ウィーンフィルNew Year Concert 2017チケット抽選結果の通知が届きました

ed82df3d-s

タイトルの通り、ウィーンフィルからチケット抽選結果の通知メールが届きました

世界的に入手困難な事で知られる「ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート」のチケットは、100万円を超えるツアーや、定価の数倍のプレミア価格が付く事で知られていますが、毎年チケットが“定価”で購入できる抽選申し込みが行われており、私も申し込みをして結果を待っていました。(⇒【ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート2017】チケットが定価で買える抽選申し込み

落選メール

結果は…やはり撃沈!言わずもがな、世界中から申し込みが殺到しているので、当たる訳ありませんね。1月1日のニューイヤーだけでなく、前日の「イヴ・コンサート」や「プレビュー・コンサート」ですら、掠りもしません。このまま生きているうちに当選する事はあるのか…

立見なら¥35,000で鑑賞可能…

定価購入の道が絶たれたとなると、チケット代理店等から購入する事になりますが、海外チケット手配のMujikReisenが販売した、前回(2016年1月1日)公演のチケット販売価格を見ると、立見席は€250とあり、手配手数料合わせて¥35,000くらい出せば、とりあえず最低限“黄金の間”でニューイヤーコンサートを鑑賞出来るという事になります。

ウィーンフィル・ニューイヤー チケット手配 (7)

ちなみに、ムジークライゼン販売の最安「第8」「第9」カテゴリーは€1,500となっていますので、座席に座って鑑賞する為には最低でも¥200,000かかる事になります。第9カテゴリーの定価は€260ですから、実に7倍…。

楽友協会ホール (1)

しかし、以前にも述べたと思いますが、楽友協会ホールは「第一カテゴリー」と言えども“バルコニー席”で聴くと音響はイマイチ…。やはり平土間で聴きたいものですが、第一カテゴリーのプレミア価格(€4,500)は流石に出せません。

ウィーンフィル

でも何だかズルイですよね…、全てのチケットを平等に抽選販売すれば良いものの、こうやって“中間マージン市場”を意図的に作り出している訳ですから。チケットには定価があって、その価格に見合ったサービスを受けるものですし、Webを通じて個人が販売元と直接やり取りが出来る今の時代、その数倍もの費用に対して価値を見出せるものではありません。

他にもっと手ごろな入手方法が無いか、調べてみたいと思います。

関連記事


カテゴリー

その他おススメの記事