Nescaféアンバサダーで掛かった費用とコーヒーの味をレポート!

nescafe-ambassador (7)

ここ最近、各ポイントサイトを賑わせていたのが「ネスカフェアンバサダー」の案件。手軽に淹れられるコーヒーマシンを定期便コースで申し込むと、高額ポイントがもらえるという案件ですが、ハピタスで一時期20000ポイントを超えていたので、私も試しに申し込んでみる事にしました!

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

「バリスタi」という名のコーヒーマシンが届き、自宅で淹れたてのコーヒーが毎日飲める様になった訳ですが、そのコーヒーの味や如何ほどか?また費用はどのくらいかかるのか?その辺りをレポートしたいと思います。


マシン無料のコーヒーサービス

Nescaféアンバサダーは、ネスレが提供するサービスの一つ。「バリスタi」というコーヒーマシンが無料で貸し出される代わりに、そのマシンで使える専用のコーヒーを2週間~3ヶ月の間隔での定期購入を申し込むというもの。

nescafe-ambassador

最近、TVCMも流れていましたし、各ポイントサイトでも2万ポイントを超える案件がゴロゴロ出されていたので、会員獲得にそうとう力を入れていた事が伺えますね。

個人で利用、担当者の訪問は無し!

ネスカフェアンバサダーは、基本的に職場など人の集まる所での利用を想定して貸し出しを行っている様ですが、会合等で定期的に人の集まる環境があれば、個人での申込も承っているとの事。

今回私は、もちろんハピタスのポイント狙いで申し込んだ訳ですが、一応“ピアノの自宅レッスンで人が集まる”という事にしておきました!

nescafe-ambassador申込手順

事前リサーチの情報では、申し込むと担当者が自宅に来て事情を聞かれ、その後漸く契約に至るという話があったので心配していましたが、私の場合は電話での確認のみで完了したのでひと安心!

別に根掘り葉掘り聞かれる訳でもなく、電話の内容の殆どがバリスタiの使い方やコーヒーの申込方法など、サービスに関する説明だけでした。

意外と嵩張るバリスタi

バリスタiのダンボール

申込完了から一週間ほど、バリスタiが届きました!とは言うものの、想像よりはるかにデカいダンボールが届いたのでビックリ!

ネスカフェアンバサダー定期便

まさか、たかがコーヒーマシン1台に大型空気清浄機並のスペースが必要なのか?と少し心配になりましたが、実際マシンの箱はダンボールの半分以下。最初の定期便のコーヒーが一緒に入れられているので、少し大き目に作られているのでしょう。

バリスタiのサイズ

バリスタiのサイズは、17.8cm×28.9cm×32cm、重さ3.4kg。まぁそれでも1ℓの湯沸しポット等よりかは遥かに大きく、卓上に置いておくのはちょっと無理があるかもしれません…。

作れるコーヒーは4種類 

バリスタiコーヒータンク

このバリスタiの使い方ですが、コーヒータンクに専用のコーヒーを入れ、背面のタンクに水を入れたら準備完了!初回起動時には1度だけすすぎ操作が必要ですが、2回目からはコンセントを差して電源を入れれば準備が整います。

nescafe-ambassador (24)

このマシンで作れるコーヒーは、ブラック・エスプレッソ・カフェラテ・カプチーノの4種類。電源を入れた後、対応するコーヒーのマークをタップすると、コーヒーが抽出されます。

バリスタiアプリ

nescafe-ambassadorのレシピ

コーヒーは4種類ですが、専用のアプリをダウンロードしてBluetoothで接続すると、レシピの細かい設定が可能。コーヒーと水の量、そしてカフェラテとカプチーノは泡立ちの強さも調整できます。

カフェラテとカプチーノは、初期設定のままだとコーヒーが薄く感じるので、コーヒーを増やすか水の量を減らすと良い感じになります!

nescafe-ambassadorカフェラテとカプチーノ

尚、カフェラテとカプチーノは、コーヒーを抽出する前に予めカップにクリープ等を入れておく必要があります。

空港ラウンジのコーヒーサーバーだと全て自動でやってくれますが、この辺りは家庭用という感じがしますね。

インスタントよりはだいぶ美味しい!

