ショパン国際ピアノコンクール2015 チケット残席状況

a97010be-s

長らく販売休止となっていた「ショパン国際ピアノコンクール2015」のチケットが、去る9/1に販売再開されました。

現在のところ、1次予選のみ残席がある状態で、オープニングコンサート、2次、3次、ファイナル、ウィナーズコンサート、の各チケットはSold Outの状態です。特に人気の高いファイナルと1st Winers Concertは、座席の選択画面に行く事すら出来ない状況で、個人のレベルでは成す術無しです。

発売すらされなかった1st Winers Concert

私は昨年の9月頃からチケットの手配を始めましたが、それでも1st Winers Concertだけは未だ手に入れる事が出来ていません。これまでの各発売日に加え、発売最終日となった9/1も、この1st Winers Concertだけは発売が無かったと聞きます。

【ショパン国際ピアノコンクール2015】 鑑賞チケット手配は今から間に合うのか?の記事でもお伝えしましたが、旅行会社各社が主催する「ショパンコンクールツアー」の行程から、この1st Winers Concertを含む日程の商品が中止に追い込まれる等の現象が、相次いで見られました。私がチケット手配を依頼した、信頼のおける手配業者「ムジークライゼン」ですら、この発売時には入手出来なかったと言いますから、いかに入手困難か見て取れます。

DSC_0048

残席は1次予選の10/5~7のみ!残りはキャンセル待ち

やはり実力が上がっていくに従って人気も高く、3次予選やファイナルが入手困難になる事に加え、1次予選が始まる前のオープニングコンサートも高い人気を誇る事から、各ツアー会社はこれらの日程を含む行程の商品を多く発売する為、自然と1次予選の終わり頃が最後まで残る傾向にある様です。しかし9/5現在、タイトルに表記の3日間(10/5~7)においても、各公演とも既にに残り1~10数席の状態で、いよいよ完売が近づいているものと思います。

もしこれから旅行を検討される方は、Chopin Conpetition 2015のHPで先ずは1次予選のチケットを押さえ、その他2次予選等を希望する場合は、各手配業者にキャンセル待ちを依頼する、という形が良いかと思います。手配業者は、私が利用したムジークライゼンがおススメですので、コチラにご相談されてみては如何でしょうか?

1次予選と言えども、世界中から選ばれし逸材が演奏する、エチュード、ノクターン、バラード、スケルツォといったショパン定番の作品が聴けるわけですから、行けるという方は是非訪れて欲しいと思います。


カテゴリー

その他おススメの記事