【モンセラーテ宮殿】シントラの美しい穴場スポット!アクセス・見所など

palacio-de-monserrate (24)

ポルトガル・シントラの観光スポットの一つ「モンセラーテ宮殿(Palácio de Monserrate)」。様々な建築様式がブレンドされたとても美しい宮殿が見られる人気スポットですが、何故か人が少なく「地球の歩き方」にも載っていない穴場スポットです!

そんなモンセラーテ宮殿の見所やアクセス等について、詳しくレポートしていきたいと思います!


アクセスと入場料、MAP

モンセラーテ宮殿の場所はこちら。シントラ駅から3kmほど離れた森の中にありますが、435番のバスを使えば最寄の停留所(Palacio Monserrate)まで7~8分で着きます。

シントラの路線バスについてはコチラ→【シントラ】路線バスMAPと乗り場、乗り方など詳しく!(ポルトガル)

palacio-de-monserrate/エントランス

バス停の目の前にエントランスがあるので超便利!入ってすぐ目の前にチケットオフィスがあるので、そこでチケットを購入します。

palacio-de-monserrate/チケット

入場料は€8。ペーナ宮殿やレガレイラ宮殿の様なペラペラな感熱紙と違って、ここはしっかりした紙のチケット!尚、チケットはオンラインでも購入可能で、その場合は若干割引になります。

Mapa_Monserrate

尚、モンセラーテ宮殿は広大な園庭の中にあるのでMAP必携ですが、何故かチケットオフィスでは貰えず…。しかし公式サイトのページからPDFがダウンロード出来るので、予めスマホに入れておくと便利です!

広大な園庭を歩いて本殿へ

palacio-de-monserrate/園庭の歩道

さて、モンセラーテ宮殿の本殿は広大な園庭の奥にあるので、先ずはそこへ向かって自然に囲まれた遊歩道を歩いて行きます。本殿までは下り坂が続いていますが、バリヤフリーに対応しているので安心!

palacio-de-monserrate/園庭のバス

palacio-de-monserrate/バス停

またバスも走っているので、足腰が弱い方はこちらを利用するのも手。エントランスと本殿との往復の他、園庭の西側の方へ行く事も出来ます。

palacio-de-monserrate/ショップの建物

palacio-de-monserrate/カフェ

本殿まで行く途中にはショップやカフェの入った建物があって、トイレもこの中にあります。宮殿の中にはトイレが無いので、ここで済ませておくのが吉。

palacio-de-monserrate/広大な園庭

palacio-de-monserrate/樹木

palacio-de-monserrate/花

広大な園庭は数百メートル四方の広さに達し、沿道を歩いていると時折雄大な景観が望める所もあります。ここには世界中から集めた様々な種類の植物が植えられているそうで、見た事も無い珍しい花の姿も!

palacio-de-monserrate/芝生

本殿の横には見晴らしの良い芝生もあって、雰囲気もGood!この緑の絨毯に寝そべって寛ぐカップルの姿もありました。

多様な建築様式の外観

palacio-de-monserrate/宮殿の建物

エントランスからゆっくり歩いて7~8分、薄だいだい色の本殿が見えてきました!曲線と直線を組み合わせた特徴的なフォルム、とても洗練された美しい外観です!

palacio-de-monserrate/建物

この建物は元々16世紀に建てられた宮殿を、19世紀になってSir Francis Cookというイギリス出身の商人が改装。夏季を過ごす為の別邸として、使われていたのだそう。

palacio-de-monserrate/曲線の外壁

palacio-de-monserrate/ムーア建築

ムーア様式を基本としながらも、ネオゴシックやインドなど様々な建築様式を融合したデザインになっているというこの宮殿。2000年代に入ってから改修されたそうで、外壁の間新しさが際立っていますね。

ムーア様式の美しい内装!ドーム屋根も

palacio-de-monserrate (25)

建物の内部は、中央の通路を軸にしてその両側に幾つかの小部屋を配置。ムーア様式のアーチが連続する美しい廊下が奥まで続いています!

この廊下は人気の撮影スポットになっている為か、なかなか人が捌けないので写真を撮るのに苦労しました…。

palacio-de-monserrate/天井の梁

palacio-de-monserrate/柱

天井には、遠近感やプリズム効果を狙ったアーチ状の梁と、オークの葉をモチーフにした模様が無数に配置。他にもこの宮殿には植物をモチーフにした装飾が沢山使われているそうです。

palacio-de-monserrate/廊下のドーム屋根

palacio-de-monserrate/噴水

廊下の中央にはアラバスター(鉱物の一つ)で造られたルネサンス様式の噴水があり、上を見上げると赤紫色の天井が美しいドーム屋根!葉をモチーフにした無数の細かな彫刻装飾が見事ですよね。

palacio-de-monserrate/音楽室の屋根

palacio-de-monserrate/音楽室

廊下の一番奥へ行くと、スタインウェイ製のピアノが置かれた音楽室があります。天井には真っ白な装飾に金の淵を張り巡らせた美しいドーム型の天井があって、これはネオゴシック様式とインドの様式を融合したデザインなんだとか。

この音楽室では今も演奏会が行われる事があるそうですが、どんな音が聴けるのかとても気になる所!

2階には創設者の居住スペース

palacio-de-monserrate/2階への階段

尚、この宮殿は2階層になっていて、階段で上階へ上がる事が出来ます。

palacio-de-monserrate/展示

palacio-de-monserrate/部屋

上階は、ここの創始者であるSir Francis Cook氏の居住スペースにもなっていた所で、同氏に纏わる品物や写真が展示。ポルトガル語の他、英語での表記もあります。

palacio-de-monserrate/廊下を見下ろす

中央には、先ほど下から見上げた噴水のある広間が見下ろせるスペースも。こうして見ると、建物のシンメトリックな美しさが良く分かりますね!

人が少ない穴場スポット!

palacio-de-monserrate/営業時間

と言う訳で、なかなか美しい景観が見られたモンセラーテ宮殿の建物!これほど見応えのあるスポットなのに、人が常にまばらなのが不思議なくらい…!

シントラ駅からバスを使えばアクセスも楽ですし、ここは本当にお勧めのスポット!機会のある方は是非足を運んでみて下さい!

Palácio de Monserrateの営業時間

  • 夏季:9:30~20:00(19:00最終入場)
  • 冬季:10:00~18:00(17:00最終入場)