バリスタiコーヒー抽出

では、実際にコーヒーを淹れてみましょう!任意のマークをタップすると「ブォ~」という大きな音と共にコーヒーの抽出が始まります。振動もスゴイので、深夜の集合住宅などではちょっと止めておいた方が良いかもしれません…。

nescafe-ambassador/ブラックコーヒー

先ずはスタンダードな「ブラック」を淹れてみましたが、サーバーコーヒー独特の茶色い泡が形成されていますね。

飲んでみると、味はまずまず。甘みと酸味がきちんと引き立って、コーヒー全体の風味として感じられます。これはインスタントのドリップコーヒーでは決して味わえないもの。

nescafe-ambassador/カフェインレス

因みに、今回はお為しとしてコチラのカフェインレスコーヒーをチョイスしました!カフェインレスの割には人工的な味はせず、香り立ちも良いのかなと。

カプチーノ/バリスタi

カフェラテ/バリスタi

その他、カプチーノとカフェラテも作ってみましたが、個人的にはブラックで飲むよりもこちらの方がコーヒーらしい味がして好きです。アプリのレシピを見ると、この2つの違いはコーヒーと水、泡の量だけですが、カプチーノの方が若干泡立ちが良い(感じがする…)です。

かかった費用は?

nescafe-ambassadorの費用

気になる費用についてですが、今回最初のコーヒー注文までに掛かった費用は1000円ほど。これは、上記のカフェインレスコーヒー(60g/30杯分)と送料の分だけで、バリスタi本体に費用はかかりません。

但し、「ラク楽お届け便」への加入が必須なので、最長3ヶ月に1度はコーヒーを購入する(自動的に届く)必要があるのと、バリスタi本体はレンタル品なので、解約する場合は送料負担で送り返す必要があります。

nescafe-ambassador/ハピタス

今回私はハピタスのポイントが目的なので、ポイントが入ったら即解約するつもり。すると、初回のコーヒー代と本体の送料合わせて、およそ2,200円の費用がかかった計算になります。

ここで辞めたら、たった30杯のコーヒーに2,200円も支払った事になってしまいますが、ハピタスから2万円分ものポイントがもらえるので問題なし!でも逆に言えば、ポイントサイトを経由せずに申し込んだとしたら、相当継続しないと損という事になりますね。

nescafe-ambassadorコーヒーの価格

因みに、今回購入したカフェインレスコーヒーは578円。1杯あたり19円となっているので、インスタントコーヒーの1.5倍くらいの値段でしょうか(何れのコーヒーも、この4月より30円~50円ほど値上がりします…)。

内容量に違いはあれど、インスタントコーヒーでも上級クラスになると1,000円くらいしますから、そういう意味では良心的な価格なのかもしれません。

違約金なし、コスパは良いと思う

Nescaféアンバサダーについて結論を言うと、コーヒーを毎日飲むが、これまでインスタントコーヒーで我慢していた人にとっては、かなりコスパの良いサービスだと思います。すぐに辞めても違約金などは取られませんし、気軽に始められる所も良いですね。

nescafe-ambassadorのマシン

無料でレンタル可能なマシンはバリスタiの他にもあって、より本格的な味のコーヒーが楽しめる「ドルチェグスト」など、お好みに合わせて追加で取り寄せるのもアリかと。私も辞める前に、他のマシンも試そうかな…。でもこうやって、ネスレの戦略にまんまと掛かってしまったり…?

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

モッピー!お金がたまるポイントサイト

何れにせよ、申込の際はポイントサイトの経由をお忘れなく!ハピタスの他にも、モッピーやPointTounなど、タイミングによっては20,000円分以上のポイントが申し込むだけでもらえますから、申込希望の場合は小まめにチェックすると良いと思います。