淡路人形座で〔戎舞〕を鑑賞!公演時間は30分と45分

淡路人形座で戎舞を鑑賞!

淡路島南部、道の駅「福良」の横になにやらモダンなデザインの建物が建っていました。

淡路人形座で戎舞を鑑賞!

「淡路人形座」と書かれたこの建物の中には人形浄瑠璃の劇場があって、1日数回の定期公演が上演されています。日によっては休館日もある様ですが、この日はちょうど都合の良い時間に公演があったので、鑑賞してみる事にしました。

モダンな建物へ入って受付へ

淡路人形座で戎舞を鑑賞!

そう言えば、周辺の道路にもこの看板が幾つか立っていました。普段から日本の伝統芸能に触れる機会なんてそうそう無いですから、これは良い機会です。早速中へ入ってみましょう。

淡路人形座で戎舞を鑑賞!

階段を上って入口を入ると、受付とその横にお土産コーナー。土産物は主にせんべいや人形焼など、人形の絵が描かれたお菓子が売られています。

淡路人形座で戎舞を鑑賞!

この日の鑑賞料金は1,000円。今月(9月)は〔傾城阿波の鳴門〕という45分の演目が通常上演されているのですが、月の内4日間だけは〔戎舞〕という30分の公演に代わり、私が訪れた日はその短い上演時間の日。その分チケット価格も通常価格の1,500円ではなく1,000円で鑑賞する事が出来ました。

淡路人形座で戎舞を鑑賞!

調べた所によると、淡路島にはかつて40もの人形座があったそうですが、時代と共に減少し現在はこの淡路人形座を残すのみとなってしまったそうです。このモダンな造りの人形座は、それらを集約させる意味もあったのだとか。尚、この建物は遠藤秀平という人物の設計によるものだそうです。

意外と広い講堂

淡路人形座で戎舞を鑑賞!

受付を済ませて奥へ進むと客席があります。開演までまだ少し時間があったので、客席のある講堂をちょっと見学してみましょう。

淡路人形座で戎舞を鑑賞!

講堂は横に長く、竹で出来た長椅子が6列くらい並べられています。舞台袖には語り手(太夫)と太鼓があって、公演中の音声はこの2名からのみ発せられます。

淡路人形座で戎舞を鑑賞!

この太夫が台本を置くのに使用する台(見台)は、漆塗りの高価なものらしく、確かに近くで見ると重厚で艶やかなボディが高級感を漂わせていますね。ヤフオクで2万円から出品されているものとは格が違います。

淡路人形座で戎舞を鑑賞!

こちらは人形の動きに合わせて叩かれる太鼓。サイズは小ぶりで、公演ではコロコロとした高い音程が出ていました。あまり強く叩かない為か音量は小さく、大相撲で使われる“相撲太鼓”の様な残響は聴こえてきません。

淡路人形座で戎舞を鑑賞!

会場のキャパシティは意外と大きく、詰めれば150名くらい入りそう。しかも客席の横には階段があって、2階席にも行ける様になっていました。修学旅行などで訪れて鑑賞する学校もあるのかもしれませんね。

客席の後ろには展示品がズラリ!

淡路人形座で戎舞を鑑賞!

客席の後方には、ガラスケースに納められた展示品の数々!

淡路人形座で戎舞を鑑賞!

人形の仕組みから操り方まで、詳しい解説が書かれていました。この福良がある南あわじ市には「淡路人形浄瑠璃資料館」もあるので、興味のある方は併せて訪れてみるのも良いと思います。

淡路人形座で戎舞を鑑賞!

人形の展示もあります。この右下にある女性の顔ですが、公演前の「人形解説」の中ではこれが鬼の顔に変化するパフォーマンスがありました。こうして見ていると、日本人形の顔って本当に不気味ですよね…。別に怒った顔でないのに、無表情な顔から独特の感情が感じられます。

次のページは、公演「戎舞」の観賞レポ!


カテゴリー

その他おススメの記事