朗報!イギリス・ロンドンの食事は不味くなかった!

dbe8b479-s

ロンドンへ来てから数日が経ちました。天気は噂どおり曇天ばかり…、一瞬青空が垣間見える時もありますが、殆ど雲に覆われています。

時は5月の末~6月初め、最高気温は25度に迫る日もありましたが、朝夕は12~3度とコートが必要なくらい。実際、雨が降った日の夜は、東京の真冬並みのコートを着ている人も見かけました。私はコートを持参せず、シャツにセーターを纏っただけでしたので、寒くて後悔しています…。

ロンドン (2)

街を歩いていると、西洋人に混じってヒジャブを身にまとった女性をよく見かけますし、英語に混じってフランス語もよく耳にします。勿論それ以上に黒人の姿も多く見られ、こういう点からもイギリスは移民国家なのだと実感させられますね。ても、テロを恐れてなのか、日本人はあまり見かけません。それに加え、なぜだか中国の人も殆ど見かけずホッとしています(笑)

食事は本当に不味い?

一番気にしていたのが食事について。ブリティッシュフードは不味い、という定説は本当なのかと色々試してみましたが、そんな事は決してありませんでした。

ロンドン (3)

どこで何を食べても基本的に“薄味”なのですが、それによって素材の味が生かされていて、私はとても美味しく感じました。特段“高級”レストランではなく、どこにでもあるカジュアルレストランしか入っていませんが、風味や余韻、香りに至るまで、とても手の込んだ料理を提供してくれます。

ロンドン (5)

またファストフードとして名高い「フィッシュ&チップス」も、肉厚の魚で満足のいく内容です。これらに加え、とても気さくな店員のサービスに、気持ち良く食事を楽しむ事が出来ました。選ぶ店もあるのかもしれませんが、今のところハズレ無しです。

関連記事フィッシュ&チップスの食レポ!

ロンドン (4)

“旅に食あり”なんて言い方しますが、美味しいものが食べられてこそ旅は充実するものですよね。ただ、別の噂どおりロンドンの鉄道事情には苦労させられた部分もあり、特に初めのうちは歩き疲れて疲労困憊でした…。それも含めて細かい事は、また個別に記事にして行きたいと思います。

イギリス・ロンドン旅行カテゴリ


カテゴリー

その他おススメの記事