UAEドバイの旅行ガイドと一人旅のススメ!治安・気候・空港アクセスなど

このページでは、UAE(アラブ首長国連邦)ドバイに関する旅行記事を項目後とに並べ「観光ガイド」としてまとめています。これまでに訪れた観光スポットやレストランのレポートなど、一人旅に特化した旅行情報を発信。次の旅行にお役立て頂ければ幸いです!

ドバイの概要と治安

ドバイは、UAE(アラブ首長国連邦)の首長国のひとつで、経済・観光の中心地。オイルマネーによって1970年代から急速に発展した、比較的新しい街でもあります。

UAEのドバイにやって来ました!中東へ来るのはカタールに続き2カ国目、今回は冬の季節という事もあって、気候に恵まれて快適な滞在となっています!今回は、ドバイに滞在して感じた治安や物価、気候等についてお伝えしたいと思います。★こちらも合わせて

しばし不安視される事の多い中東地域の治安ですが、ドバイ(UAE国内全般)に限っては極めて良好!夜遅くに街を歩いても悪そうな輩は一切見かけませんし、街の至るところに防犯カメラが設置。ヨーロッパ諸国と比べても安全が保たれていると感じました。

もちろん最低限の防犯意識が必要なのは言うまでもなく、特に移民労働者の多い街なので、SCや電車内でのスリには要注意です。

ドバイの気候、ベストシーズン

ドバイは亜熱帯気候に属する為、年間を通して気温は非常に高いです。特に夏場は連日最高気温40度超え、湿度100%という高温多湿の地獄と化し、街歩き等は事実上不可能となります。

dubai/気候

しかし12月~3月にかけては常時20度前後と過ごし易く、観光に訪れるならこの時期がベスト!私が訪れた2月の後半は最高気温が25~26度、また朝夕の寒暖差が少ないので、薄手のシャツ一枚で快適に過ごす事ができました!元々雨が少ない地域なので傘の出番も無く、街歩きにはピッタリです。

ドバイの通貨と両替・クレジットカード

dubai/通貨

ドバイの通貨はUAEディルハム(AED)、補助通貨はフィルス(100Fils=1DH)。為替レートは、1DHあたりおよそ30円前後で推移しています。

現金は紙幣とコインがあって、紙幣は5DH~1000DHまで8種類、コインは1DHの他50Filsと25Filsの3種類が流通していますが、スーパー等で買い物をしない限り1DH未満のコインを手にする事は無いと思います。

エミレーツ航空でドバイ国際空港へ到着後、先ずはUAEの通貨「ディルハム」を手に入れる為に両替をします。レートの悪い日本の空港では両替せず、現地通貨を一切持たない状態でドバイに向かいましたが、ドバイ空港のバゲッジクレームや到着ロビーにATMや

ドバイはクレジットカード社会ですが、スークやローカル店、駅の券売機などを含めてまだまだ現金の必要性は高く、少し多目に両替しておくのが安心!詳しくは上記の記事をご覧下さい。

英語の通用度

人口の8割以上が外国人という超移民大国ドバイにおいて、英語の通用度は全く問題なし!観光スポットは勿論、駅の窓口やローカル店でも問題なく通じます。

dubaiレストランのメニュー

また観光大国という事もあって、レストランでは写真付きメニューを置いてある所が多く、指差し注文が容易いのが嬉しいところ!英語が苦手な日本人にとっても観光しやすい街と言えるでしょう。

空港アクセス

ドバイへのアクセスは、エミレーツ航空がハブとするドバイ国際空港を利用。市街中心部から程近い所にあるので、タクシーなら主なスポットまで20分程度でアクセス可能です。運賃や所要時間の目安などについては、次の記事を参照。

ドバイ国際空港から市内のホテルまで、今回はタクシーを利用しましたが、通常の国営タクシーに乗ろうとしたら、あろう事かレクサスの高級タクシーに乗せられてしまいました!高級感のある車内に紳士的なドライバーで快適な空港アクセスとなりましたが、果たし

また「ドバイメトロ」を使えば、150円程度で市内までアクセスする事が可能。詳しくは次の項目をご覧下さい。

市内交通(鉄道・バス・トラムなど)

ドバイ市内は交通網が発達していて、「ドバイメトロ」と呼ばれる鉄道を軸にバスやトラム等が走っています。いずれも共通の運賃システムを採用しており、初乗りは3DH~と低廉な運賃で乗る事が可能!

