十割そばが美味!地元民も通う信州蕎麦の名店「種村」/長野県・松本

長野県の松本に滞在中、連日の様に信州蕎麦の店を食べ歩いていますが、その中でも特におススメしたいのが「そば処 種村」。

ここは地元民も多く訪れる名店の一つなのですが、2種類の麺つゆに加え壷焼塩だけで食べるという独特のスタイルで提供される信州蕎麦は、鋭いコシと豊かな風味でとても美味!

信州木曽の開田高原産の蕎麦の実から作ったという拘りの自家製蕎麦。松本へ来たら絶対に味わうべき、そんな信州蕎麦の店をレポートします!


「信州そば切り」認定の店。地元民も多く来店

「そば処 種村」の場所はココ。松本駅から東へ1kmほどの県道(大橋通り)沿いにあります。駐車場も完備されていて、道路を挟んだ向かい側に5台分の駐車スペースがあります。

営業は基本的にランチタイム(11:00~14:30)のみ(金・土は17:30~20:00も営業)で、木曜日が定休。

この店は、信州産のそば粉のみを使った手打ち蕎麦の店にだけ贈られる「信州そば切りの店」の認定を受けているそうで、真の意味での“信州そば”が食べられる店という事になりますね。

店内は、ヒノキをふんだんに使用した温か味のある内装で、2人掛けと4人掛けのテーブル席が2つずつとカウンターが数席。

11時の開店と同時に入店しましたが、次々と来店が相次いで11:30には満員御礼!客の多くが店主と親しげに話していたので、恐らく地元民が殆どだと思われますが、これはかなり人気店であると言う証拠ですね。

蕎麦は八割or十割、一品料理もある

この店のメニューですが、基本的な蕎麦(せいろ)は八割か十割の二種類。それぞれ異なる量が選べる他、そばの実雑炊などが付いた定食、「すんきそば」「とうじそば」といった木曽地方の伝統料理、そして一品料理もあります。

来店時にはお茶やおしぼりに加え、おしんこのサービスがあるのは嬉しい所!内装も綺麗ですし、こういう+αのサービスが出来るというのは普段から盛況であるという証拠でしょう。

2種類の麺つゆと塩で頂く美味しい十割そば!

私が注文したのは勿論、この店自慢の「十割そば」。店主から食べ方について指導があり、先ず初めにテーブルに付属の壷焼塩のみを付けて食べ、その後に2種類の麺つゆで頂きます。

この2種類の麺つゆは、それぞれ「香りつゆ」と「甘みつゆ」。前者は酸味が強くて後者は甘みが強いのですが、どちらも蕎麦の味を損なう事なく上手い事引き立ててくれます。

逆に、市販の麺つゆと比べてかなり薄味なので、蕎麦湯を入れて飲む時は少量に留めておくのが良いでしょう。

そしてこの十割そば、しっかりとしたコシと歯応えがあり、小豆の様な香ばしい香りが引き立ちます。舌触りも良いですし、これは本当に上質な蕎麦!

ただ、蕎麦の風味を存分に味わおうと思って初め塩で食べてみましたが、どうしてもしょっぱさが勝ってしまうのは否めないところ。逆に2種類の麺つゆで頂いた方が、蕎麦の味が引き立って美味しいです!

尚、蕎麦と一緒に「蕎麦刺し」をサービスで頂きましたが、こちらもしっかりした歯応えがあってGood!蕎麦と共に注文した「蕎麦豆腐」は練り物の様な食感ですが、ワサビとの相性抜群です。

信州蕎麦の名店、ここへ来れば間違い無し!

と言う訳で、地元民も多く来店する信州蕎麦の店「種村」。ここへ来れば間違いない、そんな名店を見つける事が出来て良かったです!来店の際は、ぜひ開店と同時に入店する事をおススメします。

そば処 種村

  • 住所:長野県松本市中央3-9-4
  • 営業時間:11:00~14:30(金・土は17:30~20:00も営業)
  • 定休日:木曜日
  • ホームページはコチラ