【ハバロフスク】はこんな所!目抜き通りから教会広場へ

khabarovsk-city

シベリア鉄道で訪れた極東ロシア最大の都市ハバロフスク。先ずはハバロフスクがどんな街なのか、目抜き通りを中心に見ていきたいと思います!


ハバロフスク駅から続くアムールスキー通り

ハバロフスクと言えば、アムール川に沿って発展した極東ロシアにある都市のひとつ。郊外を含めた街全体の大きさはおよそ10km四方にもなりますが、観光客の訪れる都市部は、ハバロフスク駅から南西方向のおよそ3km界隈に集中しています。

ハバロフスク駅前バス停

今回の観光は、駅前の広場からスタート!ハバロフスク駅前から繁華街まではおよそ2km、歩いて行くにはちょっと距離があるので、バスかトラムで向かいます。

駅前を横に走るレニングラーツキー通りにはバス停が幾つもあって、市内の様々な方面へ行く事が出来るので便利!

ハバロフスク駅前トラム乗り場

また、レニングラーツキー通りを渡った所にはトラムの終着駅があります。これに乗って繁華街まで行く事も出来ますが、バスに比べて本数が少なく、速度もかなり遅い…。

バスやトラムについては、次の記事で詳しくお伝えしたいと思います。

ハバロフスクの中心「レーニン広場」

ハバロフスク・レーニン広場

市街地エリアのほぼ中央にあるのが、レーニン広場。その名の通り、ロシアの革命家であるウラジミル・レーニン(Vladimir Lenin)を称える広場です。

広大な敷地に噴水もあって、市民の憩いの場としてある様ですが、観光客は全くおらず、かなり閑散としていました。

ハバロフスク/レーニン像

広場の北側にはレーニンの銅像。1925年に設置されたそうですが、これが建つ前は広場の名称も今とは違っていた様です。

ハバロフスクの目抜き通り

khabarovsk-city/目抜き通り

そして、レーニン広場から南西方面へ続くのが、ハバロフスクの目抜き通りとなっているMurav’yeva-Amurskogo(ムラヴィヨフ・アムールスキー)。片側2車線の幹線道路で交通量も多く、バス路線も多く走っている所です。

khabarovsk-city/西洋建築

西洋建築の建物も多く、ここへ来て初めて「ヨーロッパへ来たなぁ」と感じるほど!ウラジオストクと比べても、かなり都会的な感じがしますね。

khabarovsk-city/ショップやレストラン

ショップやレストランもこの通りに集中しているので、滞在中はこの通りを何度も往復していました。広い歩道が整備されているので、歩き易いのも嬉しいところ!

ウスペンスキー教会と広場

khabarovsk-city/ウスペンスキー教会

Murav’yeva-Amurskogoを突き進んでアムール川の近くまで来ると、右手に見えてくるのが「ウスペンスキー教会」。青色をしたピカピカの屋根が特徴の、いかにもロシアっぽい外観の教会です。

中は撮影禁止ですが、観光客でも中へ入る事が出来ます。

khabarovsk-city/教会前広場

ウスペンスキー教会の前は“教会広場”になっていて、ここには大きな記念碑が一つ。これは1918年~1922年に起こったロシア内戦における英雄を称えるもので、1960年に建てられたものだそう。

khabarovsk-city/アムール川を望む展望スポット

広場の先へ行くと、この様なちょっとした展望スポットがあって、ここからアムール川が一望できます。夕方に来ると川に沈む夕日が見られて、なかなか雰囲気の良い所でした!

アムール川の河川敷へ

khabarovsk-city/アムール川への階段

この展望スポットの横には階段があって、アムール川の方へ降りて行く事が出来ます。ウスペンスキー教会から真っ直ぐに延びる階段で、下から見るとなかなか雰囲気良いですね!

khabarovsk-city/アムール川沿いの遊歩道

階段の下は、川沿いにきれいな歩道が整備されていて、道の真ん中はサイクリングロードになっています。道が凄く新しいので、まだ出来て間も無い道なのかもしれません。

khabarovsk-city/アムール川の砂浜

河川敷へ降りてみると、そこにあるのは何と砂浜!沢山の水着ギャル達が寝そべって日焼けしていて、まるで海の様な光景です。

khabarovsk-city/アムール川は遊泳禁止

しかしここは遊泳禁止。波打ち際で遊んでいる人は見かけましたが、この川の水はあまりキレイでは無いので、敢えて泳ごうとする人は居ないと思います。

まぁそれでも海が無いハバロフスクの街にとっては、とても貴重な水資源という事になるでしょう。

のんびり過ごせる街

と言う訳で、ハバロフスクの街を目抜き通りを中心にザックリと見てきましたが、サンクトペテルブルクに居る様な変な輩も居ないですし、モスクワの様にピリピリとした緊張感も無し。とてものんびりと過ごせる街だと思いました!

khabarovsk-city/観光客

また、ウラジオストクにあれだけ溢れ返っていた韓国人も、この街には皆無。日本人はたまに見かけますが、アジア系の人はまばらです。観光客自体あまり来ない街なのかもしれません。

その他、ハバロフスクに関する記事一覧はコチラ→「ハバロフスク