宮古島北の離島へ!池間島フナクス(池間ブロック)でシュノーケリング

ikema-funakusu (12)

今回は、宮古島の離島「池間島」のビーチでシュノーケリングをします。離島と言っても、現在では宮古島の周囲に浮かぶ主な3島は橋が架けられて陸続きになっているので、実質宮古島の一部と言っても過言ではないですよね。

そんな池間島の北部には、池間島フナクス(池間ブロック)と呼ばれるビーチがあって、シュノーケリングに最適なビーチとして知られている様です。一体どの様なビーチなのか、行って泳いでみました。

池間島フナクスの場所

池間島は宮古島の北部に浮かぶ離島。宮古島とは2つの橋(世渡橋および池間大橋)で結ばれています。

池間大橋の美しい海

橋の眼下に広がる海が綺麗ですよね!他に離島を結ぶ来間大橋や、最近できたばかりの伊良部大橋も走りましたが、その中でもこの池間大橋からの景色が一番美しいのではないでしょうか?

今回目指すビーチ「池間島フナクス」は、池間島の中でも更に北部。と言っても、およそ3平方キロメートルの小さな島ですので、池間大橋を抜けてから4~5分で着いてしまいました。

駐車場のトイレがヤバイ…

池間島フナクス(池間ブロック)の駐車場

到着すると、コンクリートのしっかりした駐車場が見えてきます。収容台数は14台ほど。以前は無かったのですが、2013年に整備されたそうです。

池間湿原への入口

ここは池間湿原へ向かう道への分岐点にもなっています。今回は訪れませんでしたが、沖縄県内最大の湿地で、バードウォッチングが楽しめる場所なのだそう。

池間島フナクス駐車場のトイレ

駐車場には、同じく2013年に造られたトイレがあります。男性用の小便器を備えた個室が1つと、男女兼用の個室が1つ。車椅子にも対応した大型トイレなのですが、しかし長い間清掃されていない為か、特に男女兼用の方がヤバイ事になっていました!

扉を開けた瞬間、凄まじい臭いにやられて入る事も躊躇するくらい…。男性専用の個室はまだ平気でしたが、女性はちょっとツライかも。トイレは無いと思っておいた方が良いかもしれません。

ビーチは駐車場のすぐ裏手

池間島フナクス(池間ブロック)のビーチ入口

この駐車場からビーチへのアプローチですが、最初ちょっと戸惑いました…。駐車場の片隅に書かれた“ビーチ入口”の案内に従って進むと…

池間島フナクス(池間ブロック)へのアプローチ

暫くして歩道上にビーチへの入口が現れます。

池間島フナクス(池間ブロック)の入口

ここを抜けて進むと、確かにビーチへと繋がっているのですが、浜辺との間には大きな段差があって、特に小さなお子さんには難しいと思います。

池間島フナクス(池間ブロック)駐車場からの入口

それよりも、駐車場のトイレに近い側のすぐ裏手に抜け道があって、ここから行く方がはるかに近道!

池間島フナクス(池間ブロック)のロープ

茂みを抜けると、すぐにビーチへと辿り着きます。ここもある程度段差があるのですが、この様にローブが張られているので、手すり代わりにして降りれば危ないことはありません。

次のページでは、入り江に囲まれた美しいビーチでシュノーケリング!魚の量と水質をレポートします。


カテゴリー

その他おススメの記事