JMBダイヤモンドを実質22万円で獲得!その全容と修行のポイント

jmb-diamond (7)

連日飛びまくった東京⇔沖縄のJAL修行、1月が終わって漸く一段落つきました!今回は、私が実施している修行の内容について、獲得Flyonポイントや経費など詳しくお伝えしようと思います。

目指すは、JALで最高峰のステータス「JMBダイヤモンド」。今回は複数のキャンペーンの利用によって、驚くほど安くダイヤモンドステータスを獲得する事が出来ます。



キャンペーンを利用

JALお好きな1ヶ月FLYONポイント2倍キャンペーン

今回のJMBダイヤモンド修行を行うに当たって、欠かせないのがこちらのキャンペーンの利用。前年度にFlyonステータスを獲得した者が対象で、任意の1ヶ月間の獲得Flyonポイント(国内線に限る)が2倍になるという大変美味しいキャンペーンです!

JMBダイヤモンドJGCプレミアキャンペーン

また私は前年度JGCプレミアだったので、初回搭乗8000ポイントキャンペーンも適用され、驚くほど少ない搭乗でステータスを獲得する事が出来ます。

最近は個人的にJALよりもANAマイレージに魅力を感じつつありますが、世界中のファーストクラスラウンジが使えるワンワールド・エメラルドステータスの獲得(維持)には、この方法が一番!

実質22万円でダイヤモンド!

それでは先ず、今回のダイヤモンド修行における獲得Flyonポイントの詳細からお伝えしたいと思います。行程としては、Flyon 2倍キャンペーンを利用した定番の東京⇔沖縄の単純往復に加え、1度だけ国際線(ホーチミン)も入れた全26フライトです。

ダイヤモンド修行の詳細

1度で全てのフライトを終わらせてしまうのではなく、Flyon 2倍キャンペーンの搭乗で貯まったマイル(5万マイル)をeJALポイントに換え、その分で次の機会に残りの搭乗をこなす様にしました。

こうする事で全体の経費を抑える事が出来、ダイヤモンド獲得まで30万円を切る事に成功!私が以前JGCプレミアを獲得した時は、国際線中心に乗って60万円ほど掛かりましたから、既にその半額以下という事になります。

JALサービスセレクション

更に、ダイヤモンド獲得によってもらえる「サービスセレクション」のeJALポイント(6万ポイント)に加え、追加で搭乗した分の獲得マイル(1.4万マイル中1万マイル)をeJALポイントに変換(1.5万ポイント)すると、計75,000 eJALポイント(75,000円分)を獲得。

これを修行の経費(295,000円)から差し引くと、実質22万円でダイヤモンド獲得という事になります!

ファーストクラスを利用すると楽になる

JALファーストクラス国内線シート

また、今回の修行のポイントの一つが「ファーストクラス」の活用。単価は15%ほど上がりますが、1回のフライトで獲得できるポイントが格段に増えるので、より少ない日程でこなす事が可能になりますし、何より“楽”に修行出来るのが良い所!

JAL沖縄線

但し、沖縄線のファーストクラスは便数が極端に少なく、時期によっては1日2便程度しか無い上、事前予約できる運賃が割高である事も多いです。

今回私が修行した1月は、往復共に昼間の1便に限って【特割21】が2万円を切る価格になっていたのでそれを狙いましたが、発売日となる2ヶ月前の朝9:30と同時に売り切れるので、9:30の時報と共にPCを操作しないとまず取れないでしょう。

JAL空席待ち

尚、ファーストクラスは当日のUPグレードも方法としてはありますが、人気の高い沖縄線では事前予約だけで埋まってしまうので、ほぼ不可能。

数年前なら当日でも余裕で取れたのですが、今回私がFクラスに乗った7回の中でキャンセル待ち当選者が出たのは、たった1回(1人)のみでしたので、これを前提に修行するのは不可能です。

国際線はホーチミンがおススメ!

JALホーチミン行き

その他、沖縄の単純往復だけではつまらないので国際線も取り入れました。行き先はホーチミン、修行で定番のシンガポールも検討しましたが、値上がりしてコスパが悪い為、今はホーチミンへ行くのがお得です!

JALホーチミンのマイル

国際線はフライオンポイント2倍キャンペーンの対象にならないので単価は上がりますが、沖縄~東京の国内線区間はしっかり2倍の対象になりますし、“沖縄発”で取ると先得や特割と違って100%換算運賃なので羽振りも良いです。

ベトナムは物価も安いので、寧ろシンガポールへ行くより経費が浮いたかもしれません。

ダイヤモンドまであと少し…

FLYONプログラム実績

と言う訳で、ダイヤモンドまであと少し!取り合えず1月末の時点で8万ポイントを超えているので、JGCプレミアの維持は確定!残りの分は秋頃に実施予定ですので、ダイヤモンド獲得の際はまたお伝えしたいと思います。

★こちらも合わせてどうぞ→航空会社別「ファーストクラス・ビジネスクラス」一覧世界の空港ラウンジ 一覧