ウラジオストクの旅行ガイドと一人旅のすすめ!治安・両替・観光スポットなど

このページでは、極東ロシア「ウラジオストク」に関する旅行記事を項目ごとに並べ、「観光ガイド」としてまとめています。これまでに訪れた観光スポットやレストランのレポートなど、次の旅行にお役立て頂ければ幸いです!

ウラジオストクの概要、街並み、治安

極東ロシアの最南端に位置するウラジオストク。“日本から2時間半で行けるヨーロッパ”として近年注目が高まっており、2020年にはJALやANAをはじめ日本からの直行便も相次いで新設。電子ビザ(e-VISA)の発給も始まり、益々手軽に行ける様になりました!

ロシアのウラジオストクに着いて一晩、先ずは街を一通り練り歩いてみました!ウラジオストクがどんな街なのか?街の印象や見所など、ざっくりとご紹介できればと思います。♪こちらも合わせてどうぞ→「ウラジオストク」記事一覧と旅行ガイド坂が多いウラジオ

ウラジオストクの街は小じんまりとして、主要スポットだけなら1日もあれば十分周れてしまう程。のんびりした雰囲気の田舎町なので、モスクワ等の都市部の様な物々しさは無く治安も良好です。

物価も都市部に比べてかなり安く、レストランではお得にロシア料理を食べられるのが嬉しいところ!街の概要については上記の記事をご覧下さい。

空港アクセス、ターミナル、両替ATMなど

ウラジオストクへの玄関口となるウラジオストク国際空港は、市街地から北へおよそ40km離れた所にあります。

成田空港からS7航空に乗ってウラジオストク国際空港へ到着!今回は、空港から市内へのアクセスや両替ATMの使い方、またSimカード販売店や価格についてレポートしていきたいと思います。♪こちらも合わせてどうぞ→「ウラジオストク」記事一覧と旅行ガ

空港アクセスはミニバス、鉄道、タクシーの3通りありますが、安くて本数も比較的多い(と言っても1日10本程度)ミニバスの利用がおススメ!空港ターミナル内で買えるSimカードや両替ATMの使い方等、詳しくは上記の記事をご覧下さい。

ロシアルーブルへの両替、クレジットカード通用度

日本円の現金からロシアルーブルへ両替する場合は、市内にある両替所の利用がおススメ。私が利用したお勧めの両替所については、次の記事をご覧下さい。

今回は、ウラジオストク市内にある両替所「サミット銀行」で、ロシアルーブルへの両替レートを調査!口コミによると、市内ではここが最もレートが良いそうで、日本人以外の観光客にも人気なんだとか。銀行でありながら、土日も営業しているというサービスの良

ウラジオストクはレストラン等でクレジットカードが普通に使えますが、市場をはじめ一部の観光スポットでは現金オンリーの所もあるので、ある程度の現金は用意しておいた方が無難です。

観光スポット

軍事関連施設や要塞を改装した博物館が多い事でも知られるロシア・ウラジオストク。今回は、潜水艦を改装した「S-56軍事...
極東ロシアの半島に広がる港町ウラジオストクですが、起伏の激しい地形である事から、小高い丘が幾つも存在しています。その中で最も標高の高い所にあるのが「鷹の巣展望台」。標高192mながら、眼下に広がる湾や港が一望、人気の観光スポットになっている
ロシア革命の先駆者として知られるコンスタンティン・スハーノフ(Константин Суханов 1894~191...

マーケット、土産物など

ロシア・ウラジオストクの日曜マーケットで、沢山の種類のハチミツが売られていたので一つ試してみた所、これがとっても美味!日本の数分の一の値段で手に入る上、どの店のハチミツも試食可能です。見た事も無い様な色のハチミツや、様々な形をしたハチミツキ
ウラジオストクで1906年創業の老舗チョコレート店ПРИМОРСКИЙ КОНДИТЕР(プリモルスキー・コンヂーチェル)。観光地の中心にあって、恐らくウラジオストクで一番有名なチョコレート店かと思います。今回は、こちらの店でギフト用のチョ

レストラン(日本語 or 写真付きメニューあり)

ロシア・ウラジオストクへ着いて最初に訪れたのは、Сациви(サツィヴィ)という名のグルジア(ジョージア)料理レストラン。日本ではあまり馴染みの無いグルジア料理ですが、日本人好みの味付けで、日本人の間でも人気があるのだとか。そしてなんとこの
ウラジオストクでランチに利用したのは、噴水通りにあるレストランSVOY fête。洒落たインテリアと落ち着いた雰囲気...

ホテル宿泊レポート

物価の安いウラジオストクですが、ホテルに限っては少々割高。ホテルの数が限られている事もあり、選択肢が少ないのが現状です。

私が利用した4つ星ホテルは1泊1万円以上しますが、設備はしっかりしていますし内装もキレイ!詳しくは以下の記事をご覧下さい。

ウラジオストクで宿泊したのは、Hotel AZIMUTという4つ星ホテル。ウラジオストク駅に程近い立地ながら、高台にあって海が見渡せる絶好のロケーションにあるホテルです。価格はやや割高ですが、シベリア鉄道を利用する際には最適!そんなHote

シベリア鉄道の旅

世界最長9289kmを走破するロシアのシベリア鉄道。ウラジオストク駅からは、モスクワまで6泊7日かけて走る「ロシア号」の他、1泊2日でハバロフスクまで行ける「オケアン号」など様々な列車が運行されていて、観光客にも人気となっています。

シベリア鉄道について詳しくは、以下の特集ページをご覧下さい。

このページでは“個人旅行”で行く「シベリア鉄道」の旅について、チケット手配の方法や列車内の設備など、これまでの記事を元にまとめています。バス・トイレ付きの豪華な特等車をはじめ、一人旅でも安心の2人部屋を一人で独占する方法など、私が実践した優
ウラジオストクでの観光を終え、次はハバロフスクを目指すべく、いよいよ長年憧れていたシベリア鉄道に乗車します!今回は、...

「ロシア個人旅行」トップページへ

その他の国の旅行ガイドを見る