JALファーストクラス搭乗記!羽田~ロンドン‐その③機内食レポートとBirthdayサプライズ!

a1d00a27-s

その②に引き続き、JALファーストクラス搭乗記をお送りしています。シャンパーニュSALONに続き、機内食のスタートです!

ところでファーストクラスの機内食は事前予約が可能となっているのですが、この度の満席を見込んで食べたいものが品切れになる事を恐れ、事前予約を行っていました。予約の仕方は簡単で、JALホームページのお問合せフォームのページから入って、件名に「ファーストクラス機内食 予約希望」を記載して送信すると、搭乗便名や氏名などの入力フォームが現われるので、そこに具体的な希望を書き込みます。

機内食予約 問合せ

私の場合は「洋食・ビーフ」を希望の上、当日もし可能ならば「フィッシュ」も食べたい、と送ったところ、事前に2種類用意して頂ける事になりました。

ファーストクラスメニュー

本当は「アペタイザー」も何種類か食べたかったのですが…あまり我がまま言ってはいけませんね。

アミューズブーシュ

JALファーストクラス機内食 (11)

それでは本題に戻り、先ずは酒の肴から。

JALファーストクラス機内食 (12)

どれも創作料理という感じで手が込んでいますね。塩気があってシャンパンにも合います。

JALファーストクラス機内食 (14)

こんな所にも洒落たアクセントを演出するのは流石ファーストですね。

JALファーストクラス機内食 (17)

そしてアミューズ・ブーシュの“甘海老のタルタルと冷たいグリーンピースのクリーム”

この緑のソース、かなり生臭いです。素材の味が出ていると言えばそうなのですが、グリーンピースが好きな私ですら眉間にシワが寄ります。

JALファーストクラス機内食 (19)

よくかき混ぜてから食べる様に言われますが、流石に緑の部分だけでは食べ辛いです。

ブレッドとアペタイザー

JALファーストクラス機内食 (20)

ブレッドは4種類くらいから選べます。勿論お代わりもOK!個人的にはバターをつけるより、オリーブオイルと塩をかけて食べる方が好みです。昨年搭乗した「成田→ヘルシンキ」ビジネスクラスでは、冷たく冷え切ったブレッドが出されましたが、流石にこれは温められていました。味のレベルとしては普通のパンかな…と。

JALファーストクラス機内食 (21)

続いてアペタイザー“キャビア・ズワイガニとともに新鮮なホワイトアスパラガスを添えて”

高級食材と言えども、流石に“珍味”をそのまま食べると生臭いですので、パンに付けて頂きます。ズワイガニは、確かな新鮮さを感じる舌触りでGood!

メインディッシュの肉料理

JALファーストクラス機内食 (22)

そしてメインディッシュの第一号“和牛フィレ・モリーユ茸とグリーナスパラガスのエチュヴェと”

JALファーストクラス機内食 (23)

焼き方はウェルダン。この僅かに残る赤みが丁度良い焼き加減を表しています。柔らかくて味もなかなかのもの。以前ビジネスクラスで食べた肉料理とは雲泥の差です。ただ、アッツアツで無いのが少々残念な所…、機内食ではこれが限界なのかもしれませんね。

アスパラガスは先っぽの部分でないにも関わらず、繊維質を感じずスッと噛み切れるところに上質さを感じます。

ワインは全てが高級ではない

ファーストクラスメニュー2

さて、メインの肉料理に合わせて赤ワインをオーダーします。ワインリストを見ると、どれも高級そうな名前が並んでいるのですが、実際調べてみると決してそんな事はありません!

赤ワインのChateau de Fieuzal 2009やVolnay 1er cru “En Chevret” 2010は5,000円程度、白ワインのHere Comes The Moon 2014なんて3,000円で買えてしまいます。こんなものをファーストクラスで飲む訳にはゆきません。

JALファーストクラス機内食 (24)

赤ワインで高級なのはリストの一番最後、このKUSUDA Martinborohgh Syrah 2013を頂きます。ボトルの価格は楽天で10,000円前後です。味はスッキリした飲み心地ですが、飲み始めに鼻にスーッと抜ける感じを覚えました。

メインディッシュの魚料理

JALファーストクラス機内食 (25)

次に魚料理“平目・そのムースとともにちりめんキャベツで包み蒸しに”

JALファーストクラス機内食 (28)

美味しいですが、白身魚の淡白な味わいがそのまま出ているという感じがします。下手をするとパサ付いた食感さえ覚えて、ちょっとあまり箸が進まないかな…。もちろん完食しました!

JALファーストクラス機内食 (26)

ここで魚料理に合わせて白ワインに変えてもらいます。勿論一番高価なCHASSAGNE-MONTRACHET 1ER CRU “LES” MACHERELLES “2012”はお値段¥9,500~¥12,500ほど。

JALファーストクラス機内食 (29)

とても濃厚な白ワインで香りも強め。淡白な平目のムースにはピッタリのワインでした。

高級シャンパン飲み比べ

JALファーストクラス機内食 (30)

その後もお酒が進みます。「サロン」とは別のシャンパーニュTaittinger Comtes de Bhampagne Blanc de Blancs 2006を頂きます。そのボトルのお値段は¥11,500ほど。

JALファーストクラス機内食 (31)

これをSALON 2004と飲み比べをします!サロンの方が鋭い口当たりと長い余韻。でも差はそれくらいかな…。

デザートにBirthdayサプライズ!

JALファーストクラス機内食 (32)

洋食のデザートの前に、もし可能ならばと和食用のデザート“六本木プリン”を頂きました。

JALファーストクラス機内食 (33)

とにかく柔らかくて滑らか!スーパーのプッチンプリンを想像していると全く別の食べ物に感じます。プリンというより生クリーム!

そして本題のデザートが運ばれてくるのですが、なにやらチーフの方が一緒に来て…

JALファーストクラス機内食 (34)

Birthdayサプライズです!私の誕生日が近いという事で、心温まるメッセージカードと共に頂きました。まぁ今更目出度いという柄でもないのですが…。

JALファーストクラス機内食 (36)

“神谷町ブレンドのティラミス”

中身は氷菓子かと思う様なシャーベット状のものとクリーム。意外とアッサリした味わいで、あまり印象に残りませんでした。

機内食1食目の感想

JALファーストクラス1食目の印象としては、もう少し華やかな演出があっても良いのかなと思いました。加えて味の方も、もう一工夫加えて欲しかったというのが正直な感想です。

JALファーストクラス機内食 (18)

ビジネスクラスとの差はサービス。飲み物が無くなったら直ぐ注いでくれますし、空いた皿もすぐに下げてくれる。8席とも満席の便でしたが、特に配膳が滞った印象も無くスムーズで、その辺はビジネスとは明らかに違います。

JALファーストクラス機内食 (3)

また、少し心配していたSALONの品切れが無かったのは良かったです。満席便で大酒飲みが揃ってしまうと、たちまち売り切れてしまいますからね。

宴もたけなわ、次回「その④」では2食目に頂いたアラカルトメニュー等をレポートします。

関連記事


カテゴリー

その他おススメの記事