日本語メニュー有り!ウラジオストクのグルジア料理店Сациви(サツィヴィ)

Georgian-Restaurant-Vladivostok (11)

ロシア・ウラジオストクへ着いて最初に訪れたのは、Сациви(サツィヴィ)という名のグルジア(ジョージア)料理レストラン。日本ではあまり馴染みの無いグルジア料理ですが、日本人好みの味付けで、日本人の間でも人気があるのだとか。

そしてなんとこのレストランは、嬉しい事に日本語メニュー有り!ロシアはどの街へ行ってもグルジア料理店が盛んなので、初めに行っておくと料理名の勉強にもなって良いです。



場所がちょっと分かり難い

ジョージア料理店Сациви(サツィヴィ)の場所ですが、これがちょっと分かり難い。場所はウラジオストク駅から100m程の所にあるのですが、駅の方からだと道が繋がっていないので直接行く事が出来ません(Google Mapだと道が繋がっていますが、実際にはフェンスがあって通れませんでした)。

Georgian-Restaurant-Vladivostok/行き方

そこで、一本北側の道から向かう事になります。行き方としては、表通り(Ulitsa Aleutskaya)沿いにある“オプティマムホステル”の正面に当たる所から裏道に入り、最初の十字路を右へ。細い道を数十メートル進むと、レストランが見えて来ます。

Georgian-Restaurant-Vladivostok/サツィヴィの場所

真新しい白とグレーの建物がレストランСациви。まだ新しい店なのか、Googleのストリートビューを見ても写っていませんでした。

店の周辺は特に危険に見える場所はありませんでしたが、人気の居ない裏道を通る事になるので、夜の訪問の際(特に女性)はタクシーの利用が無難かもしれません。

可愛い店員が多い!

店に入ると受付があり、先ずはここで人数と国を聞かれます。この店は様々な言語のメニューが用意されているらしく、ここで注げた国のメニューを持って、地下の客席まで案内されます。

Georgian-Restaurant-Vladivostok/サツィヴィの店員

何だか店員は皆可愛い女の子ばかり!この時はまだロシアへ来て数時間しか経っていませんが、早くもロシアの魅力にハマってしまった…!

Georgian-Restaurant-Vladivostok/サツィヴィの店内

地下は意外に広く、明るい色合いの内装の店内。客総は西洋人が多いですが、日本人グループの姿もチラホラ。街中に溢れ返っているコリアンの姿は、不思議とこの時は見かけませんでした。

ちょっと可笑しい日本語メニュー

Georgian-Restaurant-Vladivostok/サツィヴィの日本語メニュー

このレストランはジョージア料理店という事で、メニューを見てみると“ヒンカリ”や“ハチャプリ”など伝統的なジョージア料理の名前が目につきます。

種類豊富ながら価格もリーズナブル!そして何より日本語表記なのが嬉しい限り!(ちょっと怪しい日本語も多いですが…笑)

Georgian-Restaurant-Vladivostok/サツィヴィのドリンクメニュー

ドリンクの種類も豊富で、ソフトドリンクは10種類以上の紅茶から自家製ドリンクまで様々、アルコールはワインを中心に多数取り揃えている様です。ワインリストに日本語メニューは無いので、詳しくは公式HPまで。

グルジア料理の味は…?

今回試してみた料理は3品。初めて食べたグルジア料理ですが、味は何れも異国の料理とは思えないほど食べ慣れた味で、ちょっとビックリ!

冷製スープ「サツィヴィ」

Georgian-Restaurant-Vladivostok/サツィヴィ

先ずはこちら、店名にもなっている「サツィヴィ」というメニューですが、冷製のクリーミーなスープに大きな七面鳥の肉、タバスコの様なソースが掛かっていて、後から少しピリ辛がやって来ます。

Georgian-Restaurant-Vladivostok/スープ

見方によってはタイ風カレーの様な舌触り。肉は少しパサつきますが、味の程はまずまず。

グルジア風の小籠包「ヒンカリ」

Georgian-Restaurant-Vladivostok/ヒンカリ

続いてコチラは「羊肉のヒンカリ」。すごく厚みのある皮で、中華饅の様な見た目ですが、これはかつて東アジアの方から伝わった料理なんだとか。

Georgian-Restaurant-Vladivostok/ヒンカリの食べ方

食べ方には決まりがある様で、こうしてスライムの頭を手でつまんで食べるのが正しい食べ方なんだそう。味は小籠包そのもの、私の苦手なパクチーが少し入っていますが、気になる程ではありません。

Georgian-Restaurant-Vladivostok/ヒンカリの肉汁

試しにナイフで切ってみましたが、中は肉汁がタップリ!なるほど、だからこのスープをこぼさない様に手で持って食べるのかと納得!

グルジア風ピザ「ハチャプリ」

Georgian-Restaurant-Vladivostok/ハチャプリ

そして3品目は「アジャリア式ハチャプリ」。グルジア風ピザとの事ですが、味は普通のチーズピザ。でも生地はモチモチ、焦げ目が香ばしくてGood!

Georgian-Restaurant-Vladivostok/ハチャプリの食べ方

どうやらこれも正しい食べ方がある様で、私が上品にナイフで切って食べていると店員が飛んで来て、中央の卵をぐちゃぐちゃに混ぜて行きました。生地の下の方にも入れ込むという念の入れ様!

それでも味は大して変わりませんでしたが…。

安くてお得!おススメのレストラン

Georgian-Restaurant-Vladivostok/会計

3品とドリンク合わせて、お会計は880RUB(≠1,500円)。観光客向けのレストランでありながら、なかなかお得に食事が出来たと思います!レシートにチップの額を選択する所があったので、15%にしたら凄く喜ばれました。

決済はクレジットカード対応です。

Georgian-Restaurant-Vladivostok/営業時間

と言う訳で、ウラジオストクにある日本語メニュー有りのグルジア料理店Сациви、店員の対応は良いですし、安くてメニューも充実!ロシアを初めて訪れたら先ずはここへ来るべき、そんなレストランでした!

Сациви(ハチャプリ)

  • 住所:Трудовой пер., 13А, Владивосток, Приморский край, 690091
  • 営業時間:12:00~24:00(金・土は26:00まで)
  • ホームページはコチラ