白亜の天守閣「姫路城」を見に行く。2015年度は過去最高の入城者数を記録!

0e0fdae6-s

昨年、平成の大改修を経て“白すぎるお城”として話題になった「姫路城」へ、大阪滞在の間に見に行って来ました。大阪方面から姫路まで行くとなると、新幹線で3駅というとてつもない距離がありますが、山陽本線の「新快速」電車ですと一時間ちょっとで着くので、気軽に行けてしまいますね。

真っ白な天守閣を臨む

姫路城 平成の大改修 (3)

姫路駅を出てお城までのアプローチを歩いている所から、早くも遠くに望む白亜の姫路城が見えてきました。白い城壁が太陽に照らされて光り輝いているので、遠くからでも良く分かります。

姫路城 平成の大改修 (5)

今回の改修で漆喰に塗られた防カビ剤の効果は5年くらいしか持たないそうですから、白い内に見ておく価値はあるかもしれません。

園内には遅咲きの桜

姫路城 平成の大改修 (7)

園内には、4月のこの時期になって今だ花を咲かせている桜がありました。

姫路城 平成の大改修 (8)

桜の事についてはあまり詳しくないですが、調べたところによると、これは「関山」という品種で、八重桜の一種なんだそう。4cmを超える花びらと濃い紅色が特徴で、4月中旬以降に見ごろを迎える遅咲きの桜なんだとか。

姫路城 平成の大改修 (9)

それでも大分葉っぱがついてしまいましたが、それはそれで風情があって綺麗ですね。牡丹の様に大きな房で見ごたえもあります。

石垣を眺めながら散歩

姫路城 平成の大改修 (10)

天守閣方面はすごい混雑だったので、今回は外壁を見るだけに留めました。今しか見られない白亜の外壁と違って、城内はこの先も変わる事は無いですからね。

姫路城 平成の大改修 (11)

この緩やかな孤を描いて積み上がる石垣を見るだけでも価値があります。足元にはレンガ状に根付いた印象的な芝生が広がっていました。

姫路城 平成の大改修 (13)

姫路市によると、この姫路城の入城者数が昨年(2015年度)過去最高を更新し、286万人に達した様です。私の様に、天守閣に入らずに城の周りだけ散策した人間を加えると、その数は更に増える事でしょうね。

姫路城 平成の大改修 (14)

ただ、美しくなった天守閣とは裏腹に、お堀の水は緑色…、この水は近くを流れる「船場川」から引いているそうですが、それにしてももう少し水質浄化に力を注いで欲しいものです。外来種の水草なども汚水の原因になっている様ですが、何とかならないものでしょうか?

姫路城 平成の大改修 (15)

でも東京にある皇居のお堀ですら、20年に渡る浄化活動も虚しく未だに緑色ですから、なかなか一筋縄にはいかないのでしょうね。以前、水質浄化には納豆菌(枯草菌?)が有効だとされる話も出ていましたが、具体的な成功例を聞く訳でもなく信憑性はナゾです。

姫路城 平成の大改修 (1)

やはり“お洒落は足元から”なんて言いますから、透き通る様なお堀の水面に白亜の城が映っている姿をいつか見てみたいものです。まぁそれでも先ずはこの美しく生まれ変わった天守閣を見る事が出来て良かったです。この白さを保っている内に、近くへお越しの際は是非とも訪れてみて頂ければと思います。


カテゴリー

その他おススメの記事