「世界遺産」ポルト歴史地区で絶景スポットを巡る旅!

porto-view-spot

今回は、昨秋訪れたポルトガルの「ポルト」で観た絶景スポットを中心に、世界遺産の街の見所を幾つか挙げていきたいと思います。

高低差のある特徴的な地形をしたポルトの街は、街を一望できるViewスポットが沢山あって、その景観の美しさは一級品!ヨーロッパ屈指の絶景が楽しめる素敵な街です!


ポルト歴史地区の街並み

今回訪れたポルトは、首都リスボンから北へ300kmの所にあるポルトガル第2の都市。2000年の歴史を持つ古都としても知られていて、「ポルト歴史地区」として世界遺産にも登録されている街です。

porto-view-spot/一望

ドウロ川の北側に広がる旧市街を中心に、カラフルな赤い屋根の建物がひしめく美しい街並み!対岸には、ポートワインのワイナリーが集まるヴィラ・ノヴァ・デ・ガイア地区があります。

porto-view-spot/迷路の様な街並み

この美しい旧市街を歩いてみましたが、細い路地が入り組んだ迷路の様な所が多く、まるで異世界へ迷い込んだかの様な不思議な感覚になる事も。地図を見て歩かないと、迷ってしまいそう…!

porto-view-spot/街の階段

また、ポルトの街は川沿いの切り立った崖を切り開いた様な地形になっている為、特に川に近い地区は急な坂道や階段ばかり。地図上ではすぐ側にあっても、かなり遠回りしなければならないケースもしばしばで、少し散策するだけでかなり疲れてしまいました…。

porto-view-spot/階段からの景色

ただ、その高低差の甲斐あって、景色の美しさは一級品!カラフルな建物の隙間からドウロ川沿岸の絶景が垣間見えたり、また対岸の建物群が一同に見渡せるなど、ポルトの地形ならではの絶景が楽しめます!

porto-view-spot/サンセット

街中のふとした所に見られた情緒溢れるサンセットも素敵!これはサント・イルデフォンソ教会の前にあるT字路から撮ったものですが、同じくカメラを構えた観光客が沢山いてちょっとした撮影スポットになっていました。

歴史地区にある教会の数々

porto-view-spot/サンフランシスコ教会

歴史地区にある見所の一つとなっているのが、築100年を超える歴史的な教会の数々。私も幾つか巡ってみましたが、中でも川岸に近い所にある「サンフランシスコ教会」は、13世紀からの長い歴史を持つバロック様式の教会で、その金で覆われた豪華な内装は見事!

porto-view-spot/クレリゴス教会

また、同じくバロック様式の「クレリゴス教会」は、重厚な大理石と洗練された内装が魅力!この教会には高さ76mの塔が併設されていて、有料で登る事が出来ます。

porto-view-spot/ポルト大聖堂

その他、ポルトで最も古い建造物としても知られる「ポルト大聖堂(カテドラル)」は、スペインやポルトガル地方でしか見られない様な、イスラムちっくなゴシック様式の回廊が見もの。

ロマネスク様式の外観でありながら、内装には様々な建築様式を見る事が出来ます。

美しいタイルの「アズレージョ」

porto-view-spot/アズレージョ

ポルトの観光で目玉の一つになっているのが「アズレージョ」。これは、装飾や絵画が描かれたタイルの事で、15世紀頃にポルトガルで始まったとされる工芸技術です。

porto-view-spot/アルマス礼拝堂

ポルトの街を歩いていると、至る所にこの色鮮やかなアズレージョが装飾された建物を目にします。例えば、ボリャオン市場の斜め向かいにある有名な「アルマス礼拝堂」もその内の一つ。

porto-view-spot/サンベント駅

また、世界で最も美しい駅の一つとされている「サン・ベント駅」の構内には、壁一面に渡る大きなアズレージョが!ここには占めて2万枚ものタイルが使われているのだとか。

porto-view-spot/カテドラルのアズレージョ

上記のポルト大聖堂(カテドラル)の中にも、壮大なスケールのアズレージョがギッシリ!使われているタイルの数は、サン・ベント駅をも遥かにしのぐ程です。

アズレージョ美術館

尚、アズレージョについて詳しく知りたい場合は、首都リスボンにある「アズレージョ美術館」へ行くのがベスト!歴史的に貴重な作品も多く、なかなか見応えのある所でした。

二層構造のドン・ルイス1世橋

porto-view-spot/ドンルイス1世橋

さぁそしてポルト最大の景観地が、コチラのドウロ川に掛かる大きな橋「ドン・ルイス1世橋」。19世紀に建設されたおよそ45mの橋で、上下2層の構造になっています。

フランス・パリのエッフェル塔を手がけたギュスターヴ・エッフェルの弟子が設計したとあって、鉄骨の構造などがかなり似ていますね。

porto-view-spot/ドンルイス1世橋の歩道

2層構造の上段はメトロの通り道にもなっていますが、橋の両側には歩道があって、ここからドウロ川が一望できます!高さがあるので、眺望の良さは一級品!

porto-view-spot/メトロの車内から見る景観

尚、この区間を走るメトロは橋を渡る際に徐行するので、メトロの車内から景色を望む事も出来ます。

ドゥエロ川の絶景が美しい!

porto-view-spot/景観スポット

このドン・ルイス1世橋の掛かるドウロ川沿岸はポルトきっての絶景スポットで、赤い屋根の建物とのコントラストが見事!この日は夕暮れ時に訪れましたが、神秘的なサンセットの絶景にウットリ!

porto-view-spot/ゴンドラリフト

この沿岸にはゴンドラリフトが通っていて、川の南側(ヴィラ・ノヴァ・デ・ガイア地区)の橋の袂に乗り場があります。今回私は乗りませんでしたが、橋の上からとはまた違った景色が望めるかもしれません。

porto-view-spot/ワイナリーの船

また、この川はポートワインを運搬する運河としても利用されているそうで、沿岸にはワイナリーの名前の入った旗を掲げた帆船が停泊していました。こんな光景が見られるのもポルトならでは!

ヨーロッパ有数の景観地はおススメ!

porto-view-spot/夜景

と言う訳で、ポルトで見られる絶景を幾つかご紹介しましたが、今思えば今回訪れた中で最も景観に優れていたのはこのポルトだったかもしれません。美しい景色に浸りながら美味しいポートワインに浸る、そんな至福の時間を過ごせる素敵な街に皆さんもぜひ出かけてみて下さい!

♪ポルトに関する全ての記事一覧はコチラ→ポルト