機内食レポ!オーストリア航空ビジネスクラスVIE~NRT/味は良くも悪くもウィーン風?

austrian-airlines-businessclass (52)

昨日に引き続き、オーストリア航空ビジネスクラスの搭乗記から、今回は機内食のレポートをお伝えします。

一般的に機内食は、そのエアラインの本拠地から出発する便の方が、他国発よりも美味しいとされていますよね。今回のオーストリア航空はウィーン発という事で、大いなる期待を抱いて臨みましたが、その味やいかに?


ウィーン発の機内食メニュー

メニューの配布/austrian-airlines-businessclass

飛行機の出発前、機内食担当のチーフ(?)らしき人がメニューを配布し、追って選択メニューのオーダーを取りに来ました。

機内食メニュー/austrian-airlines-businessclass

およそ正方形大のメニュー表。紙質はJALと同程度で、それほど厚紙ではありません。

料理の日本語メニュー/austrian-airlines-businessclass

メニューの内容を見てみると、機内食は初めのディナーと最後の朝食の計2回。ディナーのメインは洋食2品と和食2品のいずれかより選択、朝食のメインやデザートも選択肢がありますが、好きな時にいつでも注文できるというアラカルトメニューは見当たらず。

ワインメニュー/austrian-airlines-businessclass

ワインは、シャンパンを含むスパークリングが2種類、赤・白がそれぞれ3種類に加え、デザートワインもあります。日本語で超詳しい解説が書かれているので、とても選び易くてGood!

赤ワイン/austrian-airlines-businessclass

銘柄はいずれもオーストリア産が基本で、市場価格おおむね€10前後。後にこのNeusiedlersee DAC 2017という赤ワインを試してみましたが、後からジワっと豊潤な葡萄の風味が広がる、なかなか美味しいワインです!

全ての銘柄を試す事は出来ませんでしたが、もしかしたら隠れた名品があるかもしれません。

CAによって変わる応対品質

おしぼり/austrian-airlines-businessclass

さて、離陸後さっそく機内サービスが始まりました!先ずはお絞りが渡され、続いてテーブルクロスが引かれますが、ここで気になったのはCAの所作。

このビジネスクラスには1人のチーフと1人の日本人CAを含む5名のCAが業務にあたっている様ですが、人によってサービスの品質がマチマチ。

テーブルセッティング/austrian-airlines-businessclass

特に1人の日本人CAにおいては、料理の置き方やオーダーの取り方等、ちょっと乱雑な印象を受けてしまいました。忙しいのは分かりますが、“エレガント”さを演出するのも、ビジネスクラスの大切な要素の一つなのでは?

ドリンクのワゴン/austrian-airlines-businessclass

対して、日本人以外のCAは皆とても丁寧ですし、常に笑顔を絶やさない特別なサービスを提供してくれます。言葉が難無く通じる分、ある意味で家族的な親近感が沸く日本人CAだからこそ、もう少し+αの対応を望みたいものですね。

シャンパンは「デュヴァル・ルロワ」

シャンパンのservice/austrian-airlines-businessclass

それでは先ずはお楽しみのシャンパンから!メニュー表によると、オーストリア航空のシャンパンの銘柄は「Duval Leroy Brut(デュヴァル・ルロワ・ブリュット)」。泡を立てない為なのか、CAさんがグラスを手に持って注がれました。

デュヴァルルロワ/austrian-airlines-businessclass

デュヴァル・ルロワと言えば、マレーシア航空ビジネスクラスでも提供されているシャンパン。豊潤な香りとバランスの良い甘みがあって、なかなか美味しいシャンパンです!

Duval Leroyにも幾つか種類があって、このオーストリア航空は“Brut”の名が付く辛口の銘柄。市場価格を調べてみた所、おおむね5千円前後と、マレーシア航空のそれよりは若干安く手に入るかもしれません。それだけコスパが良いとも言えますね。

洋食の前菜が美味しい!

前菜のワゴンサービス/austrian-airlines-businessclass

ドリンクの後は、いよいよ機内食のスタート!前菜は「ワゴンサービス」となっていますが、基本的に洋食か和食かの2択です。和食メニューは「前菜盛り合わせ」。

洋食前菜の選択/austrian-airlines-businessclass

洋食の場合、以下の4つのメニューから好きな料理を選択して皿によそってもらいます。

  • ビーフサラダ/豆
  • ヤギのチーズ ベーコン巻き
  • エビのチリマリネ
  • アボカドのトマトサラダ/フレンチドレッシング

前菜とパン/austrian-airlines-businessclass

アボカドのサラダ以外の3種を選択しましたが、かなり量が少ないので、はじめから全部貰っておいた方が良いかも(笑)。後で戻って来た時に、おかわりを貰ってしまいました!

