Amazonで買った格安Windows7のライセンス無効を解消!その方法とは?

windows764

私が10年来愛用しているノートPC、そのOSが何世代も前のWindows Vistaだった為、この度Windows 7に切り替える事にしました。

現在のウィンドウズの最新OSは「10」ですが、私はタッチパネル風のデスクトップが嫌で、現在メインで使用している2台のPCはいずれも「7」。以前Windowsが強制的に7→10へアップグレードさせようとパッチをしつこく送り付けてきた際も、何とか「7」を死守して使い続けています。

今回、Windows 7をAmazonから購入したのですが、不覚にも“ライセンス無効”の表示が出てしまいました!しかし、その後無事に解決!今回はその方法についてお伝えしようと思います。

意外と安い?Windows 10の価格

いつも思うのですが、PC関連ソフトウェアの価格ってほんと高いですよね。OSに限らずどのPCソフトでもそうですが、庶民が日常的に使用するものに定価5万円や6万円なんて、どうかしてますよ。

windows10の価格

でもWindows 10のOSは意外に安くてビックリ!3~4万円を想像していましたが、公式HPに記載された「10」の価格を見てみると2万円切っていました。ウィンドウズも少しは勉強したのかな?まぁ7から無料UPを促すくらいだから、このくらいが妥当なのかも?

でも私は長年使い慣れたWindows 7が欲しかったので、Amazonで探す事に。Amazonには数え切れない程の7が出回っていて、下は2千円台から上は3万円台まであって様々。あまりに安いと海賊版を掴まされる恐れがあるので、妥当であろう価格(8100円)の店から購入しました。

購入したのは64bitで“日本語 DSP版 紙パッケージ版”と書かれたもの。中には特定のメーカーPCでしか動かないOEM版も出回っているそうなので、注意が必要です。

海賊版かどうかを見分けるポイントは?

windows7紙パッケージ

注文から数日後、届いたWindows 7がコチラ。パッケージや封のシールを見る限りでは、何も怪しい所は見られませんね。

windows7正規品

windows7海賊版のディスク

正規品と海賊版との見分け方について、ライセンスシールのホログラムとディスク中央部分にある矢印マークの有無が挙げられますが、これらはいずれも問題なし。

windows7販売店からの案内書

ただ、気になるのはこの販売店からの案内書。Amazonのレビューを5星にすると、もれなくOffice 2016をプレゼントしてくれるというもの。しかもちょっと下手な日本語ですし、これはかなり怪しいですよね。

確かに同店のレビューを見てみると殆どが星5つ、肯定的な評価は99%となっていましたが、これが原因なのかとナットク…。

一旦は認証が通るも…

windows7の認証

販売店の怪しさはあるものの、いざインストールしてみるとライセンスキーもすんなり通って、何事も無く無事に認証完了!正規版が安く手に入って良かったと、そう安堵していたのですが…

windows7の認証無効

しかし一週間ほど経って見てみると、認証無効の表示が!再度プロダクトキーを入力するも、同じ様に数日後また無効の表記が出てきてしまいます。これを2~3度繰り返すも、結果は変わらず。こういう場合Amazonへ報告すれば返品・返金は可能ですが、なにより8千円も出して海賊版を掴まされた事がショック…。

マイクロソフトに報告をする

しかし口コミによると、こういった認証の通らない製品を購入してしまった際は、マイクロソフトに報告して現品を送ると、正規版と交換してもらえるらしい。それを信じて、マイクロソフトHPの「偽造ソフトウェアの報告」ページから報告してみる事にしました。

マイクロソフト偽造ソフトウェアの報告

報告のページでは購入したOSの種類を入力し、その後個人情報などを入力していきます。あまりにも安価での購入や、プロダクトキーそのものが無効になっている場合は却下されるそうですが、多くの場合は報告後にマイクロソフトからメールが届いて、救済措置を提案されるのだそう。

中にはHome Premiumを送ったところ、最上級グレードのUltimateが送られて来たという神対応を受けたという報告もあり、これはちょっと期待できるかも!?

マイクロソフトサポート

しかしそれは甘かった!メール返信の目安は2週間程度らしいのですが、1ヶ月以上待っても何も音沙汰なし…。結局、その後いくら待ってもメールが届く事はありませんでした。

この“無償交換”の情報があまりにも出回ってしまった為か、わざと安価で海賊版を買って正規品に交換させるという悪質な輩が多発した事は容易に想像できますが、そもそも基本的なサポートの終了したWindows 7が救済されるほど甘くは無いのかもしれません…。

その後、認証が通る様になった!

諦めて購入したWindows 7をAmazonへ返品しようと思いましたが、マイクロソフトへ報告を送信後、何故かライセンス認証が通る様になっていて、それ以降“無効”の表示が出る事は一切無くなりました!今も購入から半年以上が経ちましたが、何の滞りも無く使用する事が出来ています。

これは、何かしらの救済が成されたのかもしれません。それならそうと報告してくれても良いのに…。

windows7os (3)

何はともあれ、結果的に8100円でWindows 7をGetする事ができました!確実な事は言えませんが、格安のWindows OSを購入して認証“無効”の表示が出てしまった場合は、海賊版だと思って諦める前に、一度マイクロソフトのサポートを当たってみる事をおススメします。


カテゴリー

その他おススメの記事