ナシレマバーガーが美味!マレーシアのマクドナルドへ行ってみた

mcdonald-nasilemak-burger (10)

マレーシアおよび一部の地域のマクドナルド限定メニュー「ナシレマバーガー」。クアラルンプールにあるマクドナルドで食べてみましたが、これがなかなかの美味!

マレーシアのご当地グルメ“Nasi Lemak”を使った、日本のマクドナルドでは食べられない限定メニューの味がどの様なものか、レポートしたいと思います。


Masjid Jamekにあるマクドナルド

クアラルンプール市内にマクドナルドは幾つかありますが、私が訪れたのはマスジッド・ジャメ駅前にあるマクドナルド。

マスジッドジャメは、KLセントラル駅からクラナジャヤ線で2駅。駅前にあるモスク「Masjid Jamek」の名前がそのまま駅名になっています。このモスクは観光名称としても名高いスポットですが、開館日がかなり限られている様で、私も未だ入れた試しがありません…。

マレーシアのマクドナルド

駅出口から横断歩道を渡ってすぐの所にあるマクドナルド。テイクアウトの場合は店内へ入らず、入口左側の専用カウンターから注文する仕組みになっている模様。朝6:30から営業しているので、朝マックも可能です。

メニューと価格をチェック!

クアラルンプールのマクドナルド

店内へ入ると、右側に注文のカウンター、正面奥に半地下の客席がある構造です。注文方法は日本と同じで、カウンターで注文して決済し、出来上がったらPICK UPと書かれたカウンターで受け取ります。

マクドナルドのメニュー/マレーシア

メニューを見てみると、早速デカデカとナシレマバーガーを発見!やはり人気メニューなのか、店の看板商品になっている様ですね。

その他、チキンバーガーやマックフィッシュ等のハンバーガー単品がRM6.5~8.5(≠175円~230円)、ビッグマックがRM10.99(≠300円)など、日本のマックと同等か少し安い程度。

まぁ世界的に見ても日本のマクドナルドの価格は安過ぎるので、マレーシアと言えどもこれくらいは普通かなと。

番号レシート/マクドナルドマレーシア

注文から4分ほどで出来上がり!レシートに引換え番号が書かれているので、それを見せて受け取ります。

客席/マレーシアのマクドナルド

店内奥の客席は、まぁまぁな広さ。床も壁も、そしてテーブルも椅子も清潔に保たれているので気持ち良いです!この時はお昼の1時頃でしたが、席の半分ほどが空いていました。

ナシレマバーガーが美味しい!

ナシレマバーガーセット/マレーシアのマクドナルド

今回注文したのは、「ナシレマバーガー」のセット。ドリンクは、コカコーラか100Plus(マレーシアのスポーツドリンク)の選択、ポテト(日本のMサイズくらい?)が付いて、お値段RM18.55(≠500円)。

ナシレマバーガー

ナシレマバーガーの中身は、チキン、エッグ、アボカド、玉ねぎ。食べてみると、初め甘口で後からピリ辛がやって来ます。チキンがジューシーで美味しく、ソースの味付けもGood!

よく有りがちな東南アジア独特の風味は皆無ですし、これはなかなかレベルが高い!

マックポテト/マレーシア

ポテトは日本のマックと同じ細いタイプのものですが、心なしか歯応えが良いです。これは油の質か素材の善し悪しか分かりませんが、日本のマックのポテトは変な腹の膨れ方をするので、本当に体に悪い…。

シンガポールでも大人気!

シンガポールでも人気/ナシレマバーガー

このナシレマバーガー、お隣の国シンガポールでも期間限定で出される事があるそうですが、以前販売された際はあまりにも人気で2週間と経たずに売り切れてしまったのだそう。

そうなると、いずれ日本でも期間限定で出てきそうな気がしますが、果たしてこの味は保たれるのか…?

mcdonald-nasilemak-burger

美味しいナシレマバーガー。マレーシアのマクドナルドを訪問の際は、是非試してみて頂ければと思います。

マクドナルド(Masjid Jamek)店情報

  • アクセス:LRTクラナジャヤ線Masjid Jamek駅徒歩1分
  • 営業時間:6:30~22:30(基本的に年中無休)

マレーシア・クアラルンプールに関しては「マレーシア・クアラルンプールの観光ガイドと“一人旅”体験レポート!」も併せてご覧下さい。