ベーコン/austrian-airlines-businessclass

味はどれもGood!エビチリのエビはプリッと食感が良く、風味豊か。ベーコンは中のチーズがフワフワで、不思議な食感も同時に楽しめます。これはなかなかレベルの高い機内食!

若干クセのある味のパン

パンのバスケット/austrian-airlines-businessclass

パンはバスケットから選べますが、その種類の多さにビックリ!こういう演出はビジネスクラスならではですよね。

ただ、パンの味はどれもイマイチ…。いずれも温まってはいるものの、香りも風味立ちも無く、味は全くしないか、若しくは若干の特殊なイーストの味。

ゴマのパン/austrian-airlines-businessclass

唯一、このゴマのパンは香ばしくて良いですが、それ以外はちょっと…。

個人的な意見ではありますが、オーストリアのパンってどうも口に合うものが少ないんですよね。ここでも数種類試しましたが、味はウィーン市内のスーパーやレストランで提供されるパンと一緒です。

パンとスープ/austrian-airlines-businessclass

パンと一緒に出てきた「ウィーン風ポテトスープ」は、見た目とは裏腹に意外とサラッとしています。香り立ちや余韻もしっかりありますが、味としてはまぁ普通かな…。

メインは4種類から選択

メイン料理/austrian-airlines-businessclass

続いてメイン料理。メインに限っては、離陸前にチーフらしき人がオーダーを取りに来たので、ワゴンでの提供ではなく個別に運ばれて来ます。私は、洋食の「鶏のムネ肉/トリュフ・ブリオッシュの詰め物」を選択。

ブリオッシュ/austrian-airlines-businessclass

淡白な料理かと思いきや、よく見るとチキンの中にしっかりと詰め物が入っています。味はややカレー風味?口に含んで後から少しずつ風味が湧いてくる感じ。

チキンの質もまずまず、なかなか手の込んだ質の高い料理ですが、付け合わせの枝豆が味わいゼロで残念!

Coffeeのメニューが配られる

コーヒーのメニュー/austrian-airlines-businessclass

食後、暫くして配られたのが、こちらのメニュー。なんとコーヒー専用のメニューが用意されていました!そう言えば、初めに配布されたグランドメニューには、コーヒーの名前が無かったなぁと。

10種類のコーヒー/austrian-airlines-businessclass

コーヒーは全10種類!全ての解説に日本語が併記されているので分かり易いですね。これはカフェ文化を持つオーストリアの航空会社ならではのサービス!

メランジュ/austrian-airlines-businessclass

私が選択したのは「Melange」。ウィーン市内のカフェでもいつも決まってオーダーする“Coffee with milk”ですが、機内で飲むミルクコーヒーの味は、ビターチョコの様な風味と豊潤なミルクの余韻。

特別なおいしさではありませんが、ウィーン市内のカフェで出てくるコーヒーと変わらぬ味を提供してくれました。

美味しいデザート有り!でもチーズは…

デザートのワゴンサービス/austrian-airlines-businessclass

コーヒーの後はデザート!こちらもワゴンでのサービスとなりますが、デザートに限っては好きなものを複数選択して構わないのだそう。

デザートとチーズ/austrian-airlines-businessclass

それならばと、フルーツ以外全て頂きました!

  • 伝統的なスイートパンケーキ/ラズベリー
  • ムース・オ・ショコラ、ブラン&ノワール
  • 自家製アンズのアイス

ショコラのムース/austrian-airlines-businessclass

このショコラのムースがなかなかの美味!チョコレートの層は、甘さの奥に仄かな苦味を感じ、白い層は濃厚なカスタード。

パラチンケンとアイス/austrian-airlines-businessclass

ただ、パンケーキとアイスは特筆なし。“伝統的なパンケーキ”とは、ウィーンのソウルフード「パラチンケン」を指す様ですが、特別美味しいものではないかな…(参考記事→ウィーンで食べる「パラチンケン」を食レポ!)。

チーズ/austrian-airlines-businessclass

一方、デザートと一緒にもらったチーズの盛り合わせですが、これがとっても曲者!どのチーズも凄くクセのある香りと味で、良く言えば本格的。

以前、ウィーンのスーパーで試しにチーズを買って食べてみた事があるのですが、クセが強すぎて破棄…、まさにその時の味そのものという感じでがします。まぁ良くも悪くもウィーンの味、クセの強いチーズを好む人にはおススメです。

美味しい料理もあったけど…

茶菓子/austrian-airlines-businessclass

う~ん、良くも悪くもウィーンらしい機内食。美味しい前菜やデザート、コーヒーはポイント高いですが、あれだけ本格的な臭みのあるチーズを機内食で食べたのは初めてです!

長くなったので、次回の記事へ続きます。次回はベッドの寝心地や朝食メニュー等をレポート!→フルフラットベッドと朝食レポ!オーストリア航空ビジネスクラス