美味しいスペインワインの選び方!等級ごとに異なる味と価格を調査!

spain-wine (1)

ワインの生産地としても有名なスペイン。今回は、スペイン・マドリードのスーパーで“安くて美味い”ワイン探しに挑戦します!

スペイン産ワインには厳しい基準の下に設けられた等級があって、ワイン選びの際はボトルに記載された等級をしっかり確認する事が大切。そんな美味しいスペインワインの選び方について、詳しく見ていきたいと思います。


マドリードのスーパー「Carrefour Market

マドリードのスーパー

今回訪れたのは、マドリード市内にあるスーパーCarrefour Market。市内のスーパーを幾つか周ったところ、この店が一番ワインの種類が多かったです。

場所はコチラ。メトロ3号線のArgüelles駅から徒歩3分くらいですが、Opera界隈からはちょっと行き難い所です。

マドリードのスーパーの中

入口は小さいですが、内部は天井が高くて広々!大型SC程ではないですが、生鮮食品からハム・チーズ等、大概のものは揃っています。

スーパーの地下

店内は2層構造になっていて、水やアルコール、お菓子、カンヅメ、日用品などは地下のフロア。こちらもなかなかの広さがあって品揃えも豊富。

スーパーのワイン売場

ワインもなかなかの充実振り!フランス産などのワインもありますが、スペイン産が大半を閉めています。ワインのコルク抜きも売っているので、ホテルで開けて飲む時には重宝すると思います。

美味しいスペインワインの選び方

さて、スペイン産のワインは「原産地呼称制度」と言う制度によって格付けされています。葡萄の品種や原産地など厳しいチェックによって、以下の6つの等級に分かれていて、①が最も希少性が高く、⑥は大衆向けのワインという事になります。

  • ① Vino de Pago(VP)
  • ② Denominacion de Origen Calificada (DOC)
  • ③ Denominacion de Origen (DO)
  • ④ V.C.I.G
  • ⑤ Vino de la Tierra
  • ⑥ Vino de Mesa

この内、⑤と⑥はいわゆる“テーブルワイン”の格付けなので、少なくとも④以上のワインを選べば、美味しいワインである可能性があると言えるでしょう。

  • (1) Gran Reserva (グラン・レセルバ)
  • (2) Reserva (レセルバ)
  • (3) Crianza (クリアンサ)
  • (4) Roble/Barrica (ロブレ/バリカ)
  • (5) Joven (ホベン)

加えて、熟成期間を示す5つのカテゴリーがあって、こちらも(1)から順に熟成期間の長い高級ワインという事になります。Gran Reservaともなれば、オーク樽やボトルで4年~5年もの熟成を経ていますが、最低ランクのJovenは熟成期間ゼロという事で、かなりの差がありますね。

各等級の価格を調査

以上を踏まえた上で、各等級ごとのワインの価格を見てみましょう!比較し易い様に、今回は全て赤ワインで調査を行いました。

先ず格付けに関しては、殆どのワインが“Denominacion de Origen Calificada”となっていた為、等級ごとの価格差は不明。

グランレゼルヴァ

しかし熟成期間に関しては、価格差が顕著に表れていました。例えばこちらのGran Reservaのフルボトルは€17.8、“Denominacion de Origen Calificada”の文字も確認できます。

レゼルヴァのワイン

それに対し、同じ“Denominacion de Origen Calificada”表記のReservaは€7.95。熟成期間が一段階違うだけで、だいぶ価格が下がります。

クリアンザのワイン

Crianzaともなれば、一桁€前半がゴロゴロあります。逆に、これ以下の熟成期間のワインは見つけられず、このCrianzaはスーパーで買える最低ランクと見て良いかもしれません。

レゼルヴァの高級ワイン

また、銘柄によっては価格の逆転現象もあって、例えばこちらのReservaはハーフボトルでも€10.3しますから、一概には言えない部分もある模様。

いずれにしても、スペインだからと言って日本より安いワインがあるという訳では無い様です。

味はどの程度変わるか?

ワインの試飲

これらスペイン産ワインを何本か買って試飲してみましたが、熟成期間による味の違いはかなり顕著。やはりGran Reserva→Reserva→Crianzaの順で浅はかな味になっていくのが分かります。

例えGran Reservaよりも値段の高いReservaであっても、味わい深さはGran Reservaよりも劣るので、値段だけで決めない方が良いと思います。

spain-wine

ただ、フルボトル水準で2,000円も出して飲むワインとしては、なんだか物足りない感じ…。以前フランス・パリのスーパーで一桁€のワインを買った時は本当に美味しいものばかりだったのに、そう考えるとコスパはかなり悪いですよね。

まぁ好みの問題もありますが、スペインで“安くて美味い”ワインを探すのは、なかなか難しいのかもしれません。

安くて美味いワインはそうあるもんじゃない

美味しいスペインワインの選び方

と言う訳で、美味しいスペインワインの選び方についてご紹介しました!フランス産等と比べて割安のイメージがあるスペインワインですが、きちんとした味を求めるとなるとそれなりに値段が張るものだという印象を受けました。

この後訪れたバルセロナでも遜色無かったので、やはり大都市ではどこも変わらないのかな…?安くて美味いワインを探すのは、なかなか難しいものですねぇ。