おススメの外貨両替テクニック!海外旅行の数ヶ月前から準備する方法とは?

c620cc30-s

皆さんは海外旅行へ行く際、外貨現金をどの程度持って行かれますか?最近は先進国を中心にどこの国へ行ってもクレジットカードが主体ですから、現金は一部のみという方も多いと思います。

私も基本的にはクレジットカード主体なのですが、最近は外貨の価格の変動が激しく、旅行へ行く時になって急騰するのは嫌なので、少し安くなったなと思った所で少しずつ両替をしてきました。今回は、その結果と考察を元に、少しでもお得な外貨両替への一考としてお伝え出来れば良いなと思っています。

チャートを見て安くなった時には買い足し

私が必要としてきたのは「英ポンド」です。ポンドはアベノミクス政策によって昨年の夏に£1≒¥195をつけるなど高騰していましたが、秋以降になると下落トレンド入って、今日は160円くらいで推移しています。

ポン円日足

こちらはポンド/円の日足チャートですが、それまで180円台で推移していたものが昨年の12月から下落トレンドに入り、4月上旬には一時151円台を付けました。私はこの間、○印をつけた“下ヒゲ”と呼ばれる足型が出た次の日に、少しずつポンドを買い足して行きました。

下ヒゲ

この“ヒゲ”というのは、一日の為替取引の中で大幅に安値を更新しながらも、その日の終値(確定値)までに買い戻された状態を示しており、この足型が出ると暫く続いた下降トレンドが一服する事が多く、そしてそれを機に下降トレンドが終焉して上昇に転じる場合もあるのです。「セリング・クライマックス」なんて言い方をする事もありますが、このヒゲの長さが長いほどトレンドの転換点になりうるとされ、絶好の買い場になります。

私はこの○を付けた計3回に、ポンドへの両替を少しずつ行ってきました。

  • 1月26日…167円 →20,000円分
  • 2月12日…162円 →40,000円分
  • 2月25日…157円 →20,000円分

平均すると、162円のレートで80,000円分を両替した事になります。勿論この8万円分を、151円台を付けた4月7日に両替するのが理想だったのは言うまでもありませんが、それが分かれば誰でもお金持ちになっていますよね。

本日のレートが160円前後で推移していますので、両替レートに関しては“損も得もしなかった”という認識ですが、この様な事前両替はそれ以上にメリットになる部分もあると、私は考えています。

これ以上損をする事は無い

両替をすると、その時点で旅行の予算の目安が分かります。もし上記のチャートで○印をした何れかのポイントで相場が反転して上昇に転じていたら、今頃は170円程度あるいはそれ以上に上がっていたかもしれません。

毎年、春先から夏場にかけてはリスクオン相場になり易く、各通貨とも“円売り”の傾向が強いですから、事前に両替をしていなかったら気が気ではなかったと思います。早い段階から「これ以上損をする事は無い!」と思うことが出来るのは、とても心強いです。

両替は予算の半分程度に留める

私が今回8万円も両替したのは、ホテル代が現地支払いだった為であり、現地滞在費だけを考えればそんなに必要はありません。勿論、相場の読みが外れて両替後に大幅下落する場合も考えられますから、そういった場合に少しでも“得”をする余地の残しておく為に、両替は予算の半分程度にしておくのが良いと思います。

また現金は盗難や紛失の恐れもありますから、リスクヘッジの意味でも予算の半分はクレジットカードとするのが良作でしょう。

事前の両替は“保険”

予め外貨両替を行って、その後もし円高に触れた場合には、「損をした!」と思ってしまうかもしれません。しかし、上記の通りそれ以上の損は無いという事、また現地でのクレジットカード決済においては、予算よりも結果的に“安く済む”という事になり、これはとても嬉しい事だと思います。

逆に、両替後に円安に進んでしまった方が予算は増えますし、それを少しでも緩和する為の“保険”をかけるという意味では、とても有効な手段だと思っています。

€

近年は為替相場のボラティリティが高く、ほんの数日で数円、一月もあれば10円を軽く超えるほど円安に振れる場合も多く、あれよという間に旅費が嵩んでしまう恐れがありますから、少しでもお得に海外旅行をしようと思うと、なかなかチャートから目が放せませんね。

今回の様に“安くなった所で少しずつ買い足す”という方法、外貨両替方法としては上級者向けになりますが、外貨急騰へのリスクヘッジに加え、早めの予算目処と安心を得る事が出来たので、私はやっておいて良かったと思っています。

その他、マネーパートナーズを使った外貨両替方法についてもご覧下さい→マネーパートナーズでの外貨両替で感じたメリット・デメリット


カテゴリー

その他おススメの記事