イルクーツク(ロシア)の旅行ガイドと一人旅のすすめ!市内交通、観光スポットなど

このページでは、ロシア・イルクーツクに関する旅行記事を項目ごとに並べ、“観光ガイド”としてまとめています。これまでに訪れた観光スポットやレストランのレポートなど、次の旅行にお役立て頂ければ幸いです!

イルクーツクの概要、治安

ロシア・シベリア中部の都市イルクーツク。巷ではあまり有名な街ではありませんが、第二次世界大戦後は日本人の抑留地ともなっていたそうで、そういう意味では日本とも繋がりの深い街です。バイカル湖が近いという立地もあって、湖観光ツアーの拠点ともなっています。

irkutsk街並み

およそ3km四方の広さがあるイルクーツクの街ですが、見所は限られているので、主なスポットだけなら1泊2日で十分周れてしまう程。治安も良く親切な人も多いので、安心して街歩きが楽しめるのもメリットの一つです!

ただ、巷で言う“シベリアのパリ”と言われる程の美しい街並みかと言うと、そこまでの煌びやかさは無いかもしれません…。

市内交通(バス・トラム)と空港アクセス

小じんまりとしたイルクーツクの街ですが、見所が点在しているので移動には公共交通機関の利用がおススメ!イルクーツクの市街交通にはバス(マイクロバス-トロリーバス)とトラムがあって、乗り方はハバロフスク等と一緒。詳しくは以下の記事をご覧下さい。

ロシア・シベリア中部の都市「イルクーツク」。市街地にはトラムやバスの交通網が発達していて、観光客の重要な足になっています。1乗車わずか25円から利用できるので、使いこなせればコスパは抜群!今回は、そんなイルクーツクの市内交通について詳しくレ

一方、イルクーツクへの玄関口となるイルクーツク国際空港は、市街から東へおよそ4~5kmの所にあって、4番のトロリーバスを初めミニバスが複数路線乗りいれているので便利です。

私はタクシーを利用しましたが、市内のホテルからおよそ20分(400RUB)。空港アクセスやターミナルの様子については以下の記事をご覧下さい。

主な観光スポット

今回は、イルクーツクの観光スポットとして有名な「130地区(130 Kvartal)」を歩いてみたいと思います。ここは2011年頃に再開発で生まれたスポットなのですが、元々あったシベリアの伝統的な建物が再現されていて、見応えのある街並みが観
イルクーツク市街地から少し離れた所に、いかにもロシアらしい外観の教会「カザン教会(Казанская церковь-カザンスカヤ・ツェルカフィ)」があります。行ってみると、外観の美しさも然る事ながら、内部も煌びやかな装飾で豪華な造り!質素
あまり目立った観光スポットが無いロシア・イルクーツクの街ですが、Google Mapで地図を見ていたら「ドラマ劇場」という名のオペラ座を発見しました!どうせ田舎の町にある劇場なんて…と思いきや、行ってみると金の装飾やシャンデリアのある美しい

レストラン(英語メニューあり)

ホテル宿泊レポート

シベリア鉄道の旅

世界最長9289kmを走破するロシアのシベリア鉄道。ウラジオストクからモスクワまで6泊7日かけて走る「ロシア号」をはじめ、様々な列車が運行されていますが、シベリア鉄道の中継地点ともなっているイルクーツク駅にも多くの列車が乗り入れています。

ネットでチケットが買えるので、予約は驚くほど簡単!詳しくは以下の特集ページをご覧下さい。

「ロシア個人旅行」トップページへ

その他の国の旅行ガイドを見る