルクでランチに利用したレストラン「Soviet Cafe Dachniki(ダチニキ)」をレポートします!このレストランは、観光にも便利なネフスキー通り沿いにあるロシア料理店ですが、行ってみるとサラリーマン等の一人メ

ジョージア(グルジア)料理店

ロシアの定番グルメと言えば“ジョージア料理”。ここサンクトペテルブルクにも数多くのジョージア料理店がありますが、今回口コミを頼りに訪れたСУЛИКО(Suliko)というレストランは、観光地の中心にありながらリーズナブルで味もGood!店の
今回ランチで訪れたSt.ペテルブルクにあるジョージア料理店Хочу Харчо(ホチュ・ハルチョKhochu Kharcho)は、豊富なメニューの数と確かな味で観光客に人気のレストランですが、特に美味しくて良いと感じたのが、様々なフレーバー

エスニック料理店

連日の様に食べ続けて来たロシア料理にもそろそろ飽きがきたので、今回は気分を変えてサンクトペテルブルクにあるキューバ料理店【O!CUBA】を訪れました!この店はトリップアドバイザー等でも高い評価を得ていて、観光客にも人気があるのだとか。ロシア

スイーツの店

ロシアのサンクトペテルブルクには“Chocolate Museum”という名のチョコレートショップがあります。“博物館”とは名ばかりのややこしい名前の店ですが、行ってみるとなかなかリアルなチョコアートが並んでいて、これらは全て購入可能!クォ
ロシアにはプィシュキ(ПЫШКА/Pyshka)というロシア風ドーナツがあるのですが、サンクトペテルブルクには「Пышечная(ピシェチナヤ)」というプィシュキの専門店があって、ここで食べられるプィシュキが観光客に人気なんだとか。1つたっ

ホテル宿泊レポート

ロシアのサンクトペテルブルクでは、繁華街から2~3km程の所にあるアパートメントホテル「Sharf Hotel」に宿泊しました。ガッチリした佇まいの綺麗な4つ星ホテルは、アパートメントとあって驚く程の広さ!また中心部へのアクセスも良好で、と

ロシア鉄道の旅

このページでは“個人旅行”で行く「シベリア鉄道」の旅について、チケット手配の方法や列車内の設備など、これまでの記事を元にまとめています。バス・トイレ付きの豪華な特等車をはじめ、一人旅でも安心の2人部屋を一人で独占する方法など、私が実践した優

「ロシア個人旅行」トップページへ

その他の国の旅行ガイドを見る