路線図や運賃、乗り方などについては以下の記事をご覧下さい。

ドバイメトロ(鉄道)やバス等の交通機関が発達したUAEのドバイ。今回は、それらの利用に必要なIC乗車券「Nol Card」の使い方や購入場所、運賃について詳しく、また私が使って便利だった路線MAPも合わせてご紹介したいと思います。★こちらも
今回は、UAEドバイを走る都市鉄道「ドバイメトロ」の車内設備や混雑状況など、詳しくレポートしていきたいと思います!尚、ドバイメトロの路線MAPや運賃、チケットの買い方等については、昨日の記事をご覧下さい→ドバイメトロ乗車に必須!Nol Ca
以前お伝えしたドバイメトロに続き、今回はドバイの路面電車「トラム」について車内の様子や詳しい乗り方などレポートしていきたいと思います。マリーナ地区を走るドバイのトラムですが、およそ路面電車とは思えない立派な駅舎にビックリ!車内もキレイで新し
ドバイで有名なヤシの木の形をした人工島「パームジュメイラ」。ここへのアクセスの一つとして「Palm Monorail」というモノレールが走っています。メトロやトラムと同様、気軽に乗る事が出来ますが、共通CIカード「Nol Card」が使えな

主な観光スポット

ダウンタウン地区

今回は、ドバイモールで訪れた水族館「Dubai Aquarium」のレポート!ギネス世界一に認定された巨大な水槽があ...
UAEドバイにある高さ世界一の超高層ビル「ブルジュカリーファ」。世界屈指の有名観光スポットなだけに、その入場料は超高...
UAEのドバイにある唯一無二のコンサートホールと言えば「ドバイオペラ(Dubai Opera)」。ブルジュカリーファ等の高層ビルが多く建ち並ぶダウンタウンの中心にあって、オペラやミュージカル等の公演が連日行われています。今回はこのドバイオペ
前回に引き続き、UAEにあるドバイオペラ鑑賞レポート!今回は、ホワイエの様子から客席、公演内容まで詳しくお伝えしたいと思います。チケット手配や会場アクセス等については、前回の記事をご覧下さい→ドバイオペラ DUBAI OPERA チケット手
「ドバイファウンテン(Dubai Fountain)」と言えば、UAEドバイのダウンタウンエリアにある人口湖で毎日行われている、光と音の噴水ショー!世界最大級の規模を誇るエンターテイメントとあって、ドバイ観光の目玉の一つとしても知られていま

旧市街

スーク(Souq)とは、主にアラビア地域にある市場を指す言葉ですが、UAEのドバイには古くから栄えてきたとされるスークが幾つかあって、人気の観光スポットになっています。今回は、オールドドバイと呼ばれるドバイ旧市街にあるスークを散策してみまし
ドバイの旧市街(オールドドバイ)には、アブラ(Abra)という渡し舟が運行されています。観光客に人気との事で私も乗ってみましたが、運行本数も多く、小さな舟ながら意外と乗り心地は快適!そんなドバイのアブラについて、乗り方や運賃等も含めてレポー
ドバイのアル・ファヒディ歴史地区を散策中、休憩がてらに立ち寄ったのがコーヒー博物館「Coffee Museum」。ここは世界各国のコーヒーやその歴史に触れられるスポットで、ドバイでは密かに注目を集めているスポットなんだとか。ミュージアムの中
ドバイに来たら絶対に買いたい!と思っていたのが「魔法のランプ」。アラジンでもお馴染み、子供の頃から憧れていたアラビア...

