ブダペスト「地下鉄・トラム・バス」詳しい乗り方!路線MAPと運賃

地下鉄やトラム、バスなど交通網が発達したハンガリーの首都ブダペスト!今回は、その乗り方やチケットの買い方等について詳しくご紹介していきたいと思います。


ブダペストの市内交通と路線MAP

ブダペスト市内交通

ブダペストの市内を走る公共交通機関は、主に地下鉄(メトロ)、トラム(路面電車)、バス(トロリーバス含む)の3種類。いずれもBKK(ブダペスト交通局)によって運営されていて、運賃体系も共通。

budapest-transport/トラムの種類

トラムは黄色い車体が特徴で、低床の新型車両の他、ウィーンやプラハでも見られるちょっとレトロな車両も走っています。ドナウ川沿いを走る2番のトラムもレトロな車体で、こちらは特に観光客に人気!

budapest-transport/メトロ

一方、地下鉄はM1~M4の4路線。白い車体が特徴ですが、路線によって仕様が微妙に異なります。中でもM1は1896年開業の古い地下鉄で、東京を走る銀座線の様な形をしています(これについてはまた別の記事で)。

MAP

路線MAPはコチラ。BKKの公式HPには様々なタイプのMAPが用意されているので、見易いものをダウンロードして使うと良いと思います。

チケットの種類と運賃

budapest-transport/券売機

続いて、チケットの買い方と運賃について。BKKの共通チケットは、地下鉄の駅構内にある券売機で購入する事が出来ます。

budapest-transport/チケットの種類

券売機はタッチパネル式で、英語切替対応。マークで表示されているので分かり易いですし、価格も一緒に表示されているので安心です。

主なチケットの種類は次の通り。

  • Single ticket…1回の乗車
  • Transfer ticket…他の交通へ乗り換えを含む1回の乗車
  • Short section metro ticket…3駅区間のみ乗車可能(地下鉄に限る)
  • Block of 10 tickets…Single ticket が10回使える回数券
  • 24-hour travelcard…24時間有効
  • 72-hour travelcard…72時間有効
  • 7-day travelcard…7日間有効

この内、Transferチケット及び24時間~7日券に関しては、他の交通への乗り継ぎ(地下鉄⇔トラムなど)が可能。それ以外のチケットは不可能ですが、後戻りしない行程に限り地下鉄線同士の乗り換えは出来ます。

budapest-transport/氏名入力

尚、7日券に限っては購入時に氏名またはID(パスポートNo.など)の登録が必要で、使用の際はそれらが記載された証明書の携帯が義務付けられています。

何れも券売機で購入の際に入力出来ますが、氏名を入力しようとしたらハンガリー語の特殊なアルファベットになってしまったので…、私はパスポートNo.を登録しておきました。

budapest-transport/券売機の決済画面クレジットカード

決済は、現金またはクレジットカードで。私の持つJALカード(Master)も難無く決済出来ました!

地下鉄の乗り方

それでは実際に購入したチケットを使用して、先ずは地下鉄へ乗車してみましょう!

budapest-transport/改札

budapest-transport/改札機

budapest-transport/改札機

ブダペストの地下鉄には改札口が無く、代わりにセルフ式の改札機があるので、これに購入したチケットを差し込んで打刻を行ってからホームへと向かいます。Transfer Ticketの場合は乗車するごとに打刻が必要。

ウィーンやプラハと同じシステムですが、打刻を忘れると無賃乗車扱いになって罰金を取られるので要注意!

budapest-transport/チケット

但し、24-hour travelcard 等サイズの大きなチケットは打刻の必要が無く、購入したままの状態で乗車可能。改札機の溝にチケットが入らないので、すぐ分かるかと思います。

  • Single ticket…80分(深夜バスは120分)
  • Transfer ticket…100分(2回目の打刻からは80分)
  • Short section metro ticket…30分

尚、チケットには有効時間があるので、それまでに最終目的地まで到着する必要があります。

プラットホームと地下鉄の車内

budapest-transport/エスカレーター

打刻を済ませたら、エスカレーターに乗ってプラットホームへ。ロシアほどではないですが、区間によってはなかなか深い所を走るブダペストの地下鉄。

budapest-transport/プラットホーム

プラットホームはどの駅もゴミ箱が設置されており、ゴミ一つ落ちておらず綺麗で清潔!治安の悪さも一切感じません。ホームには停車駅の書かれたプレートがあるので、これを見て降りる駅を確認します。

budapest-transport/車内

列車の車内も綺麗で清潔!ドアボタンが付いていますが、私が乗車した限りではどの路線も全ての扉が勝手に開きます。

車内アナウンスは一応ありますが、乗り換え駅でない限りハンガリー語のみなので、ちょっと聞き取り難いかも…。

budapest-transport/出口

目的の駅に着いたら、Exitの表示に従って出口へ。もちろん検札は無いので、何の手続きも無く出口を出ればOKです。

トラムの乗り方

budapest-transport/トラムの乗り方

続いてトラム(路面電車)の乗り方について。トラムに関しても乗り方はウィーン等と一緒で、乗車・降車の際の検札は無し。扉はドアボタンを押して開ける必要があります。

budapest-transport/トラムの改札機

乗車したら、すぐに車内にある改札機でチケットに打刻。チケットは車内で購入は出来ないので、予め地下鉄駅の券売機で購入しておく必要があります。

budapest-transport/トラムの車内

車内はこちらも清潔そのもの!低床では無いレトロな車両でも、車内はリニューアルされて新しい造りです。車内放送はハンガリー語のみ。

budapest-transport/ドアボタン

降りる駅が近づいたら、ドア付近にあるドアボタンをプッシュ。到着次第、ボタンを押したドアが自動的に開きます。

バスの乗り方

budapest-transport/バスの乗り方

最後に、バスの乗り方について。バスもトラムや地下鉄と同様に信用方式ですが、バス停から乗車の際は手を挙げてバスを止める必要があります。

budapest-transport/バスの車内

乗車は基本的に前の扉から。運転席横に設置された改札機にチケットを通して打刻します。24時間券等の場合は何もせずに乗車してOKですが、私は一応チケットを提示して乗るようにしました。

尚、バスに限ってはSingle ticketのみ運転手から購入する事も出来ますが、その場合は車内運賃が適用されて450Ft.となるので注意が必要。

検察員がうようよ…

budapest-transport/検察官

と言う訳で、ウィーン等と同様のシステムが採られたブダペストの交通機関ですが、私が訪れた時は地下鉄の駅構内に必ずと言って良いほど検察員が居て、チケットの提示を求められました。

トラムに乗っていても頻繁に検察官がやって来ますし、よっぽど不正乗車が多いのでしょう。

budapest-transport

勿論、きちんと有効なチケットを持っていれば何の心配も無いですが、”間違えた”では済まされないので、チケットの購入はくれぐれも慎重に!24時間券などの乗り放題チケットであれば余計な心配は要らないので、多少高くついてもその方が良いかもしれません。