新型ユーロスターe320乗車記 London~Paris その③ 2等車とBar、そしてトイレもチェック!

e1932b06-s

その②に引き続き、新型ユーロスターe320乗車記をお送りしています。軽食サービスが終わった後は、自席を離れてユーロスターの車内を少し探検してみました。

ユーロスターの運賃は3種類

ところで、ユーロスターの座席は1等車、2等車の二種類ですが、運賃の種別は3種類存在します。

  • STANDARD…2等車シート
  • STANDARD PREMIER…1等車シート+軽食
  • BUSINESS PREMIER…1等車シート+軽食(更に豪華?)+駅ラウンジ

残席数に連動した運賃なのか、乗車日の4ヶ月前にチケットが発売されたばかりの頃は特に安く、時期によってはSTANDARDが45€程度で買えてしまうほど。しかしBUSINESS
PREMIERは基本的に割引が無い様で、いつ購入しても276€。この辺は飛行機の運賃と同じですよね。

EuroStar e320 (8)

さて、ユーロトンネル手前で1時間近く停車していた列車は、食後暫くしてから漸く動き出しました。トンネルに入っても耳が痛くならず、ゴォーという音も小さくしか聞こえないので、いつトンネルに入ったのか分からないほど(たまたまスピードが遅かったのかもしれません)。

車椅子の導線とトイレ

EuroStar e320 (28)

それでは先ず、私の座っている3号車から見て行きます。ここには車椅子対応の席が2つあって、その為か座席周りのスペースも広く取られています。

EuroStar e320 (7)

デッキからのアプローチもフラットで、車椅子に配慮した造りになっていますね。

EuroStar e320 (27)

トイレもここだけは大型の特別仕様。尚、これを同じ造りの車両が14号車にもあるのですが、車椅子対応なのはこの2箇所だけ。2等車には車椅子対応のスペースは無い様です。

EuroStar e320 (10)

こちらは4号車の一般向けトイレ。各車両とも2つずつ設置されています。

EuroStar e320 (12)EuroStar e320 (11)

真新しくて清潔です。これだけスペースがあれば、着替え等にも利用できそう。

2等車の2+2配列シート

EuroStar e320 (25)

4号車からは2等車が続きます。一般的な2+2の配列の中に、一部向かい合わせの席が混ざっています。こちらもシートの回転は出来ないので、座席指定の時に進行方向を良く確認する必要がありますね。

EuroStar e320 (13)

荷物置き場は混沌としています。小さなスーツケースも置かれているので、恐らく座席上の網棚のスペースにも余裕が無いのでしょう。

EuroStar e320 (14)

1等車に比べると遙かに狭い感じがしますが、座席の広さは日本の新幹線より上でしょう。但し、前後のシートピッチは狭いです。

EuroStar e320 (24)

尚、2等車にもダストボックスが設置されていました。

次のページでは、Bar車両とメニューを見ていきます。


カテゴリー

その他おススメの記事