ハバロフスクの旅行ガイドと一人旅のすすめ!街歩きと市内交通、治安など

このページでは、極東ロシア「ハバロフスク」に関する旅行記事を項目ごとに並べ、観光ガイドとしてまとめています。これまでに訪れた観光スポットやレストランのレポートなど、次の旅行にお役立て頂ければ幸いです!

ハバロフスクの概要、街歩き

ハバロフスクは、極東ロシアの中部にある都市の一つ。ウラジオストクの様な観光に力を入れている街では無い為、日本からの直行便は週3便程度と少ないですが、街の規模はそれよりも大きく、周辺地域における経済の中心地として栄えています。

シベリア鉄道で訪れた極東ロシア最大の都市ハバロフスク。先ずはハバロフスクがどんな街なのか、目抜き通りを中心に見ていきたいと思います!♪こちらも合わせてどうぞ→「ハバロフスク」記事一覧と旅行ガイドハバロフスク駅から続くアムールスキー通りハバロ

主な観光スポットとしては、教会や美術館・博物館が幾つかある程度ですが、街中が綺麗に整備されていて治安も良いので、カフェ等を巡りながらのんびり街歩きをするのもおススメ!

物価が安いのも魅力の一つで、カジュアルレストランであれば3コースにドリンクが付いても3,000円程度、ランチであれば1,000円以下で美味しいロシア料理が食べられる店もあります。

市内交通(バス・トラム)と空港アクセス

ハバロフスクの市街地はおよそ3km四方の広さがあり、特にハバロフスク駅から市街中心部までは結構距離があるので、公共の交通機関の利用は必須。市内交通にはバスとトラムの2種類ありますが、どちらも30円程度で手軽に利用する事が出来ます。

今回は、ハバロフスク市内を走るバスやトラムの乗り方について、詳しくレポートしていきたいと思います!運賃は1回42円程度。路線も充実しているので、使いこなせればコスパ最高!ルート検索が出来るサイトやアプリもあって便利です。♪こちらも合わせてど

市内のバス(トロリーバス)は、中心部からおよそ8km離れたハバロフスク空港にも乗り入れていて、所要時間はおよそ40~50分。バスやトラムの乗り方については上記の記事をご覧下さい。

主な観光スポット

ハバロフスク市街の西側には、川幅およそ1kmのアムール川があります。冬は一面に氷が張って凍結するそうですが、夏場は長閑な景色が広がっています。今回は、夏季の間だけ営業している遊覧船に乗って、クルージングを体験!どの様なアトラクションなのか、
今回は、極東ロシアのハバロフスクで【ロシア正教会】を初体験!ウスペンスキー教会をはじめ、ハバロフスクには幾つか教会がありますが、服装等に注意すれば誰でも中へ入る事が出来ます。カトリックとは異なるロシア正教会の世界がどの様なものか?レポートし
ハバロフスクにある唯一の本格的な美術館が【極東美術館】。ここはエルミタージュ美術館(サンクトペテルブルク)などから寄贈された作品も多く、極東ロシアでは主要な美術館の一つに数えられているそうです。どの様な作品が観られるのか?内装やチケット価格

買い物(スーパーマーケット)

ハバロフスクの市内で大型スーパーマーケットを探していた所、ハバロフスク駅に程近い所に「НК СИТИ」という大型SCを発見。行ってみると、地下に品揃えの充実したスーパーがあって、食料品等がとてもお買い得!缶詰等の保存食品も沢山揃っているので

レストラン(写真付きor日本語メニュー有り)

ハバロフスクで日本語メニュー有りのレストランを検索した所、ウスペンスキー教会に程近い所に「Русский(ルースキー...
今回は、ハバロフスクでランチに利用したカフェДосытаевский(ドシタエフスキー)をレポート!観光客向けの店ではないものの、カジュアルな内装で“おひとり様”も多く、一人でも気軽に利用する事が出来ました!価格もリーズナブルで味も良し!写
ハバロフスク滞在最後の夜にディナーで訪れたのが、ヨーロッパ料理店「チャオ・カカオ(Чао-Какао)」。英語が通じない様な地元民向けのレストランですが、写真付きメニューで分かり易く、料理の味も上々!24時間営業なので、夜遅くの食事でも安心

ホテル宿泊レポート

ハバロフスクで宿泊したのは、Enigma Hotel(エニグマホテル)。ここはハバロフスクに徒歩で行ける利便性の良い...

シベリア鉄道の旅

世界最長9289kmを走破するロシアのシベリア鉄道。ウラジオストクからモスクワまで6泊7日かけて走る「ロシア号」をはじめ、様々な列車が運行されていますが、シベリア鉄道の中継地点ともなっているハバロフスク駅にも多くの列車が乗り入れています。

ネットでチケットが買えるので、予約は驚くほど簡単!詳しくは以下の特集ページをご覧下さい。

このページでは“個人旅行”で行く「シベリア鉄道」の旅について、チケット手配の方法や列車内の設備など、これまでの記事を元にまとめています。バス・トイレ付きの豪華な特等車をはじめ、一人旅でも安心の2人部屋を一人で独占する方法など、私が実践した優
ロシア横断の旅、ハバロフスクの次はシベリア鉄道でバイカル湖近くの街「イルクーツク」を目指します!今回は、乗車駅となるハバロフスク駅のレポート。駅の外観や駅舎の中、待合室などチェックしていきたいと思います。♪こちらも合わせてどうぞ→「ハバロフ

「ロシア個人旅行」トップページへ

その他の国の旅行ガイドを見る