「山崎25年」と「白州25年」を飲み比べ!意外と若い?長期熟成酒の味

yamazaki-hakushu-25years-old (18)

ウィスキー愛好家にとって聖地でもある「山崎蒸溜所」。ここでは普段なかなかお目にかかれない長期熟成の高級ウィスキーが、有料でテイスティング出来ます。

大阪市内からもすぐ行ける所にあるので、今回プラっと立ち寄ってみたところ、数年前に訪れた時には品切れだった「山崎25年」が遂に復活!「白州25年」と共に飲み比べをしてみましたが、その味や如何に?



山崎蒸溜所のテイスティングカウンター

山崎蒸溜所

サントリーのウィスキー製造でお馴染み「山崎蒸溜所」。大阪と京都の境目という辺鄙な場所にありますが、JRや阪急を使えばそれぞれ20~30分くらいとアクセスは良好!

山崎蒸溜所入場カード

今回は蒸溜所の見学をせずにショップやテイスティングカウンターの利用のみですが、その場合でも勝手に入る事は出来ず、必ず受付へ立ち寄ってカードを受け取る必要があります。

混雑時には入場できない場合もあるので、事前の予約が吉!予約やアクセス等については、こちらの記事をご覧下さい→【山崎蒸溜所】見学の予約とアクセス‐連日超満員の人気ツアー

山崎蒸溜所のウィスキー館

山崎蒸溜所ウィスキー館の階段

受付に一番近い建物が山崎ウィスキー館。この中にテイスティングカウンターやギフトショップがあります。エントランスから中へ入ると、凛として構える立派な大階段がお目見え!

山崎蒸溜所テイスティングカウンター

拭きぬけのホールの1階がテイスティングカウンター。中央のカウンターで注文・決済します。

周りの客を見ると、日本人はほぼ皆無。95%が外国人観光客です。

テイスティングのメニュー

山崎蒸溜所テイスティングメニュー

テイスティングのメニューですが、前回訪れた時と比べて冊子が新しくなりました!

ラインナップは「山崎」「白州」「響」の各ageに加え、蒸溜所限定のシングルモルトウィスキー、また、完成品だけではなく構成原酒もテイスティング出来る様です。

山崎テイスティングメニュー

響テイスティングメニュー

内容量は各15mlでの販売で、それぞれノンエイジが100円、最高エイジは2,900円。前回訪れた時は完売で飲めなかった「山崎25年」ですが、係員に尋ねたら今日はきちんと用意があるとの嬉しい回答!

しかし終売となった白州12年や響17年は、残念ながらラインナップから外されています。

山崎蒸溜所シングルモルトテイスティングメニュー

その他、異なるカスク(熟成樽)によるシングルモルトウィスキーが幾つかある等、普通の店では決して買えない珍しい銘柄が勢ぞろい!いや~ウィスキー好きにとって聖地ですよココは!

山崎・白州25年のツーショット!

山崎25年と白州25年

そして、今回チョイスしたのはコチラの2本。「山崎25年」と「白州25年」、何とも豪華なツーショット!贅沢にも、今回はこの2本を飲み比べてみたいと思います。

山崎25年の定価

25年物の長期熟成酒、ボトルの定価は山崎、白州ともに125,000円。以前は100,000円程でしたが、大分値上げされてしまった様です。

でも今やこれらを定価で手に入れるなんて絶対無理!現在の市場価格はそれぞれ70万円~100万円、それこそ車が買えてしまう値段ですね…。

山崎蒸溜所クレジットカード

尚、前回来た時はクレジットカードが使えませんでしたが、改善されて使える様になりました。まぁこれだけ外国人が訪れるのだから、当然と言えば当然ですが。

長期熟成高級酒の味は…?

山崎と白州のテイスティング

さぁそれでは早速試飲!この2つでお値段5,800円…、まぁこんな事はもう二度とやらないと思います(笑)

山崎25年のテイスティング

先ずは山崎25年から。透き通った琥珀色、グラスを回すとスモーキーさを抑えたマイルドな香りが漂います。

ただ、口に含んでみると意外にも安いウィスキーにありがちなアルコールの刺激が先行し、余韻の閉じ方も早いです。前回テイスティングした響30年の様な深みは無く、やもすると山崎18年と同等かそれ以下…?ほんとに25年なのかこれは??

白州25年のテイスティング

一方、白州25年ですが、山崎と比べると一層スモーキーさを増した香り。飲んでみると、白州独特の青りんごテイストは影を潜め、より一層麦の風味が口いっぱいに広がります。

ノンエイジや12年等の若いボトルでは決して味わえない長い余韻と味の奥深さ、今まで持っていた白州の概念が覆される程、これはなかなか良いボトルです!

白州25年

これら2本を比べてみると、ウィスキーの完成度は白州の方が断然上!山崎25年は期待が大きかっただけに、なんだこんなものかと面を食らった感じです。もしかしたら、近年の原酒枯渇による影響もあって、かなり若い原酒が入ってしまっているのかも…?

ギフトショップの品揃えがヤバイ事に…

山崎蒸溜所ギフトショップ

テイスティングの後は2階のギフトショップへ!ここでは山崎蒸溜所限定のウィスキー等が販売されているのですが、今回覗いてみた所、ウィスキーの品揃えがかなり悲惨な事になっていました…。

山崎蒸溜所ギフトショップの品揃え

前回はここで「響12年」の500mlボトルや「シングルモルト山崎蒸溜所」などが買えましたが、この日あったのは梅酒などのリキュールやバランタインなどの輸入品のみ。

山崎蒸溜所のオールド

山崎蒸溜所のスコッチ

その他、オールドやスペシャルリザーブ等どこのスーパーでも買える格安ウィスキーはありますが、価格は随分と割高!まぁこれでも海外で買うよりは安いので、外国人観光客には売れるのでしょう。

山崎蒸溜所ノンエイジ

そんな中、唯一見つけたのが山崎のノンエイジ。店員に伺ったところ、最近はこの山崎ノンエイジですら入荷する事は稀だそうで、この日も午前中はスッカラカンだったそう。

もはや本家であるはずの蒸溜所ですら、自社製品を確保する事もまばならないという異常事態…。

味に大差は無い?長期熟成ウィスキー

山崎25年の味

と言う訳で、山崎および白州の25年物を試してみましたが、正直言ってここまで来ると、山崎も白州も響も味の基本ベースに大差は無いというのが本音です。大きな違いは香りと余韻。

個人的には、前回テイスティングした響30年が最も完成された味わいでGood!(テイスティングについてはコチラ→サントリー「響30年」を試飲した感想は?山崎蒸溜所のテイスティングカウンター

山崎テイスティング

今回テイスティングした山崎25年の味やギフトショップの品薄状態を鑑みると、こうした長期熟成酒が2,900円でテイスティング出来るのも、そう長くはないのかもしれませんね。

興味のある方は是非お早めに!山崎蒸溜所については、タグも合わせてご覧下さい→山崎蒸溜所