ロンドンでおススメ高級ランチはココ!フォートナム&メイソンのレストランThe Gallery

57887dee-s

イギリス・ロンドンにある老舗百貨店「フォートナム&メイソン」でウィンドウショッピングをした後、グランドフロアにあるレストラン「The Gallery」でランチをする事にしました。

高級な老舗百貨店でのランチとあって、ロンドン旅行では一番高級な食事となりましたが、その味やいかに?

グランドフロア内にある高級レストラン

土産物探しの観光客で賑わうフォートナム&メイソンのグランドフロア(日本で言う1階)は、赤絨毯の敷かれた高級感漂うフロアで、ティーパックなどド定番の土産物が揃っていました。

FORTNUM& MASON本店で見た日本でなかなか買えないウイスキー

フォートナム&メイソンで高級ランチ (13)

そんなグランドフロアの一角にあるTHE GALLERY。ちょうどお昼時を少し過ぎていたので、ここでランチをする事にしました。

フォートナム&メイソンで高級ランチ (5)

正方形のコンパクトなテーブルが目立つ店内。私の様な一人客は見かけませんでしたが、紳士的な客が多い為か、静かな雰囲気で落ち着きます。でも、子連れ客の姿も見られましたので、それほど肩肘を張る必要な無い模様。

しかしカジュアルと言えども、高級店なだけあってラフな格好をした人は居ませんでした。一応襟付きのシャツを着ていたので浮き立つ事はありませんでしたが、Tシャツにジーンズは避けた方が良いかもしれませんね。

フォートナム&メイソンで高級ランチ (11)

メニューを見ると、一品料理は£15前後でデザートは£7、グラスワインは£6~£10となかなか良い値段しますね。時刻は14時過ぎ、この時間は既にアフタヌーンティーの時間帯となっていますが、料理の注文も可能でしたので、料理を2品とアフタヌーンティーを注文します。

Afternoon Blend Tea

紅茶文化のイギリスで、これは外せませんよね。注文すると、料理の前に出て来ました。

フォートナム&メイソンで高級ランチ (1)

ティーポットは小ぶりながら結構沢山の紅茶が入っていて、4杯くらい飲めます。タップリのミルクを入れるのがイギリス流らしいのですが、私はどちらかと言うとストレート派かな。

その味わいは、渋みや甘みがバランスよく、飲みやすいですがちょっとパンチが足りない印象を受けました。これにミルクを沢山入れたら、かなり薄味になるんじゃないかと…

Smoked Salmon Blinis

フォートナム&メイソンで高級ランチ (3)

スターターに選んだのはスモークサーモンのブリニ。“Blini”とはロシア発祥の料理で、そば粉入りのパンケーキを差すのだそう。

フォートナム&メイソンで高級ランチ (2)

サーモンが華の様に盛られています。山椒と共に食をそそる香りが漂ってきます。

フォートナム&メイソンで高級ランチ (6)

食べてみると、サーモンは弾力があって新鮮な舌触りを感じますが、フィンランド・ヘルシンキで食べたほどの感動はありません。ですが、特別な強い味付けをせず素朴で深みがあり、私は好きな味です。

Spring Vegetable Risotto

フォートナム&メイソンで高級ランチ (8)

一面緑で覆われたリゾットには、グリンピース、ソラマメ、アスパラが入っていて、白いのはクリームチーズです。

フォートナム&メイソンで高級ランチ (9)

味はグリンピースが強く出ていますが、臭みは無く、これも薄味で素材の味が生かされている印象です。クリームチーズがアクセントになって飽きる事も無く、後に引く余韻もあってなかなか美味しいベジタブル料理だと思います。

もちろんグリンピースが嫌いな人には、絶対おススメできませんが~。

フォートナム&メイソンで高級ランチ (12)

お値段は〆て£40。食後にデザートやコーヒーを勧められましたが、お腹一杯と言って断りました。当時のレートでおよそ6,500円…さすがにランチでこれだけ出して美味いものが出てこなければ怒りますよ!

フォートナム&メイソンで高級ランチ (4)

老舗百貨店での高級ランチは、パンチのある感動にめぐり合う事はありませんでしたが、上質な素材を感じる事のできる優雅なランチを堪能する事ができました。

店員さんの対応も良く、英語が通じ難い私に対して料理の説明やメニューの提案など、親切丁寧に持て成してくれましたし、観光客の多いグランドフロアにありながら、レストラン内は観光客の姿がほとんど見当たらない点も良かったです。

またいつか、機会があれば利用したいと思います。

カテゴリー

【その他おススメの記事】