ワイナリー CALEM(カレム)チケットと見学ツアーを詳しくレポート!

calem

ポートワインのワイナリーが軒を連ねるポルトガルのポルト。今回は、ポルトガルで最大のシェアを誇るポートワイン「CALEM」のワイナリー見学ツアーへ参加、その申込方法やツアーの内容について詳しくレポートしていきたいと思います!

ポートワインで最大のシェアを誇ると言うCALEMのワイナリー見学ツアー。テイスティングの他、ポルトガルの伝統歌謡「Fado」のコンサートが付いたプランもあります。


1859年創業の老舗ワイナリー

ワイナリーCALEMの場所はココ。ドウロ川の南側、ヴィラ・ノヴァ・デ・ガイア地区のワイナリーが集うエリアにあります。

旧市街方面からメトロでアクセスする場合、最寄のJardim do Morro駅は高台にある為、沿岸にあるCALEMまではかなり時間が掛かるので注意が必要。

porto-calem/場所

1859年創業のCALEM。建物は創業当時のまま残っているそうですが、ペンキが塗り返られている為か比較的新しく見えますね。建物正面中央にエントランスがあります。

事前に公式HPから予約

porto-calem/公式HP

今回のワイナリーツアーは、事前に公式HPから予約して行きました。

予約方法はとても簡単で、HP上のBUY TICKETSから入って希望のスケジュールを選択、クレジットカード決済でPDFチケットがメールで届きます。

porto-calem/2種類のツアー

ツアーには主に2種類あって、一つは見学ツアーとテイスティングのみ。もう一つはこれに加えてFADO(ファド)のコンサートが鑑賞できるというもの。前者は10:00~17:40の間20分おきに開催されていますが、後者は18:30スタートの1日1回のみ。言語はポルトガル語に加え、英語・フランス語・スペイン語から選べます。

porto-calem/オプショナルツアー

また、これらに加えて特別なオプションが付いたプランもある様ですが、この時はまだ開催されていませんでした。

いずれも、ツアーは当日でも空きがあれば参加可能な様ですが、スケジュールを見ていると数日前にはSold outしている日も多いので、事前予約が吉!

集合時間までミュージアムを見学

porto-calem/レセプション

さて、エントランスから中へ入ると正面にレセプション。ここでチケットを提示して受付を済ませます。今回は、Fado鑑賞付きの見学ツアーに参加、費用は€21です。

porto-calem/ミュージアムの自動改札

レセプションの奥へ行くと自動改札があり、この奥はミュージアムになっています。このミュージアムはツアーのチケットで入場可能、ツアー開始時刻の18:30になるまで自由に見学して良いよと言われました。

porto-calem/ミュージアム

porto-calem/ポートワインの図

porto-calem/ポートワインの色見比べ

ミュージアムはちょっと広めのワンフロアで、CALEMのポートワインに関する資料が展示。展示品はそれほど多くは無く、パッと見であれば5分程度で見終わる程です。

見学ツアーは30

porto-calem/見学ツアー開始

さぁそして18:30になり、いよいよ見学ツアーの開始!言語別に声が掛かってレセプション横のエリアに集合、英語の参加者は30名位いました。

porto-calem/ツアー

ツアーの所要時間はおよそ30分。感じの良い親切なツアコンが、ポートワインの製造工程を中心に種類や味、色合いの違いなどを詳しく解説していきます。

porto-calem/蒸留所

porto-calem/樽を使って解説

内容としては、先ほど立ち寄ったミュージアムに展示されているものとあまり遜色無いですが、ワインの熟成樽にスライドを表示して解説するなど、ちょっと凝った演出もあってなかなか楽しめました!

ファドの鑑賞とテイスティング

porto-calem/テイスティングルームへ移動

見学ツアーが終わると、そのままテイスティングルームへと誘導。テーブルには、予め2種類のワインとクラッカーがセットされています。

porto-calem/テイスティングルームの全容

このテイスティングルームは100名以上収容できる程の広さがあり、そのままFadoの鑑賞室にもなっています。奥にステージがあり、テーブル配置はステージに近い側が縦の並びで、後方は横。

好きな席は選べず、ツアーのグループごとに指定されてしまいます。

porto-calem/Fadoのステージ

後でステージを見に行ってみると、樽を使ったワイナリーらしい造り。ステージの高さがあまり無いので、後方席だとかなり見え難くなってしまいます。

porto-calem/ステージの眺望

実際、私が参加したグループは一番最後だった様で、運悪くステージから最も遠い席へ案内…。満員御礼の館内では、歌手の姿が殆ど見えませんでした…。

porto-calem/Fado

それでもショーの質は悪くなく、初め女性歌手と男性歌手が交互に歌い、最後にデュエットを披露。特に芯の太い声の女性歌手はカーペンターズにも似た歌声で、なかなか味のあるFadoを聴かせてくれました!

後方の席とは言え、音響が優れている為か音のバランスも申し分なし。

2種類のポートワインを飲み比べ

porto-calem/テイスティングワイン

一方、テイスティング出来るポートワインはこちらの2種類。どちらもCALEM製のポートワインで、10年物のTAWNYとノンエイジのFINE WHITE。

porto-calem/2つのワインを飲み比べ

ワイナリーで飲むポートワインとあって、さぞ深い味わいなのかと期待していましたが、FINE WHITEは味も薄いし余韻も無し。しかし赤いTAWNYの方は豊潤な風味で美味しいです!

種類の違いはあれど、やはりノンエイジの白はポートワインであってもあまり上質な味は期待できないのでしょう。

porto-calem/ツアー終了

ツアーは、Fadoが始まる前の解説を最後に終了。見学に30分、テイスティングとFadoコンサートが45分、合計1時間15分のツアーでした。

ミュージアムショップはちょっと割高

porto-calem/ミュージアムショップ

最後に、出口付近にあるミュージアムショップをチェック!19:45にFadoが終わった後このショップも20:00で閉まる為、買い物がある場合は急いで来る必要があります。

porto-calem/ショップの品揃え

porto-calem/TAWNYの価格

品揃えは言わずもがな、CALEMのありとあらゆるポートワインが勢ぞろいですが、価格は幾分割高。

例えばテイスティングにもあった10年物のTAWNYは、フルボトルが€21、ハーフボトルが€13.7ですが、この後に訪れたポルト市内のスーパーではフルボトルが€17.49で売られていました(参考→ポートワインが安い!ポルトのスーパー Continente へ潜入/ポルトガル

porto-calem/お試し品

複数の銘柄が試せるテイスティングセットもありますが、こういった物もスーパーで売られているので、特にここで買う必要は無いかなと。まぁ記念にはなるかもしれませんが…。

気軽に参加できるワイナリーツアー

porto-calem/営業時間

と言う訳で、ワイナリーCALEMの見学ツアーに参加してみましたが、テイスティングできるワインが2種類しか無いのはちょっと残念な所。でも本格的なFadoも楽しめますし、初めてポルトを訪れるという人には良いかもしれません。

CALEM

  • 住所:Av. de Diogo Leite 344, 4400-111 Vila Nova de Gaia
  • 営業時間:10:00~20:00
  • ホームページ(見学ツアー予約)はコチラ

♪ポルトに関する全ての記事一覧はコチラ→ポルト