《2017年》最も多く読まれた記事BEST 5!

best-5

2017年、今年も当ブログをご覧頂きありがとうございました!今年最後の記事として、2017年に当ブログで最も多く読まれた記事をランキング方式で5つご紹介したいと思います。


5位/往復でこんなにも違うJAL機内食

引き続き、JALエコノミークラス(羽田~シンガポール)搭乗記です。満席便にゲンナリしながらも、到着まで残り2時間となった時に出される機内食(朝食)は、ちょっとした心のオアシスですよね。今回シンガポールまでの往復で出された機内食ですが、その質

これは今年の3月、JALエコノミークラスでシンガポールを往復した際に出てきた機内食のレポート。往路のシンガポール行きでは、トロットロの半熟卵が絶品のオムレツが出てきたのに、復路の羽田行きでは食欲を削ぐ程に彩り・香り・ボリュームの乏しい残念な機内食が出てきてました。

往復とも同じJALで、しかも同じ深夜便の朝食にも関わらずこれ程の差があるなんてビックリ!このインパクトが、長い間多くのアクセスを集めているのだと思います。

4位/JGCの永久資格は維持されるか?

JGCのサファイア永久資格は維持されるか?JALへの制限解除で何が起こる?
経営破綻後の会社更生法適用によって、国交省から新規路線の就航を制限されていたJALですが、今年度末にその期限が切れる...

こちらは昨年の2月に書いた、JALグローバルクラブの制度に関する展望と予測の記事。年会費さえ支払えば半永久的にスタータスが維持される現在の上級会員制度ですが、いずれその優遇制度が廃止されてしまうのではないか?そんな不安を持つ人は多い様で、それが長期に渡る好アクセスに繋がっているのだと思います。

JALでは最近、2018年度のマイレージサービスの内容が発表されましたが、国際線特典航空券の「曜日限定割引」が大幅に改悪される等、耳に痛い話ばかり。上級会員向けのアップグレードパッケージも、ここ数年で大幅に改悪されましたし、なんだかJGCの維持もあまり旨味の無いものになってきてしまいましたね…。

3位/Billboard Live東京で良い席の選び方

東京ミッドタウン内にある「ビルボードライブ東京」は、JazzやSoulミュージック等のライブと食事が楽しめるライブレストランで、そのステージには国内外の有名なアーティストも訪れています。昨日の記事でお伝えしたとおり、去る8月4日には2人組ユ

第3位は、東京・六本木「東京ミッドタウン」にあるJazzライブレストラン「ビルボードライブ東京」の座席選びに関する記事。私がこれまでに何度も訪れて見つけた、音の“良い席”と“悪い席”をまとめたものですが、お陰さまで今日でも多くのアクセスを頂いています。

Jazzレストランと言えば、料理やドリンクの値段がメチャクチャ高くて辟易しますが、意外とおススメなのがビール。ヒューガルデンホワイトなど、いずれもジョッキ1杯1,000円くらいしますが、その分サーバーが優れているのかクリーミーな泡でとても美味しいです!

ビルボードライブ東京は、Jazz以外にもPops系のアーティストの出演が多く、ミュージック・フィーはアーティストによて様々ですが、中には6,000円程から聴ける公演もあるので、興味のある方はHPをチェックしてみて頂ければと思います。

2位/JAL国内線Fクラスの一律料金に疑問

わずか“7分間”の機内食サービスに8000円!? JAL国内線ファーストクラスの一律サービスに疑問
ご存知JAL国内線のファーストクラスは、2007年12月にサービスが開始されてから丸8年を迎えました。JALの東京(...

執筆から2年余り、こちらも長期に渡って多くのアクセスを頂いている記事です。今だサービスの変わらないJAL国内線ファーストクラスですが、一方ANAの方はプレミアムクラスの一律料金にメスを入れて、距離別の料金に変わる事が発表されましたよね。

でも羽田→那覇が最大で15,000円!距離別料金には賛成ですが、JALもこの高額な価格に追随しないかどうか、ちょっと心配です…。

1位/JALファーストクラス搭乗記 toロンドン

JALファーストクラス搭乗記!羽田~ロンドン‐その① JAL-Suiteシートとウェルカムドリンク
今回のロンドン&パリ旅行の最大の目玉は、何と言っても特典航空券を利用したJALファーストクラスへの搭乗でした。ここで...

そして栄えある第1位は、ロンドン行きJALファーストクラスの搭乗記!満席便なのに人の気配がしない広い空間と、ファーストの名に恥じない高級シャンパンにワイン。とても満足のいくフライトでしたが、一方でJALのサービスに限界を感じる一面もありました。

尚、先日衝撃のニュースが飛び込んで来て、シャンパーニュサロンが2018年から「ルイ・ロデレール・クリスタル」という銘柄に変更になるとの事。そのお値段、実にサロンの3分の1です!

理由としては、Salon 2006の生産量が少なくてサロン社からの提供が難しくなった、との事ですが、それならば他にもっと高級なシャンパンはあったハズ。これでまた一つ、JALを選ぶ理由が無くなったという人も居るのではないでしょうか?

2018年は…

こうして見てみると、JALに関する記事に大変多くのアクセスを頂いている事が分かります。それだけ私が長年愛用してきたという事でもありますが、その一方で、最近は特にマイレージ制度の改悪やサービスの質の低下が著しく、このままJALを使い続けるべきかどうか、正直悩みどころ…。

来年はANAのマイルを使った欧州周遊も計画しているので、その際にはJALとのサービスの違いなど、色々とレポートして行くつもりです。またオペラ座巡りなど、音楽家ならではのテーマで旅行を提案して行ければと思っています。

来年もどうぞ宜しくお願い致します!