ポルトガル高速鉄道AP「車内食」レポート!メニューは4種類、その味は…?

Alfa-Pendular (41)

前回に引き続き、ポルト~リスボンで利用したポルトガル高速鉄道AP(Alfa Pendular)より、今回は車内で食べられる「車内食」をレポートします!

1等車(1st Class)でありながら、別途料金の掛かるポルトガル鉄道の車内食。ワインやデザートも付いてくるフルコースですが、果たしてその味は…?


事前予約の車内食、メニューは3種類

meal

今回試したAPの車内食ですが、食べる為には事前の予約が必要です。公式HPからチケットを予約する際、オプションで“Meal pre-resevation”にチェックを入れる事で予約可能。

料金は€15.6(ポルト~リスボンの場合)ですが、チケット発券時には加算されず、車内での精算となりました。今回は1等車(1st Class)への乗車なので無料になるかな…と少し期待しましたが、残念ながらそれは叶わず…

ちょっと分かり難いメニュー表記

Alfa-Pendular/車掌

さて、列車が出発して間もなく車掌が検札を行った後、続けて車内食のメニューを渡され、メニュー及びドリンク、デザートのセレクトを尋ねられました。

Alfa-Pendular/車内食メニュー

車内食のメニュー表は2段になっていて、上段がブレックファースト、下段がランチで、それぞれポルトガル語の下に薄い文字で英語が併記。

ランチメニューはFish、Meat、Vegetarianの他、事前予約には無かったDietメニューもあって、どれにするか決める様に言われました。チケット予約の際にはFishを選択していたはずですが、どうやら当日でも選択可能な様です。

Alfa-Pendular/食事オプション

選択肢は他にもあって、食後にデザートorフルーツ、またオプションでパンとミネラルウォーター(各々€0.5)も付けられる様ですが、メニュー表を渡されて1分もせずに選択を迫られたので、焦って見落としてしまった…。

Alfa-Pendular/白ワイン

ドリンクは、ワインはあるか?と尋ねたら赤か白かと言われ、白にすると言って出されたのがこちらのAdega de Murçaという銘柄のワイン。色々な所でよく目にする格安テーブルワインですが、その割りにはバランスの取れた味わいで、そこまで悪くは無い味わいです。

魚料理のコース、その味は…?

Alfa-Pendular/車内食のワゴン

出発からおよそ50分後、食事がワゴンに乗せられて運ばれてきました!

周りの人を見ていると、この辺りで食事を注文していたのは私を含めて3名のみ。ランチの時間帯にも関わらず、皆あまり注文しないのはちょっと気になる所ではありますが…。

Alfa-Pendular/Fish車内食

こちらがFishメニューの車内食。メインディッシュは「タラの揚げ物」、副菜のプレートは「ほうれん草とヤギのチーズのキッシュ」にトマト、それにカットフルーツと、パンを注文していないにも関わらずバターだけ付いていました(笑)。

Alfa-Pendular/キッシュのラップ

Alfa-Pendular/車内食のアルミホイル

メインと副菜のプレートは、予めラップやホイルに巻かれて提供されます。これらには料理名が書かれているのですが、ポルトガル語なのでサッパリ…。

Alfa-Pendular/タラの揚げ物

メインディッシュは、タラの揚げ物にポテトのムースが付いたものですが、タラはごく薄い味付けで異様に骨が多く、鮮度も舌触りもイマイチ。ポテトもやけにニンニク風味だけが引き立って、あまり美味しいものではないかなと…。

Alfa-Pendular/キッシュ

キッシュもパサパサで風味も引き立ってこないし、冷めているのでテンションもガタ落ち…。ちょっとこれはかなり期待はずれな食事です…。

Alfa-Pendular/カットフルーツ

カットフルーツはリンゴ。特にみずみずしさは無いですが、生物で腹を壊すよりはマシかと(笑)。まぁこれでも普通に食べられるので問題無いですが。

食後にエスプレッソ、精算

Alfa-Pendular/食後のワゴンサービス

食事の提供からおよそ1時間後(意外に長かった…)、食器の片付けと同時にコーヒーのサービス。ワゴンにはその他のドリンクも積まれていたので、注文すれば提供してくれるのだと思います(恐らく別料金)。

Alfa-Pendular/レシート

また、車内食の精算もこの時に行われ、請求額は€15.6。メニュー表にはランチの金額が€13.4と書かれていたのですが、恐らくドリンクやサービス料が加算されたのだと思われます。

クレジットカード決済対応。

Alfa-Pendular/コーヒー

紙コップで出されたコーヒーはポルトガル風のエスプレッソですが、街中で飲むよりも粉っぽくて、何だかターキッシュコーヒーを飲んでいるかの様…。かと言って味に深みは無いし、これもちょっとイマイチかなぁ…。

3号車にあるカフェテリア

Alfa-Pendular/カフェテリア

尚、車内食以外にも3号車にあるカフェテリアへ行けば、軽食を注文する事が出来ます。3号車の半分ほどの広さに注文カウンターがあって、こちらで注文&決済。

Alfa-Pendular/カフェのテーブル

カフェテリアと言ってもカフェの様な椅子やテーブルは無く、唯一壁際に立ち飲み用のカウンターは用意されていますが、4~5人も着けるかどうかの狭い所なので、ここで寛ぐのはちょっと辛いですね…。

まぁ6両しか無い列車ですから、致し方ないのかもしれません。

Alfa-Pendular/カフェのメニュー

カフェのメニューはコチラ。ドリンクは充実していますが、軽食はサンドイッチばかり。でもエッグタルト(ナタ)があるのは流石ポルトガルの鉄道と言った所。

サービスは良いけど味はイマイチ…

Alfa-Pendular/車窓

列車は長閑な景色の中を快走し、あっと言う間にリスボンへ到着!道中の車窓はこの様なのんびりとした田舎が続き、晴れている時はなかなか心表れる景色も見る事が出来ました!

Alfa-Pendular/オリエンテ駅到着

数分遅れでリスボン・オリエンテ駅に到着!長い様で短い、そんな2時間50分の列車旅でした。

割安な運賃で乗れる1等車は車掌の対応も良いですし、サービス自体はとても良かったのですが、やはり食事の内容は改善してもらいたい所。無料ならまだ分かりますが、1等車でも別料金が掛かる割りにあの味というのは納得いかない…。

リスボンオリエンテ駅プラットホーム

と言う訳で、ポルト~リスボンで乗車したポルトガル高速鉄道APの乗車レポートでした!下記の1等車の座席、およびチケット予約についての記事も合わせてご覧下さい。