その他の地区

新たなスポットが次々にオープンするUAEのドバイですが、2018年に出来たのが「ドバイフレーム」。これは黄金の写真フレームの形をした巨大な建造物で、最上階が展望台になっています。パリの新凱旋門の様なちょっと不思議な建物、その展望台からはどん
ドバイのパームジュメイラへ足を運んだ際に訪れたのが、Lost Chambers Aquariumという名の水族館。こ...

ショッピング

ドバイモール

デーツ

デーツ(Dates)と言えば、ナツメヤシのドライフルーツ。UAEのドバイでは「Bateel」という高級ブランドのデーツが有名ですが、今回はもう少し庶民的なデーツを試してみる事にしました!向かったのは、デーツが格安で買えるという口コミ情報を得
デーツ(Dates)と言えば、中東地域で盛んに食べられているナツメヤシのドライフルーツ。ドバイのスーパーへ行ったところ、沢山の種類のデーツが計り売りで販売されていたので、試しに全ての種類を買って試食してみました!Battelの様な高級デーツ

ラクダのミルクなど

ドバイメトロの駅構内にあるキオスクでたまたま見つけたのが、Al Ain Farmsというメーカーのフルーツジュース。特に宛ても無く買ってみましたが、これがとっても美味しくてビックリ!スーパーでも買えて、価格も超お手頃!ドバイでおススメのフル
前回の記事でご紹介したラクダ肉バーガーに続き、今度はラクダのミルクに挑戦してみたいと思います!UAEドバイの...

レストラン・カフェ

レストラン(中東・アジア料理)

ドバイモールでランチをしようと訪れたのが、「OPERATION:FALAFEL」という名の中東料理店。カジュアルな店...
私がドバイへ来て最初のディナーに訪れたのが、レバノン料理店AL SAFADI。日本ではなかなか馴染みの無いレバノン料理ですが、ここは本格派ながらも味付けが良く、なかなか美味しく頂けました!写真付きメニューで選び易いのもGood!そんなレスト
ドバイのオールドスークの近くに、超コスパの良いレストランを発見!写真付メニューで選び易く、味も良好で値段は破格の安さ...
今回は、ドバイモールにあるレストラン「Switch」でラクダ肉バーガーに挑戦!中東地域で幅広く食べられているラクダ肉は、牛肉に比べて低コレステロール且つ高たんぱくな肉として知られて、健康に良いとされているそうです。日本ではなかなか食べる機会
世界の様々な料理が味わえるUAEのドバイですが、今回訪れたのはウズベキスタン料理店「UZB AVENUE」。ウズベキスタンなんて日本人にはなかなか馴染みの無い国ですが、行ってみると意外に馴染みのあるメニューが多く、日本の料理にも精通するもの

カフェ

連日お伝えしているUAEのドバイモールですが、ちょっと休憩しようと思って入ったのがCafé Bateel。ここはデー...
これまで中東料理ばかり食べてきたドバイでの食事ですが、今回はちょっと気分を変えて西洋風のオシャレなカフェでランチをしてみました!訪れたのは、ドバイのオフィス街にあるTHE SUM OF USというカフェ。落ち着いたデザインで居心地の良い内装

アブダビ日帰り観光

2017年11月にオープンしたUAEのアブダビにあるルーブル美術館「Louvre Abudhabi」。フランス・パリのルーブル美術館の協力を得ながらも、独自のコンセプトによって造られた斬新なデザインや展示物が話題を呼んでいるそうです。今回私
ルーブル・アブダビを後にして、次に向かったのはシェイクザイードモスク。ここもアブダビを代表する観光スポットの一つですが、行ってみると何とも壮大な外観と美しい礼拝堂!特に夜のライトアップは美しく、見応えは抜群!にも関わらず、なんと入場料は無料

筆者おススメのホテル

今回ドバイでは「Rose Park Hotel Al Barsha」という4つ星ホテルに宿泊しましたが、ドバイメトロ...

その他の国の旅行ガイドを見る