長期の海外旅行保険はクレジットカードが断然お得!年会費無料でも使えるカードは?

creditcard (3)

今回は、海外旅行保険に関する話。今年は、20日間を超える長期の海外旅行の計画があるのですが、普段使っている保険で見積もりを出してみた所、その高額な保険料にビックリ!

短期だと安いのに、長期になると数倍に跳ね上がる海外旅行保険の保険料。そんな高額な保険料を回避する為に、是非とも活用したいのがクレジットカードの付帯保険です!


バカに出来ない海外旅行の「治療費」

海外旅行中に怪我や病気で医療にかかった場合の治療費については、非常に高額になる、と巷ではそう言われていますよね。

“サロン”の飲み過ぎで病院行き…JALカード保険を利用したイギリスの医療機関受診の経緯
今回は、JALカード保険を使った疾病治療の話です。先日の旅行では、ロンドンへ入国後ホテルに着いて間もなく、手...

これが嘘か誠か、私は以前ロンドンで日本人医師の医療にかかった事があるのですが、問診と簡単な血液検査だけでおよそ10万円!もちろんJALカード保険で賄ったので自腹は0で済みましたが、本当に恐ろしい話(詳しくは→“サロン”の飲み過ぎで病院行き…JALカード保険を利用したイギリスの医療機関受診の経緯)。

欧米でもし盲腸なんかになると、手術だけで500万円は軽く超えるという話も聞きますから、高額な治療費の保証は必須です!

海外旅行保険は長期だと割高!

そんな中、私がいつも利用しているのは、損保ジャパン日本興亜の「off」という海外旅行保険。

off (2)

以前「「JALカード保険」に保障を追加する方法。クレジットカード海外旅行保険を安くお得に強化する」の記事でもご紹介しましたが、この保険は“治療費は欲しいが死亡保障は要らない”という場合など、必要に応じて保証内容をオーダーメイドできるので、保険料の節約にもなって便利です!

保険料もまぁまぁ手ごろで、東南アジアへ数日間なら1,500円程度、ヨーロッパへ10日間でも2,300円ほど。何れも治療費2000万円の保証を選択してこの価格ですから、安いもんですよね。

off (1)

しかし、長期の旅行になるとたちまち跳ね上がる保険料にビックリ!例えばこれは同じオーダーメイドのプランでヨーロッパ20日間の場合ですが、治療費500万円保障だけをつけても保険料は10,000円を超えてしまいます!

10日間では2,300円、ならば20日間なら単純に倍になって4,600円…という訳では無い模様。流石に保険料に1万円超えは躊躇してしまいますよね…。

意外と少ないクレカの治療費保障

そこで、頼るべきなのがクレジットカードに付帯している海外旅行保険。クレジットカードなら、保持している限り旅行日数に関係なく保障されますし、追加の費用がかからないのでお得ですよね!

治療費は合算も可能ですから、既に持っているクレジットカードを幾つか合わせて、保障を充実させる事も可能。

jalcard

ただ、各社とも「治療費」に関しては充実しているクレジットカードが少ないのが現状です。旅行に特化しているはずのJALカードですら、年会費10,800円のClub Aカードで治療費保証は150万円止まり(JCBは300万)。

年会費の安いカードや無料のカードだと、治療費は全くついていない場合が殆どですし、中には“死亡保障1億円!”とか大々的に宣伝していても、肝心の治療費がひ弱だというクレジットカードは多いですよね。

まぁ上記のとおり、治療費の請求は私もこれまで2回ありますし、それだけ需要が高いという事。カード会社も、そうやすやすと治療費を上げる訳にはゆかないのでしょう。

治療費保障が充実のクレジットカード3選!

そんな中、意外と使えるのが「セディナゴールドカード」。昨年、ポイントサイトの高額ポイント狙いでGetしたものですが、年会費6,000円で治療費保障は300万円!

cedynacard

しかもこれ、自動付帯なのでカードを持っているだけで有効ですし、その他賠償責任(5000万円)や救援者費用(500万円)もなかなか充実!ゴールドカードなので、国内空港のカードラウンジへも入れますし、使わなくてもかなりお得なカードになっています。

当初は年会費がかかるのですぐに解約するつもりでしたが、これならずっと持っていても損は無いですよね。

american-express

また「セゾンブルー・アメリカンエクキプレス」なら、同じ治療費300万円の自動付帯がついて、年会費3,000円とかなりお得!空港ラウンジは入れませんが、こちらも持っているだけでメリットのあるクレジットカードの一つです。

epos

更に更に!エポスカードだと、200万円の治療保証(疾病は270万円)がついて年会費無料!こちらも自動付帯なので、持っているだけで有効ですし、これはかなりお得!

以上3つのクレジットカードを合わせると、年会費9,000円で治療費保証が800万円。20日間だろうが30日間だろうが、長期の海外旅行へ何度行ってもこの金額だけで済みますし、その都度申し込みの必要もなし!

一度の旅行だけで10,000円を超えてしまう様な海外旅行保険が、バカらしくなってしまいますよね。

短期の旅行でもクレカがお得!

という訳で、海外旅行保険について色々と見てきましたが、長期の旅行の際は一般的な海外旅行保険に入るよりも、治療費の充実したクレジットカードを複数枚持つ事、それが何よりもお得だという事が分かりますね。

短期の旅行であっても、年間に何度も海外へ渡航する場合はクレジットカードの方が断然お得!これから海外旅行の計画のある方は、是非参考にしてみて頂ければと思います。