スペイン・マドリードの旅行ガイドと一人旅のススメ!市内交通・観光スポットなど

スペイン・マドリードに関する旅行記事の一覧です。一人旅で訪れた観光スポットやレストランでの食レポ、また地下鉄の乗り方や切符の買い方など、これまでに執筆した記事を項目ごとにまとめて“旅行ガイド”にしています。次の旅行にお役立て頂ければ幸いです。

マドリード観光の概要(治安・気候など)

スペインは南欧に位置し、日本からちょっと遠いイメージもありますが、成田空港からイベリア航空が週3本(2018年8月現在)で直行便を飛ばしているので、以前と比べると随分と行き易くなりました。

同じスペインでもバルセロナと比べると観光資源の数自体は少なめですが、王宮をはじめ、フラメンコの劇場(タブラオ)に一流のダンサーが集う等、首都ならではのクォリティを味わう事が出来ます。

気候とおススメの観光時期

スペインは南欧という事もあって、ヨーロッパの中では気温は高めです。マドリードの最高気温は、一年を通じて東京に近いくらいまで上がる事も多い様ですが、日本に比べると雨は非常に少なく、特に夏季の雨量は東京の数分の一。

私が訪れた6月初旬は最高気温が25度くらいで過ごし易く、また湿度が低いのでカラっと晴れて気持ち良く、街歩きには最高の陽気!また夏至の前後は夜9時頃まで明るく、観光には最適の時期です。

英語の通用度

スペイン語を公用語とするマドリードは、諸外国に比べて英語が通じ難いという情報も多々ありますが、ここ数年の急激なグローバル化によって改善しつつある様で、私が観光した限りでは英語が通じない所は全くありませんでした。

親切な人も多く、単語を繋ぎ合わせただけのカタコトの英語でも一生懸命聞いてくれるので安心です!

マドリードの治安

“スペインは特にスリや強盗が多い”という情報もありますが、私が街歩きをした限りではその様な危険を感じる事は全く無く、オーストリアやイギリス等と同様に安心して観光を楽しむ事が出来ました。

椅子に鞄を置きっぱなしにしたり、夜遅くに裏通りを歩いたりさえしなければ、過度な心配は不要です。

マドリード空港アクセス

マドリードの玄関口はバラハス国際空港(Aeropuerto de Madrid-Barajas)。市街地から10km程の所にあって、アクセス方法は電車、バス、タクシーの3種類。

鉄道でアクセスする場合は、Metro(地下鉄)とRenfe(スペイン国鉄)の2種類あって、いずれも市内中心部まで30分程度で着き、運賃も€5程度とお手頃!Metroなら深夜1時台まで運行しているので、夜遅くの到着でも利用できます。

バスでアクセスする場合は、24時間運行のエアポート・エクスプレスの他、€1.5で利用できる市バスも走っています。詳しくはコチラのサイトへ。

市内交通

マドリードはスペインの首都という事もあって、鉄道網が発達していてとても観光のし易い街です。Metroの終電も遅く、市内中心部であれば深夜1時過ぎまで運行されているので便利!路線図やチケットの買い方など、詳しくは以下のページをご覧下さい。

観光スポット

闘牛場

スペインの国技“闘牛”が観られるマドリードの「ラスベンタス闘牛場(Plaza de Toros de Las Ven...

フラメンコ(タブラオ)

昨日の記事に引き続き、スペイン・マドリードのタブラオLa Taberna de Mister Pinkletonの鑑...

オペラ・音楽鑑賞

市場・食べ歩き

王宮・教会・大聖堂

美術館

レストラン・カフェ・スイーツ

レストラン(タパス・パエリアなど)

カフェ(チュロス・チョコレートドリンクなど)

スイーツ(トゥロンなど)

ホテル宿泊レポート

お土産・買い物

マドリードから各都市へ

その他の国の旅行ガイドを見る