ロンドン【大英博物館】は入場無料!生々しいミイラの展示を見る

ロンドン【大英博物館】は入場無料!生々しいミイラの展示を見る

今回は、イギリスロンドンにある「大英博物館British Museum」の潜入レポート!ロンドンには無料で入れるミュージアムやギャラリーが多数存在しますが、この大英博物館もその一つです。世界中から集まった数百万点ものコレクションが無料で見られる世界最大級の博物館は、間違いなくロンドンを代表する観光地の一つですよね。

歴史的な外観とセキュリティチェック

大英博物館は“ソーホー”エリアの北東部に位置し、4つの最寄り駅に囲まれた便利な場所にあります。すぐ横にはロンドン大学があるなど、周辺は落ち着いた雰囲気の街になっています。低層な建物が多く、小規模な宿泊施設も林立している地域です。

ロンドン【大英博物館】は入場無料!生々しいミイラの展示を見る

衛星写真を見るとそうでもないですが、メインエントランスは18世紀の創立当時を思い起こさせる歴史的な概観です。この日は雨が降っていたので、ミュージアムへ行くには最適でした。

ロンドン【大英博物館】は入場無料!生々しいミイラの展示を見る

ただ、道路から真っ直ぐミュージアムの建物へ行く事は叶わず、やはりここでもセキュリティーチェックが行われていました。行列が出来ていましたが、ものの5分で終了。しかし真新しい仮設のテントは、何だかテロに苛まれる現代社会を反映しているかの様で嫌ですね…。

ロンドン【大英博物館】は入場無料!生々しいミイラの展示を見る

エントランスを入ると、歴史的な概観とは打って変わって近代的な造り!北京五輪の会場の様な格子状の天窓が明るい円形状のエリアになっています。

ロンドン【大英博物館】は入場無料!生々しいミイラの展示を見る

入場は無料!しかし入口横には寄付金を入れる箱が用意されています。「£5」と書かれていますが、どの国の通貨を入れても構わないそう。

ロンドン【大英博物館】は入場無料!生々しいミイラの展示を見る

入場者のおよそ6割は外国人観光客なんだとか。でも見た感じ、4割もイギリス人が居る様には到底思えませんでしたが…。尚、このエリアにはインフォメーションの他、お土産コーナーや軽食が食べられるカフェも併設されています。

セルフ式のカフェが併設

ロンドン【大英博物館】は入場無料!生々しいミイラの展示を見る

それでは、そのカフェスペースをちょっと覗いてみましょう。ここはカフェと言うよりセルフ式レストランかな?好きな物を自分で盛り付けて、レジで清算するシステムになっています。

ロンドン【大英博物館】は入場無料!生々しいミイラの展示を見る

しかしメニューはケーキなどカフェ的なものが中心。中には“カンノーロ”というイタリアのお菓子までありました。

ロンドン【大英博物館】は入場無料!生々しいミイラの展示を見る

他にはコンビニ的なサンドイッチやサラダなど。しかしチキンとエッグの入ったサラダが1,000円越えというなかなかの高値…

ロンドン【大英博物館】は入場無料!生々しいミイラの展示を見る

それでもカフェスペースは人でごったがえしていました。座る席が無く、地べたに座っているカップルもいるくらい。この時ちょうとお昼の12時半でしたから仕方ないのかも。ここで一服する場合は、ピーク時間帯を外した方が良いかもしれませんね。

先ずは訪れたい「ルーム1

ロンドン【大英博物館】は入場無料!生々しいミイラの展示を見る

さて、大英博物館の数百万点もの展示品を見て周るには、それこそ一週間は必要だと言われていますので、私が観た中で最も良かった所をピックアップしたいと思います。

ロンドン【大英博物館】は入場無料!生々しいミイラの展示を見る

先ずはエントランスホールに入って右側にある「ルーム1(The Enlightenment Gallery)」。なかなか美しい所ですね。感じとしては、チェコのプラハで見たストラホフ修道院の図書館にも何処と無く似ているでしょうか。

ロンドン【大英博物館】は入場無料!生々しいミイラの展示を見る

ここはかつてジョージ三世(1738~1820)が世界中から集めた数万点もの書籍が並べられた“図書館”となっていましたが、現在その機能はSt.パンクラス駅横の大英図書館に移されているそうです。

ロンドン【大英博物館】は入場無料!生々しいミイラの展示を見る

このエリアには、書棚の他いくつもの銅像が並べられていて、中には上記ジョージ三世のものもありました。

ロンドン【大英博物館】は入場無料!生々しいミイラの展示を見る

尚、ガラスケースの中の書物は、残念ながら手に取って見る事は出来ません。

次のページでは、ミイラの展示および日本のエリアをご紹介!


カテゴリー

その他おススメの記事