チャンギ空港JAL指定ラウンジSATS PREMIER LOUNGEを詳しくレポート!

チャンギ空港JAL指定ラウンジSATS PREMIER LOUNGEを詳しくレポート!

清掃されないシャワールーム

チャンギ空港JAL指定ラウンジSATS PREMIER LOUNGEを詳しくレポート!

シャワールームを見てみましょう。シャワーと言えどもレセプション等は無く、ここは男女共同・トイレ共用のサニタリースペースになっている様です。一箇所だけ男性トイレの部屋があったのですが、小便器が置かれているのみでした。

チャンギ空港JAL指定ラウンジSATS PREMIER LOUNGEを詳しくレポート!

その為シャワー室が埋まっていると、気軽にトイレにも行けなくなってしまいます。部屋は全部で6室ほどしかないので、繁忙時間帯はちょっと辛いですね。

チャンギ空港JAL指定ラウンジSATS PREMIER LOUNGEを詳しくレポート!

シャワー室はこんな感じ。広さは十分ですが、薄暗くて清潔感はイマイチ…。レセプションが無いという事は、使用ごとに清掃もされないという事。前の人が使ったそのままの状態で使う羽目になります。

チャンギ空港JAL指定ラウンジSATS PREMIER LOUNGEを詳しくレポート!

洗面台の使い勝手もイマイチ。カンタス航空ラウンジの様に広くて綺麗なスペースが無く、物置き場に困ります。

チャンギ空港JAL指定ラウンジSATS PREMIER LOUNGEを詳しくレポート!

一応ドライヤーは設置されている模様。ただ鏡が小さく、また薄暗いので髪のセットはやりにくそうです。

チャンギ空港JAL指定ラウンジSATS PREMIER LOUNGEを詳しくレポート!

奥のシャワーブースは、広さ的には十分。シャワーの水圧に関しては、カンタスよりも上回ります。

チャンギ空港JAL指定ラウンジSATS PREMIER LOUNGEを詳しくレポート!

アメニティはシャンプーとソープのみ。ちょっと使うのに躊躇する色合いですよね…。

24時間営業ながら、軍配はカンタス!

チャンギ空港JAL指定ラウンジSATS PREMIER LOUNGEを詳しくレポート!

SATSプレミアラウンジについて総括すると、サニタリースペースを除いては居心地は悪く無い感じです。フランス産ワインを片手に種類豊富なビュッフェを堪能すれば、それなりに快適に過ごせると思います。

ただ、カンタス航空ラウンジの豪華さに比べると何一つ秀でるものは無いですね。このSATSラウンジは24時間営業ですが、カンタスは24時で閉まってしまうので2:05(1:50)発の羽田行きに乗る場合は仕方がないですが、22:00(21:50)発の便に乗る場合は迷い無くカンタスの方へ行く事をおススメします。

チャンギ空港JAL指定ラウンジSATS PREMIER LOUNGEを詳しくレポート!

シンガポールの基幹航空会社は、何と言ってもシンガポール航空。自ずとスターアライアンスが優遇されるのは言うまでも無い事ですよね。豪華絢爛なシンガポール航空ラウンジと比べるとワンワールドのラウンジは見劣りしますが、それでも入れるラウンジを3つ4つと選べるのは贅沢な話。

次回もシンガポールから出発の際は、是非早めにチェックインをしてラウンジのハシゴを楽しみたいものです。下記の「カンタス航空ラウンジ」も併せてご覧下さい。

★こちらも合わせてどうぞ→世界の空港ラウンジ 一覧